稲刈りが急ピッチで始動!兼業農家は時間との戦いだ!【稲作農業2016】

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

IMG 1911

兼業農家はとにかく時間がありません。

ウィークデーは会社に勤めていますから、農業に当てられる時間は非常に限られています。貴重な休みは身体と心を休めて、、、なんて言って入られませんよ。

例年通り、父からの号令がかかりましたので、私を含めた数人で稲刈り稲木干しの行程を急ピッチで行いました。

トータル4日のうちの2日を手伝う

兼業農家の時間のなさは焦燥感(焦り)をもたらします。

もし週末がどしゃ降りの雨だったりすれば、稲刈りのタイミングを逃してしまいますので、米の品質が落ちたり、最悪刈れないということも予想されます。まぁ、刈れないというのは余程のことがなければありえませんけどね。

IMG 1910

すでに前半の2日は、父が有給を使って一人で終わらせていました。奥の方にある、稲木に干してあるのがそうです。

私がいちばん恐れているのがこの 父の焦る気持ち と、それからくる 無茶な取り組み方 です。

私の親戚にもこの夏、熱中症で病院に搬送された人が数名います。自分だけは大丈夫なんて思っていてはいけません。そういう人ほど熱中症になるのですから。

一度言い出したり思い込んだら融通がきかない父ですから、ある程度は仕方ないのかもしれませんが、そこは周囲の積極的な声かけでフォローしていきたいと思います。

秋の実りが今年も無事に訪れました

IMG 1913

稲穂が頭を下げています。まさに稲刈りのベストタイミングです。

昨日(2016年9月10日)も父と二人で別の場所を刈りましたので、今日はここを稲刈りします。

後継者不足で、このような山奥の田んぼはもう我が家しか米を作っていません。どの家も耕作放棄してしまっています。

IMG 1912

パートナーに先立たれた高齢者が、無理をして米を作るというのはなかなかできることではありません。力を貸してあげたいと思う人もまた高齢者なのですから。

田舎の助け合いも限度がありますね。

さらに、我々のような比較的若い人間も、兼業農家であるということで自由な時間にも限度があります。一つの家に協力すると、他の家の人も「うちもお願いします」と言いたくなるでしょう。

さすがにそれらすべてに応えることができないというのが現状です。自分の家のものすらできないかもしれないのですから。

稲を刈っておけばあとは安心

IMG 1909

こうやって稲木に干してさえおけば、あとは焦って作業することはありません。空いた時間にちょっとずつでもできる作業しか残っていませんので。

ただ、ここから先も父一人に任せてしまうと無茶をしそうなので、積極的な声かけでサポート体制が万全であることをアピールし続けたいと思います。

この後に残っているのは 稲こぎ籾摺り の行程だけです。

今年も美味しい新米が食べられる日はすぐそこまで来ています。

ちなみにスーパーに売っている 新米 というのは、古米をブレンドしてあるそうです。うちの米は100%の新米。生産者が言うのですから間違いありません。

これぞ生産者の特権ですね。

参考:稲作農業を営む農家出身の私がコシヒカリの新米を収穫するまでの一連の流れをまとめてみた【2015年 百姓日記まとめ】 | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

プランターを使ったベランダ菜園でミニトマトを育てています

私はベランダに大きめのプランターを設置してベランダ菜園をしています。 以前はネギ …

父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしま …

ミニトマトが色づいてきました。一方で大葉は・・・【ベランダ菜園ログ】

今までもたくさん実はついていましたが、そこから先になかなか進みませんでしたが、今 …

ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】

昨日も同じ「ミニトマト」の記事を書いたのですが、恐ろしいほどの変化の早さです。色 …

我が家のコシヒカリは「稲木干し」の期間を終えていよいよ「稲こぎ」の行程へ【百姓日記】

お米を美味しくするために我が家では手間を惜しまずに稲木干しの作業を行っています。 …

スーパーで購入した豆苗を家庭で再び育てる方法と知っておきたい注意点3つ

みなさん豆苗って知ってますか? わが家では少しでも肌寒い日があるとすぐにお鍋を囲 …

稲作農業を営む私の実家はゴールデンウィークから本格始動

私が物心ついたときからゴールデンウイークは常に実家で田植えです。 昔は連休明けの …

2016年の稲作農業の途中経過と農業について想うこと

田植えをしてから約2ヶ月が経過しましたが、順調に育っています。植えた苗がちゃんと …

スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(11日経過、最終日)

前回から、日当りの悪さが育成遅延の原因ではないかという仮説に基づいて場所を変更し …

実家の田植えは手伝えなかったけど、しっかり育っていることに一安心【百姓日記】

田植えの準備は手伝えましたが、肝心の田植えそのものは 九州への家族旅行 がありま …