実家の田植えは手伝えなかったけど、しっかり育っていることに一安心【百姓日記】

IMG_5515.JPG

田植えの準備は手伝えましたが、肝心の田植えそのものは 九州への家族旅行 がありましたので手伝えませんでした。

毎年欠かさずに行っていたことなので、なんか非常に申し訳ない気持ちもあるのですが、百姓というのは別に田植えだけが仕事だというわけでもありません。

気持ちを切り替えて次の作業に備えたいと思います。

前回の記事はこちら:田舎の稲作農家とは草刈りの毎日だ【百姓日記】 | 歳月庵

スポンサーリンク

田植えは田舎でも機械化されている

昔ながらの「手植え」で行う地域もあると思いますが、我が家ではある程度のことは「機械化」しています。

街の方になるとシートやハンドルがあって一気に植えることができる大きな田植え機を使用しますが、山の方の棚田になるとそんなに大きな機械は入れませんから、手押しタイプの機械で植えます。

しかしどうしても機械が進入したり方向転換するためのスペースが必要ですし、手で植えるよりもミス(一度植えたものがうまく定着せずすぐに浮き上がってくる)が多くなりますので、最終的には人の手で仕上げます。

その年の苗の品質や水の張り方などで植えやすさは若干異なりますが、特に棚田になると田んぼの形が規則正しくなっておりませんので、こういった人の手での微調整がより必要になります。

IMG_5516.JPG

苗は基本的には2〜3本だけ植えます。写真はちょっと植え過ぎじゃないかと思います。

少ない本数で最初はスタートして、水加減を上手に行うことで増やしていくというテクニックを使います。

ここらへんのテクニックは難しいさじ加減がありますので、私ではできませんので父に任せています。しかし、、、うん、とりあえずはうまくできてるな。

田植え終了からは大規模な作業はほとんどありません

稲刈り(収穫)まではそれほど大掛かりな作業はなく、水の量を調整したり草を刈るくらいです。

水は少なくすると苗が水を求めて地中へと根を張ります。栄養がより吸収しやすくなり、台風などの強風で倒れたりしないようにしっかりと根付きます。

そうなったところで水を満たすと、分蘖(ぶんけつ)して株が太く増えます。そうやって水の量を調整することで稲が成長していきますが、そこらへんの作業は責任者である父が、自分の気が済むように行いますから任せておきましょう。

農協のおじさんが言ってましたが、農家というのは小規模な会社みたいなもので、会社の数だけ社長が存在します。

対応は丁寧に、慎重にやらないといけないから気を遣うとのことでした。大変ですね。

草刈りは梅雨明けに行うこととなります。たっぷりの水を与えられた雑草はニョキニョキと成長しますので頑張って草を刈らないといけませんね。

うまい米を食べるために、引き続き経過観察していきたいと思います。

次の記事はこちら:コシヒカリの稲がスクスクと育ってきました【百姓日記】 | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA