アップルのiPhone純正レザーケースを1年以上使用したら経年変化で良い味出てきて大満足

私は初めてiPhoneを使い始めてからいろんなケースを試してみましたが、最終的に アップルのiPhone純正レザーケース を使用し続けています。

iPhoneケース以外にも、私は革製品を使っていくほどに経年変化(エイジング)して味わいが出てくるのが好きなので、今回もいい味を出してくれるのではと期待しています。

一方で、今まで使用していたiPhoneの純正レザーケースはどれくらいエイジングしたのか、レザーアイテム好きな方なら気になるところではないでしょうか。

そこで経年変化を楽しみたいという通な方に向けて、私が約1年以上レザーケースを使用してみてどうなったのか、新しいレザーケースとの比較を交えて写真多めでご紹介したいと思います。

ぜひ購入する際の参考にしていただきたいと思います。

1年以上使用したiPhone純正レザーケースの経年変化はこんな感じ

下が以前に使用していたiPhone6Plusの純正レザーケース。上が新しく購入したiPhone7Plusの純正レザーケースです。

経年変化で色が明らかに変化していい味を出しています。

細かな傷はどうしてもついてしまいます。そもそも私はそれほどデリケートな扱い方をしていませんから、もう少し丁寧に扱えば防ぐことができた傷もあるのですけどね。

あと、新しいケースはボタンのところがちょっと違って、金属になっています。

以前のものは革に型押ししただけのような作りでしたので、まさしく全体が革で出来ている感がありましたけど、今回のものはそうではありません。

でもそれほど大きな違和感もありませんけどね。

iPhone6Plusの時と大きく違うのはカメラの穴でしょうか。これでは新しいiPhone7Plusには使用できませんよね。

わかっていたのですが、とりあえず試してみました。結果はやはり無理でした。

あとはアップルマークがくっきりしている点でしょうか。iPhone6Plusの時も新品だとくっきりしていたような気もしますので、こちらは使い込んでくれば薄れていくのかもしれません。

こうしてみると、ケースの端の部分の色がより濃くなって黒ずみができていますね。よく触る場所だからでしょう。

細かな傷がたくさんついています。使っていけば自然と目立たなくなるものもありますが、やはり革ですから傷がつきやすいのは仕方がありません。

特によく握る下半分は色が大幅に黒ずんで変わってしまっています。これを汚れととるか味わいととるかはその人次第でしょうね。

古いiPhone純正レザーケースも光の当たり方によってはアップルマークは見えます。私はそれほどこだわりはありませんけどね。

経年変化による色の変化をいい味とみるか汚れとみるかはその人次第

先述した通り、使い込んでいくと手の脂分などが染み込んでいい風合いをみせてくれます。

アメ色に変化するのはこの色の特徴でしょうか。私はこれが好きでレザーケースを使用しています。

ただ、確かに革は汚れや傷がつきやすく落ちにくい性質を持っていますし、アメ色に変化した部分を「汚れ」と受け取る人もいるでしょう。

これはその人の性格にもよると思いますが、使い込むほどに風合いを増していき、その人のオリジナリティが出るという点では世界に1つだけのiPhoneケースになりうる素材ではないかと思います。

iPhone純正レザーケースの手入れは一般的な革製品と同じだけどあえて行う必要もない

たとえば野球のグローブとかレザーのベルト、しばらく使っていない革の財布なんかだと、場合によっては雨に濡れたり汗がしみこんだりします。

油分が失われた状態だと硬くなり、最終的にはひび割れたりすることもあるでしょう。

なので、油分を補うためにもレザー製品には基本的にはオイルを塗ってお手入れしてあげる必要があると思います。

ただし、このiPhone純正レザーケースについては毎日のようになんども手で触れるはずです。

そうすると手から出てくる皮脂がそのオイルの代わりとなってくれますので、あえて専用のオイルを購入して塗り込む必要性はありません。

私も特に手入れはしていませんが、今までにレザーケースがひび割れたなんてことはありませんでした。

逆に塗り込みすぎるとカビが生えたり(財布に塗り込みすぎてカビが生えた経験あり)、不要な汚れを吸着してしまい、衛生的にもよくないと思います。

あとは、ちょっと汚れが付着した場合などはしぼった布などで丁寧に拭き(この時点で少し色がとれる場合があります)、風通しの良い場所で自然乾燥させれば大丈夫かと思います。

