目の前の問題にただジタバタするよりも、まずは全体像とゴールを捉えて道筋をイメージすることが先決

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223 (1)

何気ない平穏な日常を邪魔するのは、いつだって突然引き起こされるトラブルだったりします。これってけっこう定期的に訪れますよね。

それはそれで仕方ないことなのでしょうが、問題なのはそれを目の当たりにした時のリアクションです。これには大きく分けて、2つのパターンがあります。

ひとつは、どうしていいかわからずに、ただあたふたして空回りしてしまうこと。

そしてもうひとつは余裕を持って対応し、時には笑顔も見せるほどの余裕を見せつける場合です。

両者はいったい何が違うのでしょうか。

問題点を掌握し、解決するための道筋とゴールが明確にできるか

先日も、職場で比較的大きな問題が勃発しました。すぐさま上層部は対応を協議し、解決するための道を模索していきます。

そして問題は一般の職員です。上層部がああでもないこうでもないと対応を協議している間、それ以外のスタッフは態度が大きく分かれました。

どうしていいかあたふたするだけの人と、自分なりに解決の道筋をイメージし、それを達成するために少しずつアクションを起こせる人です。

後者の人は、どうすれば解決できるかを上層部に任せるのではなく、自分なりにゴールへの道筋を考えて、行動を起こしているので迷いがありません。

もしかしたら、上層部の決定と食い違っているかもしれませんから、行動は無駄に終わるかもしれませんし、勝手な行動が裏目にでることもありますから、これが正しいとは一概には言えませんが、それでも上層部任せにしてあたふたしているよりはずっといいでしょう。

ゴールの見えないマラソンは最高につらいだけ

試験でもそうですが、試験の日が決まっていて、出題範囲が決まっているからそれらの内容から逆算して合格までのシナリオが描けます。

これが試験まで3年とか途方もない時間と、出題範囲が海よりも広いということであれば、いつかは挫折してしまうでしょう。

どうやって取り組めばいいのか、合格までの道のりが全くわからない状態というのは苦痛以外の何物でもありません。

そうやって出口の見えない迷路に迷い込むと、最終的には不安ばかりが募ってきて余裕がなくなります。自分に余裕がない人は周囲にもその余波がやってきて、最終的には部署の空気が重くなります。

参考:「自分のことで精一杯で他人に優しくできない状況にある人」とのやりとりで意識すべきだった一つのこと | 歳月庵

自分で考えられる人間でありたい

スタッフの態度を見ていると、顔がこわばっていかにも余裕がないというのが見て取れる人と、笑顔すら浮かべて余裕を持ってアクションを起こして対応している人とに見事に分かれていました。

強いて言うなら、完全に上層部に任せて自分のことだけを淡々とこなしている、鈍感力の強い人もいましたけどね。

参考:人見知りを克服するために必要なものは?「鈍感力」を身につけて人見知りを克服しよう | 歳月庵

いずれにしても、自分の行動を自分でコントロールできる人間でありたいと普段から考えている私としては、なんでも上層部に任せるということはありませんでした。

無用な不安に押しつぶされる前に、自分から問題点を掌握し、全体像とゴールを考えて行動できるよう、普段から心がけたいものですね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

季節の変わり目や職場の雰囲気に翻弄されないように自分をもういちど見つめてみる

ここ数日は妻や子供の体調も悪く、職場全体の雰囲気も悪く、その影響か私の気持ちもイ …

驚愕しな!!本気のダイエットがもたらす「くびれ」ってのは、妖艶なんてつまらない言葉では言い表せないんだよォ!!

フーン、アナタ、ダイエットシテルンダァ。 ふむふむ、魅力的なくびれが欲しいわけね …

人前に出ることによる緊張を克服するために私が今までにしてきたこと  #EdgeRankBloggers

私は学童期の頃から人前に出て話をする機会が比較的多い人生を歩んできましたが、もと …

たまにはお互いの両親を突き合わせてみることも大切だと気づく

我が両親と妻の両親はけっこう仲がよくて年に数回は飲みに行く間柄となっています。歳 …

凛とした人間でありたいし、そういった態度で臨む人の精神に気づける人間でありたい

私が普段から意識していることとして 凛とした人間でありたい というのがあります。 …

変化を恐れる人はなにも成長しないということを同窓会に参加して思い知った

今年は大規模な同窓会が多数企画されておち、先週末は中学時代の同窓会が盛大に開かれ …

やりたいことがたくさんあるのに時間が足りないから、やりたいことと1日の過ごし方を可視化してみたら気づくこともあったよ

私にはやりたいことがたくさんあるのですが、残念ながら1日は24時間しかありません …

周囲の評価に一喜一憂せずに「ブレない軸」を持つということ

あなたは誰のために仕事をしていますか? 家族のためですか? それとも自分のため、 …

普通車免許にはATとMTがあるけどその違いを本当に知っていますか?

私の住んでいる愛媛県松山市はとちらかというとかなりの車社会です。 鉄道もあります …

専門家は「専門家」という言葉に甘えてないで専門外のことをたくさん勉強すべきだぞ

専門家っていう言葉について、最近疑問に思っていることがあります。職場の後輩たちが …