私が雨の降る道を散歩するのが好きになった理由

      2017/07/14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

今年は雨が多い夏でした。四国山脈がある影響で台風が来ても風はあまり被害をもたらすことはありませんが、雨は防ぎようがありませんね。

ゲリラ豪雨のようにバケツをひっくり返したような雨は別にして、しとしとと降る雨って、私は結構好きです。

なんとも言えないノスタルジックな気分にさせてくれるからです。今日はそんなお話。

私が雨を好きな理由

ところで皆さんは小学生や中学生の時の通学路を今でも歩くことってありますか?

私の場合は中学生より後になると自転車通学になるので 歩く ということはありません。

小学生の通学路も、大人になると自動車やバイクでサーっと通り過ぎるため、ゆっくりと散歩する機会はほとんどないんじゃないでしょうか。

ある日、地元のお祭りでお神輿を担いで通学路だった道を練り歩き、帰る時に小雨が降りました。他の人が急ぎ足で帰路につくところを、私は妙に懐かしい気持ちになりました。

「そういえば、よく傘をさしてこの道を歩いたな、、、。」

ものすごくノスタルジックな気持ちになり、胸がキュンキュンしちゃったのです。一気に小学生の頃にタイムスリップしたような、なんとも言えない高揚感がそこにはありました。

そこからは昔のあんな思い出やこんな思い出が次々に浮かんできて懐かしむとともに、「たまには、こんな時間があってもいいなぁ」と嬉しくなりました。

何かと忙しく時間が過ぎていく今の時代、こんな素敵な時間が持てるのはすごく幸せなことだと思います。

娘にもこの景色を観て、いつか私と同じように懐かしんでもらいたいものだと思うと同時に、娘なりの懐かしい景色を見つけてほしいとも思いました。

雨を連想させる風景もたくさんある

懐かしい風景というのは人の数だけ存在しますが、私は地元が田舎であるということから、冒頭にあるような自然が豊かなところの雨の風景にノスタルジーを感じますね。

別に新緑が眩しい季節だけでなく、四季を通していろんな思い出が蘇ってくるということから、四季を問わず雨降りが好きです。

キュンキュンするのは何も異性にときめく時だけではありませんよw

もう何十年も前に毎日駆け抜けたあの道を、大人になったいま、傘をさしてブラブラ歩く、、、何ともいえない豊かな時間を、ぜひ体験してみてほしいものです。

でも、雨って晴れや曇りなんかと比較するとどうしてもネガティブなイメージを持たれがちです。天気予報でも 天気が下り坂です とか 天気が崩れる なんていう表現をされちゃうからでしょうか。

私のように雨が好きな人にとっては、別に天気は下ってもいないし崩れてもいないんですけどね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

普通車免許にはATとMTがあるけどその違いを本当に知っていますか?

私の住んでいる愛媛県松山市はとちらかというとかなりの車社会です。 鉄道もあります …

勉強というのは勉強することそのものが目的ではなく、その結果がどうなるのかが大切

私が、前からすごく違和感をを感じていたことに、「勉強する」ということの定義があい …

サーモスの真空断熱タンブラー持ってないの!?飲み物をおいしく飲みたいなら絶対に買うべきだよ!

注いだ飲み物の温度がずっと変わらないと話題のサーモスのタンブラー。 冬でもやはり …

専門家は「専門家」という言葉に甘えてないで専門外のことをたくさん勉強すべきだぞ

専門家っていう言葉について、最近疑問に思っていることがあります。職場の後輩たちが …

自分が信じるものだけを武器に生きていくにはそれ相応の努力をせよ!

ふと、私が専門学生だったときに恩師が話していたことを思い出しました。今思えば、よ …

謙虚さは最高の魅力であり、最高の武器でもある

仕事柄、毎日多くの出会いがありますが、その度に思います。話していて気持ちの良い人 …

そうだ!家族が増えるからミニバン買おう!4人家族になる我が家がトヨタ VOXY(ヴォクシー)を選んだ理由とは

別に子供2人とその両親で4人家族ですから、今までのようにコンパクトカーでも生活は …

しゃっくりを効率よく止めるには息を吸うより吐く方がいいぞ

先日、久々にしゃっくりが出ました。前にしゃっくりが出たのがいつだったのかもう忘れ …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …

目の前の問題にただジタバタするよりも、まずは全体像とゴールを捉えて道筋をイメージすることが先決

何気ない平穏な日常を邪魔するのは、いつだって突然引き起こされるトラブルだったりし …