育児休暇中でも家事や育児を妻だけに任せずに夫も同じくらい分担するのにはこんな理由があるのです

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

わが家では家事と育児をほぼ半分ずつ行なっています。厳密に労力が半分になっているかどうかという問題は別にして、妻に任せっきりということにしない努力をしています。

それは妻が育児休暇中であっても同じです。職場に拘束されている私と、一日を通して家にいられる妻とでは、役割分担に少しだけ変化はあるものの、基本的には同じくらい行います。

具体的には私が家事を主に行い、妻は育児を主に行うというものなのですが、内容は臨機応変に変えています。

私が家事や育児を積極的に行うのにはこんな理由があります。

育児休暇中の妻は非常に多忙

一日を通して家にいる妻。

ふと、家のことは全部つまに丸投げしても差し支えないと思うかもしれませんが、育児休暇中の妻はとても多忙です。

だって、相手が赤ちゃんですからね。自分の自由な時間に自由に家事や育児ができるということにはなりません。

洗濯物を干すところまで行うのに、妻は四苦八苦しています。要領よく行えばできるとか、そういうレベルの話ではありません。

泣きじゃくる子どもの相手をしながら洗濯物を干すというのはかなりの重労働です。身体も心もね。

嘘だと思うなら、夫は一度でもいいので子どもと水入らずで過ごしてみたらいいですよ。

きっとお出かけすることもままならないでしょうから。

夫に子どもを1日預けてみたら苦労がよく理解できるよ

私も長女のときに経験しました。

参考:子育て中のお母さんに告ぐ。たまには夫と子供の二人きりで外出させてみたほうがいいぞ

食事やおむつ替えなど、一通りの用意は妻がしてくれていたとはいえ、なかなか大変です。

頼る人もそばにいない状態でのお出かけは、ちょっとした大冒険です。

妻はこの緊張感を毎日経験しているんだと思うと、心から尊敬しちゃいますよ。

これに加えて家事全般をやってもらおうなんて、いくら日中は職場で働いているとはいっても、ちょっとひどいんじゃないかと思えてきます。

二人でやると早く終わるから自分の時間が持てるよ

妻が育児や家事に奔走している横で、ダラーっと横になってテレビを見ているとか、自分の趣味のことばかりしている光景は、よく ダメな夫 の具体例として出てきます。

そうならないために、二人で協力してやるのですが、実はこっちの方が効率的なのです。

その家庭ごとに違いはあるものの、やるべき家事や育児の量というのはある程度は決まっています。

その決まった作業を、分担しながらいかに早く終えることができるかで、自分の時間やダラダラする時間を 誰にも文句を言われずに確保できるか が決まります。

私がこうやってブログを書いたり、趣味のヨガをしたりできるのは、家事を必死でスピード感をもって取り組んでいるからです。

自分がやるべきことをさっさと終わらせて、そのうえで自分の世界を大事にすることにだれも異論はないでしょう。

参考:共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

参考:やりたいことがたくさんあるのに時間が足りないから、やりたいことと1日の過ごし方を可視化してみたら気づくこともあったよ

やってみると意外と楽しいんだから妻にだけ任せておくのはもったいないよ

夫は日中は勤務先で仕事をしていますから子どもの様子を知りません。

うちの場合は仕事中でもガンガンLINEとかで、子どもたちの様子を写真や動画に収めて送りつけてきますから、休憩時間などにちょっと観てみて、楽しんだりはしていますけど、子どもと直接スキンシップをとれるわけじゃありません。

家に帰ったら子どもと遊びたいとか思いませんか?

それをしてくれるだけでも、妻は育児から一時的に解放されますから、夕食の用意がスムースにできたり、疲れを癒すためにゆっくりとお風呂に入れたりするんですよ。

子どもと遊んであげるという行為は、妻や子どもや自分のためになる立派な育児であり、間接的に家事を手伝うことになるんです。

これくらいなら、自分にもできそうだと思えてきたでしょ?

家庭の円満は家族全員の心の栄養だよ

どんな大義名分があったとしても、やはり一人だけに負荷が集中すると、疲労からやさしくなれない気分になっちゃいますよね。

夫が率先して協力することで、妻の機嫌が良くなり、それを見た夫も機嫌よく家で過ごすことができ、それを見て育つ子どもたちにも良い影響が出てきます。

いくら仕事で疲れて帰ってきても、それを理由にして家事や育児を手伝わないとなると、お互いに心を消耗してしまいます。

なぜなら、夫が会社でどれだけ心身ともに疲れて帰ってきているのかなんて、妻は知りません。見ているわけじゃないんだし。

一方で、家でどれだけ家事や育児、そのほかの雑務をこなしているかなんて夫は知りません。見てないんですから。

そして、お互いがお互いに対して こんなに大変だったアピール合戦 しても消耗するだけでたいした意味はありません。比べようがないので結論がでませんからね。

そんな無駄なことに労力を使うくらいなら、お互いが歩み寄って、率先して家事や育児をこなした方がよっぽどマシってもんですよ。

子どもの支えとなってあげるためには普段から関わっていないと無理だよ

子どもだっていつまでもぬいぐるみ状態ではありません。成長とともに歩けるようになり、感情を表現する手段を持ち、徐々に社会の中で自我を持つようになる。

親の知らぬ間に成長していくのです。

当然ですが、壁にぶつかることもあるでしょう。

わが娘も、先日までイヤイヤ期や赤ちゃん返り、幼稚園への入園といった状況が一気に重なり、異常なまでのストレスを抱えることになりました。

参考:娘が幼稚園に通い始めて2週間でストレス過剰により暴君に!子どもの個性を尊重しつつ可能性を伸ばすために奮闘するのは子供よりも先生よりも親の方だ!

この時、子どもと深く関わっていない状況だと(そんな親はいないと思いますが)、子どもがなぜ常に不機嫌で、泣いていて、食事を取らず、悪夢にうなされ、幼稚園に行きたくないのかということはわかりません。

もっといえば、普段から協力しようと尽力していない人だと、分かろうともしないでしょう。

ただ子どもが不機嫌で意味もわからず怒って泣いているから、それを理由も考えずに注意して怒り、それを受けて子どもがもっと怒って泣いて、、、。

カオスですよ。しかもそれを引き起こしているのが親の無知だなんて、目も当てられないでしょう。

大事な我が子ですから、笑顔の絶えない優しい子どもへとすくすく順調に成長してもらいたいと思うはずです。

そうなるためにも、普段から育児には協力せずにはいられません。

家族の大黒柱は家族を幸せへと導いてほしいよ

夫はよく家族にとっての大黒柱なんてたとえが昔からありますが、なにも経済的なことを言っているわけではありません。

精神的にも大黒柱なのです。

船で言えば船長。会社で言えば社長です。

代表として部下やクルーをあるべき方向へ導くうえでの最高責任者なわけですから、部下やクルーのことをだれよりも熟知して、幸せになれるように導く役割があります。

そのためには、よく知ることが大切 なのではないですか?

それを実現するために、家事や育児を手伝うというのはすごく重要な意味を持っています。

さぁ今すぐ子どもちゃんを抱きしめてあげましょう。

そして目の前の皿を洗いましょう。

たったそれだけのことで、世界は大きく変わるのですから。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

私が赤ちゃんの名前を考える際に考慮した5つの基準とは

妻のお腹の中で第2子となる男の子がスクスクと成長しているのですが、名前をどうしよ …

共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

今の世の中、共働き世帯は別に珍しいことではありません。じゃあ仕事以外の家事や子育 …

マイコプラズマ肺炎に罹患した2歳半の娘の闘病記録【入院から退院まで】

5歳までにかかるであろう病気の中に、マイコプラズマ肺炎があります。 4年に1度の …

「おやすみ、ロジャー」という話題の絵本を、今まで読み聴かせをしたことがない我が子らに試してみた

巷で話題の おやすみロジャー という名の絵本。 寝ながら読み聞かせると、驚くほど …

【失敗談】卵を食べさせすぎて嘔吐!卵アレルギーのリハビリは焦ってはいけない

私の娘の卵アレルギーもひと段落し、徐々に卵に慣らしていくリハビリの段階に進んだの …

3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすご …

待望の第一子を授かりました。女の子です!

昨日の早朝に陣痛が始まり、ほぼ24時間の間ずっと病院で頑張り続けてついに我が子と …

イクメンって最近いろんな人から言われるけど、イクメンってどういうこと?

最近、自宅での家事や育児の様子を知人や友人に話すと、よく「アツシさんはイクメンで …

子供の成長とともに親も柔軟に見守り方を変化させていく必要があると感じたある一日

4歳の娘と1歳半の息子の成長が目覚ましいです。 娘の三者面談では先生から大絶賛さ …

刮目せよ!去年の洋服が着られないほどに太った女が挑む決死のダイエットを!!【ネタ記事】

ねぇねぇ、おとうさん・・・新しい洋服が欲しいんだけど。 ・・・えっ?理由? 年頃 …