いよいよ稲刈り始動!極早稲品種のコシヒカリを我が家では今の時期から刈る【百姓日記】

      2015/09/24

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

IMG_7348.JPG

ついにこの時が来ました。稲穂が垂れ下がっているのは、お米が育った証拠です。農協の指導員の話ではもう今すぐにでも刈るべきだということなのですが、兼業農家である我が家はそういうわけにもいきません。なんせ兼業農家ですからね。

かといってあまりのんびりしていると、お米が成長し過ぎて割れてしまうのでそれも一大事です。天気のことや人手が集まるかどうかなど、考えなければならないことはたくさんあります。気持ちは焦りますがこればかりは考えても仕方がない部分でもありますのでもどかしいです。

前回の記事はこちら:コシヒカリの稲がスクスクと育ってきました【百姓日記】 | 歳月庵

農業の全行程の中でも稲刈りは人手が必要

もちろんいずれの行程でも人は多い方がいいのですが、我が家は稲木干し(いなきぼし)という行程が含まれますので、なるべく人数を集めないといけません。刈る人、干すための「稲木」を組み立てる人、実際に稲木に稲を干す人、、、やるなら一気にやらないと、刈り飛ばした稲についているお米が根を張ってしまいます。そうなるともう食べられる状態ではありません。

そして、これらの一連の作業を一気にこなすには、やはり貴重な週末に一気にやる必要があります。少人数ではとても大変です。近所のお宅では少子高齢化の波が押し寄せており、老人ばかりが一人きり、もしくは二人きりでコツコツとやっています。でもこの人たちはゆっくりながらも平日も作業が可能ですから、たとえ一人でもマイペースで作業が進められます。大変なのは変わりありませんが。

IMG_7349.JPG

棚田は機械化の恩恵を受けにくい立地

平地であれば大きな機械が入りますから、比較的短時間で素早く作業ができます。面積あたりの作業時間が短縮できるというのは、兼業農家であればなお効率的で魅力的です。

一方、棚田の場合は大きな機械は入れませんし、結局は手作業の割合が多くなってしまいますので、機械化の恩恵を受けにくいと言えます。それでも多少の機械は使いますけど。

IMG_7347.JPG

それにしても、台風などの自然災害の被害もなくこれだけ豊かな実りが得られただけでも、とりあえず良しとしなければいけませんね。愛媛県は四国山脈(石鎚山など)の影響で台風が接近してきても風による甚大な影響というのはほとんどありません。雨量が多くて被害が出るというのはありますけどね。

他県では大きな災害が生じたというニュースも頻繁に耳に入ってきます。本当に恵まれた土地に生きているなと実感します。

さて何はともあれ、そろそろ農業はクライマックスを迎えます。

次の記事はこちら:稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】 | 歳月庵

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …

本物の新米が食べられるのは農家の特権!スーパーの新米とはレベルが違うよ

ついに新米の季節が到来です。農家の最大の楽しみは丹精込めてつくったお米をいただく …

スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(8日経過)

前回の記事で3日経過した時点での様子を書きましたが、その時点ではほとんど変化はあ …

ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】

昨日も同じ「ミニトマト」の記事を書いたのですが、恐ろしいほどの変化の早さです。色 …

猛暑が続く中、稲穂は順調に育って頭を垂れているぞ【稲作農業2016】

連日、日本列島を猛暑が襲っています。熱中症や脱水に気をつけないといけませんが、農 …

稲刈りが急ピッチで始動!兼業農家は時間との戦いだ!【稲作農業2016】

兼業農家はとにかく時間がありません。 ウィークデーは会社に勤めていますから、農業 …

稲こぎと籾摺りを終えて今年も新米が食べられる時期が来たよ【稲作農業2016】

今年は週末になるたびに雨が降りますから気が焦るばかりでしたが、ようやく農業もクラ …

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …

稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】

毎年、稲刈りはこの時期に行います。今年もほぼ例年通りの予定で稲刈り作業を行いまし …

ミニトマトが色づいてきました。一方で大葉は・・・【ベランダ菜園ログ】

今までもたくさん実はついていましたが、そこから先になかなか進みませんでしたが、今 …