ドライヤーなどで急激に乾燥させるのは劣化を早めますのでやめましょうね。

iPhoneも相手も傷つけないレザーケースは私のおすすめです

私がiPhoneにケースを使う理由は、iPhoneを保護する以外にも相手を傷つけないというものがあります。

参考:iPhoneにケースを使わない派だった私がケースを使うようになった3つの理由 | 歳月庵

テーブルに置けばテーブルに傷がつくし、床に落とせば床に傷がつきますよね。

自分の家ならいざ知らず、訪問先の床に大きな傷をつけてしまうのは避けたいところです。

なので私はiPhoneのケースには 自分も相手も傷つけない という点を求めています。

レザーケースであれば硬すぎず柔らかすぎず、自分のiPhoneも相手のテーブルや床も傷つけないという望ましい結果をもたらしてくれます。

また、こちらも先述した通り、レザーケースは他の素材にはないエイジング(経年変化)という楽しみ方があります。

参考:良いものを長く使うドイツ式の生活を取り入れてみることで得られる豊かさとは | 歳月庵

自分色に変化していく様子は非常に楽しく、愛着もわきますよ。

間違いなく世界に一つだけのiPhoneケースとして楽しませてくれるでしょう。

シチュエーションや気分で頻繁にケースを付け替える人もいるので、こちらも性格によるのかもしれませんが、あまり頻繁にケースを変えることがなく、長く使っていきたい人にはお勧めできるケースです。

5,000円以上するような高額なケースですが、そのぶん特に激しく壊れたりしませんので、長く使えるのもいいところですね。

【2020年3月18日の追記】iPhone XS Maxのレザーケースを4ヶ月使用してみた経過

キャッシュレス決済が浸透してきたので、私もコンビニをはじめとしたほとんどのお店で支払いにiPhoneを使用しています。

いちいち財布を取り出す手間が省けて楽ですね。

一時期はiPhoneをカバンに入れて持ち運ぶことも多くなり、あまりエイジングしなくなったような気もしていましたが、キャッシュレス決済の浸透によりポケットが定位置となり、よりエイジングしてきつつあります。

電源ボタン側からみたところですが、今までのケースと比較して画面から盛り上がっている部分が少なくなったように思います。

画面を下向きにして置いても画面が傷つきにくいように、画面の縁は少し盛り上がっていたと思うのですが、その程度が少なくなってよりiPhoneの薄さを際立たせています。

音量調節ボタンなども、金属パーツを使用している点は変化がありません。ここから先は大きな変更はないのかもしれませんね。

私も使用していてそれほど欠点らしい欠点はなくなりました。それほどアップル純正のレザーケースは完成度が高いです。

フィット感も申し分ありません。さすが純正品ですね。

スピーカー部分は塞いでしまわないように大胆に空いています。

それでも角のところがしっかりとカバーされているので全くゆるくありませんし、しっかり守ってくれている印象があります。

むしろきつくて、頻繁につけたり外したりする人はちょっと大変かもしれませんね。

上部は完全に覆われています。

角のあたりが少しエイジングによる色の変化を感じさせます。

やはり手で持つところは4ヶ月程度でもこれくらいは経年変化するようですね。わたし的にはいい味出ていると満足しています。

カメラ部分のぴったりフィットした感じがたまりませんね。寸分の狂いもありませんし、レンズをしっかり守ってくれています。

iPhoneのアップル純正レザーケースに経年変化をおこすコツは、あまり大事にしすぎないこと

カバンに入れて持ち運ぶようなスタイルだと、もしかしたら思ったほど経年変化がおきない可能性もあります。

特にわたしが使用している iPhone XS Max は、画面も大きいし重さもそれなりにありますから、ズボンのポケットに入れるよりカバンに入れて持ち運んでいる人も多いと思います。

でも、経年変化を楽しみたいと思えば、あえて少し雑に扱うくらいがいいかもしれません。

もちろんスマートフォンは精密機器ですから、雑に扱うと言っても限度がありますが、わたしの場合はズボンのポケットを定位置にしたり、少々水がついても気にしなかったりとそんなに神経質には扱っていません。

子どものヨダレがついても気にしません(おいおい)(まぁiPhoneそのものは防水仕様だしまぁいいか)。

経年変化というのは自分がiPhoneと向き合ってきた記録・痕跡です。

確かに価格も5,000円以上しますから、大切に扱いたい気持ちも痛いほどわかりますが、ほんのちょっとの傷がついてもガッカリしてしまうようでは、ケースの役割を考えると本末転倒ですね。

世界に一つのiPhoneケースになるように、あまり神経質になりすぎずに気楽に付き合うくらいがちょうどいいのかもしれませんね。

参考・関連記事:アップルのiPhone7Plus用純正レザーケースはiPhone6Plus用とどれくらい違いがあるのか比較してみた

【スポンサーリンク】


Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA