痩せすぎの私がマッチョになるためにはトレーニングと食事量のバランスが超絶大事だと感じた理由とは

      2015/10/15

Pocket

a0001_010466_m.jpg

前回は2015/6/23にお届けしました、筋トレ生活における私の身体のスペックですが、1ヶ月程度経過しましたのでどのように変化したのかを書き記しておきます。

一言で言えば、私が取り組むべきは「ハードな筋トレ」ではなくて「食事量の増加による体重増量」ということになります。前回までの記事はこちらです。

健康な身体を保つために筋トレ生活を再開したので現在の私のスペックを晒してみる | 歳月庵

痩せ型の体型の私が筋肉をつけるために行っている「暴飲暴食」はアリ? | 歳月庵

 

 

測定にあたっての条件は

計測にはTANITA 体組成計 インナースキャンVoice ホワイト BC-202-WHを用いました。

測定するタイミングは、夕食を摂取した後で入浴する前というふうに統一しています。本来なら朝起きてトイレを済ませた後がいいみたいですが、朝はバタバタしているので1分1秒でも惜しいのです。とりあえず測定する条件をコロコロ変更しなければ大丈夫かなと思います。

入浴する前なので、全裸で測定することを原則としています。機種によっては着衣のまま測定してから衣服の重量を引くタイプもありますが、より精度を高めるためにあえて全裸を貫きます。

測定結果(前回比)

以下に結果をお示しいます。( )の中は前回と比べての増減を示しています。ちなみに身長や年齢など、コロコロ変わるものではないのでここでは割愛します。

  • 体重:63.6kg(+2.7kg)
  • BMI:19.3(+0.8)
  • 体脂肪率:9.9%(1.8%)
  • 筋肉量:54.3kg(+1.2kg)
  • 推定骨量:3.0kg(+0.1kg)
  • 内臓脂肪:1.0レベル(±0)
  • 基礎代謝量:1589kcal/日(+42kcal)
  • 体内年齢:19歳(+1歳)
  • 体水分率61.1%(ー1.5%)

体重が増加したことで、BMIや体脂肪率などが自動的に上昇しています。また、筋肉量が増加したことで基礎代謝良も増加しています。体脂肪率は2桁に突入した時期もありましたが、現在はギリギリ1桁となっています。

今回の数値変動について考察する

まず、体重増加については福岡出張の際の暴飲暴食が原因でしょう。わざとトライしてみました。記事にも書いています。

痩せ型の体型の私が筋肉をつけるために行っている「暴飲暴食」はアリ? | 歳月庵

 

思いっきり炭水化物を摂取しまくったおかげで、極度に太りにくい体質の私でさえ体重や体脂肪は増加しました。ピークでは64.0kgをゆうに超えていたのですが、最近は仕事が忙しくなってきたため夕食は簡単なもので済ませておりますので少し痩せてきています。

筋トレはといいますと、過度なトレーニングは消費カロリーの面からも控えており、維持する程度の自重トレーニングを実施しています。それでも筋肉量が増えており、基礎代謝も増加しています。

数値以外の効果の実感としては、普通に廊下を歩いていても筋肉の存在を感じるようになってきました。計測していませんが、おそらく胸囲などのボリュームがアップしているのに衣服のサイズが変化していないことによるものではないかと思います。

左右の大胸筋の間の谷間もより明確に分かるようになりましたし、筋肉を収縮させたときの収縮感覚も明確になりました。心なしか普段の生活における疲労度も軽減したように思います。体脂肪が低すぎるとエネルギー源が少ないため筋肉をエネルギー源として分解して活用するようになりますが、今の蓄えている体脂肪で補えているということなのでしょうか、余裕があります。

また、暴飲暴食の旅をきっかけにして普段の食事量も意識していなくても増加しています。妻が持ってくる「食後のデザート」という名のお菓子やジャンクフードも、普通に食べられます。

やはり痩せ型の体型の人で筋肉がつきにくい理由のひとつとして「摂取カロリー不足」というのは有力な原因であるということが示されました。

今後の展望はとりあえず現在の作戦を継続すること

標準体重くらいまで行けるなら、このまま増やしていきたいです。そして筋トレで絞っていく。この繰り返しでバルクアップを目指します。ただ、暴飲暴食はいきなりやると内臓への負担が強すぎますので、徐々に増やしていくのがいいでしょう。

当ブログで行っていることをそのまま真似しても一切の責任は負えませんのでご注意ください。

あと、何でもかんでも摂取するというのは栄養バランスの面からも好ましくないですね。バランスよく摂取しつつも全体的に量を増加していくのが理想でしょう。私の場合だとお肉とお米があればおkな性格なので、大量に出されるとそればかり食べてしまいがちです。健康のための肉体改造なのに健康を害するのは本末転倒ですね。

以上のことを気をつけて、可能な範囲で継続していきたいと思います。

※測定に用いた器具はこちらです。

次の記事はこちら:

ありすぎて困る「ちから」というのはほとんど存在しない説 | 歳月庵

 - ボディメイキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年に入って誓いを新たに取り組んでいる「ボディメイキング」の進捗状況

毎年恒例のボディメイキングについての記事を今年の1月末に懲りもせずにまた書きまし …

プロテインで蕁麻疹が出た私が、今は問題なくプロテインを使えている。その改善策って?

趣味で行っている筋トレの効果を最大限に発揮しようと、栄養面にも注目していますが、 …

【検証中】痩せている人がマッチョになりたければ、一番力を入れるべきなのはトレーニングじゃなくて食事だ!

以前からコンプレックスだった細身の身体を克服しようと、現在は食事の量を激増させて …

最近話題の股関節ストレッチを4週間続けてみた結果がスゴかった

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」というタイト …

【体験談】筋トレに必要な栄養素ばかりに注目していると健康的な肉体は手に入らないよ

今日、職場の食堂で後輩と食事をしていると、同じメニューのはずなのに明らかに量の配 …

ありすぎて困る「ちから」というのはほとんど存在しない説

スポーツ観戦は基本的に好きです。また、観るだけではなくて実際にスポーツをするのも …

健康な身体を保つために筋トレ生活を再開したので現在の私のスペックを晒してみる

先日はこんな記事を書きました。 トップダウン式に欲しいものの優先順位を考えると行 …

痩せすぎて困っている人がたくましいマッチョ体型になるには、やはりたくさん食べることが大切だと気づく【経過報告】

約1ヶ月ごとの定期報告となっておりますが、マッチョになるためにまずは無理してでも …

筋トレを10年以上継続してわかった大切なことは「効かせること」と「感じること」

キャリアだけは長くなってきた筋トレ生活ですが、ただ盲目的に継続するだけではなくて …

痩せ型の人間がたくましい体になるために食べる量を増やすのは、太っている人が痩せようと食べる量を減らすのと同じくらい辛いと気づく【経過報告】

毎月初めに私が暴飲暴食の結果、身体がどのように大きくなっていったかをお示ししてい …