イクメンっていうのは子供の世話をすることだけじゃないんだよ

      2016/12/01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

イクメンとは言葉の通り育児をする男性(メンズ)のことを指す言葉ですが、別に育児をしたり育児休暇を申請することだけがイクメンなのではないと思います。

一方で最近周りから「アツシはイクメンだなー」って言われることが増えてきましたが、自分ではそんなことないと思っています。上には上がいますからね。

子供の健やかな成長を願って、それに「参加できることはないかなー」って関わりを持とうとする人はほとんど全員がイクメンですよ。そして、それは直接的に子供のオムツ変えたりミルクあげたりすることだけを指すものではありません。

妻へのサポートで間接的に育児に参加する

おそらく、オムツを替えたりミルクをあげたり寝かしつけたりお風呂に入ったり、、、直接的に育児に関わろうとすることがイクメンなのだと思う人が大多数なんじゃないでしょうか。

もちろんそれができれば一番いいのかもしませんが、中には仕事が多忙を極める人やオムツ替えが苦手な人、何をやっても子供に泣かれてしまい心が折れそうな人など、条件は一定ではありません。

それなら、育児をしている妻や周囲の人たちのアシストをするのはどうでしょう。間接的に妻へのストレスを和らげれば、その良い影響は子供のために使われます。

ウチの場合は、長女を連れて近所の公園やイベントに2人っきりで出かけるということも多いです。産まれたての赤ちゃんを世話しながら、2歳9ヶ月の娘の相手をするのはほぼ不可能レベルですからね。

もし危険なことをしていたり、ワガママ放題していても追いかけることすらできません。なので長女のお守りをすることが間接的に妻の育児を助けることにもなるのです。

また、家事を積極的に手伝うのも良いですね。あくまで やってあげている感 を出さないようにするのが前提ですが、家事の負担が減れば妻のストレスや作業量が減り、その分のよい影響を赤ちゃんに伝えることができます。

よく聞くのが、育児休暇で妻はずっと自宅にいるから、無理のない範囲でゆっくり家事もしてもらおう というもの。無理のない範囲ってどこからどこまでの範囲でしょうね。

夜泣きしてなかなか寝てくれない赤ちゃんと徹夜で戦った妻に、翌日どんなことを頼めば良いんでしょうか。それを考えたら、夫は妻と同等に家事のことや保育園のことを把握して、準備や手順を知り尽くしておく必要があります。

私に対する妻の仕込みが良かった

前回の出産では産道が裂けちゃったこともあり、妻の身体へのダメージが大きく、回復にも時間を要しました。

今回はそんなことはなかったので、比較的すぐに回復できましたが、万が一のことを考えて妻が私にいろんなことを教えてくれました。

逆に考えると、私は妻に教わるまでは娘の下着がどこにあるのかさえ知らなかったのです。今では家のこと、娘のこと、なんでもわかります。まさに妻の狙いどおりの夫になっています。。。

「どっちか」じゃなくて「どっちも」できるのがいいね

役割分担をキチンと決めている家庭もあると思います。わが家もお風呂の掃除はこっちの仕事、料理をするのはあっちの仕事と分けて考えていましたが、今ではどっちがどっちもの仕事をこなせるようにした上で、体調や置かれた状況によって分配されています。

今は妻の状況の方が大変なので、家事の割合は私の方に多めにシフトしていますが、これが妥当だと思っています。まだまだ赤ちゃんに関われることは妻の方が多いですからね。

その分は私ができる範囲でカバーしてあげられれば、家庭がうまく回っていって、自然と笑顔が増えていく。

それがいちばん赤ちゃんのためになるし、自分たちのためになるんだと思います。無理に赤ちゃんに関わることだけが全てじゃないですよね。

というと、なんだか赤ちゃんの世話をしない逃げ口実のようにも受け止められますが、もちろん赤ちゃんのオムツも替えますよ。なにも赤ちゃんの世話を妻に丸投げしなさいというものではありません。

互いに配慮しあって助け合うこと。いつも相手を思いやることが、全部ひっくるめて赤ちゃんのためになり、家族のためになるんだと思います。

子供を持つ夫の皆さんには、直接的にでも間接的にでもいいので、是非ともイクメンを目指していただきたいと思います。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

実家に帰省した時に見つけた「春の訪れ」と「懐かしさという感覚」と「私の夢」

ここ最近は少しバタバタしていて、週末になるたびに予定がたくさん入っていたので、妻 …

3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすご …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

生後すぐの赤ちゃんと接する時でも、おしゃべりをいっぱいしてあげた方がいいと思うよ

無事に病院も退院し、にぎやかな日々を送っております。予想通りに長女も赤ちゃん返り …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

私が実践している赤ちゃんが泣き止む方法と、大前提となる基本的な考え方とは

子供を持つどんな親でも、やはり我が子には笑顔の絶えない子供でいてほしいという想い …

娘のイヤイヤ期がついに到来!赤ちゃん返りと幼稚園のストレスも重なって最高に機嫌が悪い娘とどう接するのか?

娘が保育園で過ごしていた先月までは、いま思うと手のかからない子でした。 長男が産 …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …

節分は1年のなかでも特に縁起がいい日だけど、娘にとっては微妙なわけ

節分と聞いて、どんな印象を持ちますか? 別に特別な印象を持たず、普段の日常となん …

別にお金をかけなくても、生後6ヶ月の赤ちゃんが思わず笑顔になること7つ

私の息子も早いもので、生後6ヶ月を迎えました。ありがたいことに特に大病を患うこと …