子供の初めての乗り物はどれがいいの?に対してわが子の実体験から導き出した答え

自転車で走る子ども

自転車で走る子ども子どもに対して最初にどんな乗り物を与えるのかというのは、親にとって悩ましい問題です。

我が家では

  • キックスケーター
  • ランニングバイク(ストライダー)
  • 自転車

の3つをそれぞれ子どもたちに与えてみましたが、それぞれにメリットとデメリットがありました。

結論としてはランニングバイク(ストライダー)が良さそうでしたが、環境や子どもによって相性があるように思いました。

ここでは他の乗り物のメリットとデメリットも解説しつつ3つを比較検討してみます。

スポンサーリンク

自転車は最終目標でもあるから一番効率が良いのか

できればあまり回り道はしたくないという人も多いと思います。

大人になっても乗る機会が比較的多いのはやはり自転車ですから、最初から自転車にのれるようになっておけば間違いないというのも間違いのない事実でしょう。

自転車のメリット

先述したように、自転車に乗れることを最終目標と捉えると、やはり自転車からスタートするのが合理的のようなきがします。

ランニングバイクやキックスケーターだと、2輪車に乗るためのバランス能力は高まりますが、それ以外にもペダリング動作が入ってくるわけですからね。

それに子供って、これらの乗り物をすべて「別の乗り物」と捉えているようです。

なので、他の乗り物で慣れているとこの点でつまづきます。

自転車のデメリット

バランスを保つのと同時に、ブレーキ操作、ペダリング動作など入ってきますので、自転車というのは思ったよりも操作が複雑です。

これらをちゃんと扱えるように練習しようとすると、子供は最終的に嫌がります。

嫌がって乗らなくなると、練習できませんから上達もしません。

ランニングバイク(ストライダー)はいちばん子供ウケする人気の乗り物

自転車と比較すると、単純にバランスをとることに注力できるのがメリットです。

ペダリング動作で進むより、地面を蹴って走り、足で止まるという直感的な操作方法というのも人気の秘訣です。

ランニングバイク(ストライダー)のメリット

余計な動作が入らず、地面を蹴ってバランスをとりつつ走るものなので、取っ掛かりとしてはウケがいいです。

先述したように、ブレーキ操作やペダリング動作がありませんので、足で直感的に操作できます。

わが子もこのランニングバイクがお気に入りのようで、いちばん興味を持って乗ってくれました。

あと、軽量コンパクトなので持ち運びも軽く、子供でも楽に扱えるというのも人気のポイントでしょう。

ランニングバイク(ストライダー)のデメリット

最終目的を自転車とするならば、ブレーキで止まるということやペダルをこいで進むということを最後には覚えないといけません。

でも足で蹴ったり、止まったりすることに慣れているとこれがなかなか覚えられないんです。

ペダルがるのに足で蹴って進んで観たり、止まるときも足で止まる方法が身につきすぎて、理解できないようです。

最終的には年齢とともにできるようになりましたが、公道を一緒に走れるようになるのに時間がかかりました。

キックスケーターは立って乗る乗り物で違った楽しさがある

自転車やランニングバイクと違って、立って乗るというのがキックスケーターの楽しいところです。

バランスの取り方や走り方が他の2つと違うので、これは別枠で考えたほうがいいと思います。

キックスケーターのメリット

軽量コンパクトで、折りたたむことができるものがほとんどですので、公園などに持っていくのが楽です。

重量があるので親が持っていくことになりますが、車に簡単に搭載できますので、気軽に持ち運べます。

また、こちらも足で蹴って足で止まるタイプですので、操作が直感的だという点もメリットですね。

キックスケーターのデメリット

座って乗るわけではないので、ランニングバイクや自転車への応用がききにくい印象があります。

これは別の乗り物と捉えるのがいいでしょうね。

また、タイヤが非常に小さいので、公園などの砂や土の上を走るとタイヤが地面にめり込んでしまったり走行抵抗が強くなりすぎ、思ったように走れないようです。

自宅前のアスファルトの上だとスムースに走れるのですが、このキックスケーターという乗り物は使用する場所を選ぶ乗り物ですね。

結論1|ランニングバイク(ストライダー)から乗り始めて途中で自転車に移行するのが良さそう

我が家の子供たちはスタートが自転車からだった子と、ランニングバイクだった子がいます。

ランニングバイクからスタートした子は、ちょっとブレーキやペダリング動作に慣れるのに時間がかかりましたが、他のお友達よりもかなり早い段階で自転車に乗れるようになりました。

一方、自転車からスタートした子は、あまりの難しさに途中から(3歳になった今でも)興味を示さなくなり、ランニングバイクが空いていればそちらを優先して使用するようになりました。

なので、最初はランニングバイクでバランス能力を高めつつ2輪車で遊ぶということに慣れてもらい、徐々に自転車に慣れてもらうというのがいいように思います。

結論2|キックスケーターはあまり出番がない不人気な乗り物

どうしてもキックスケーターは場所を選びます。

綺麗に舗装されているアスファルト以外では思うように走れませんので、やはり遊べる場所が制限されます。

そうなるとあまり出番がなくなりますので、人気はいまいちです。

でも、近所の子供達はけっこうキックスケーターを愛用しており、そういった子供達と遊ばせるためにはお揃いのものがあると嬉しいようですね。

まとめ|子どもの興味や成長にあわせて乗り物への興味も変化するけど行動範囲も広がるから対策は必要か

結局のところ、私は自転車を無理には勧めませんでした。

せっかくの義父からのプレゼントなので視線が痛かったですが、それでも興味は自然と自転車へ移行していきました。

おそらく私が自転車に乗っている姿をみて、一緒に自転車でお出かけしたいという想いが芽生え、それがモチベーションになったようですね。

なので、その時々の子供の興味に合わせて練習したいと言ってきた時に付き合ってあげるというので良いのではないかと思います。

しかし、自転車となると勝手に公道に出て行った時に急にはストップさせられないので親も細心の注意を必要とします。

ヘルメットやプロテクターを装着していても車やバイク、他の自転車と接触した時のことを考えると、まだまだ危険を伴いますからね。

こういった2輪の遊具というのは遊びの要素を取り入れつつ子供の能力を高めるためにも有益なものです。

安全に自分で注意できない時は親がつきっきりになりますので、その点はいずれにしても考えておく必要性がありそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA