私が「早寝早起き」が大切だと思う理由

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

一般的には最適な睡眠時間は7時間とも8時間とも言われていますが、皆さんはそれくらいは眠れていますか?

それだけ寝ても疲れがとれないなんていう人もいると思いますが、少なくとも寝不足であれば疲れが取れなかったり、翌日に眠気のしわ寄せが来たりしますよね。

十分な睡眠時間を確保してから、質を高めていく、、、睡眠不足は体調不良だという認識はすごく大切です。

睡眠不足は体調不良だという認識

「不眠症」という病があります。それと同列に考えるのはちょっと違うかもしれませんが、ある意味では的を得ています。

睡眠不足だと、普段できるはずのことができなかったり思考が定まらなかったりイライラして集中力を欠いたりと、まさに病気になった時のような症状があらわれます。

別に単なる睡眠不足なわけですから、薬を飲んだり治療をするわけではありませんから、あまり「寝不足は病みたいなものだ」なんて言われてもピンとこないかもしれません。

でも、自分の本来のパフォーマンスを発揮するためには、やはり良質で十分な睡眠が欠かせませんよね。

自分が万全でなければ相手には優しくできない

体調不良の時ってほとんどの場合、自分のことで精一杯になってしまいます。相手に優しく接するためには、自分が十分に満たされている必要があると思います。

それは人によっては精神的な余裕だったり経済的な余裕だったり、体力的な余裕だったり時間的な余裕だったり、、、。

様々な要因が考えられますが、睡眠不足を体調不良と捉えるなら、睡眠不足だと相手に優しく接することができなくなるってことです。

つまり本来の自分ではいられなくなるということでもあります。すごくもったいないですよね。

参考:心にゆとりがないと人には優しくできない | 歳月庵

「早寝早起き」は本来の自分で接するためには必要不可欠

私も趣味の時間や妻とお話する時間を確保するために、子供の寝かしつけを工夫してなんとか時間を確保しようと思考錯誤しています。

最近では「おやすみロジャー」が良い感じですね。

参考:「おやすみ、ロジャー」という話題の絵本を、今まで読み聴かせをしたことがない我が子らに試してみた | 歳月庵

ただ、それでも1時間は普通にかかっています。最近は寝つきが悪く、2時間を超えるなんてことも珍しくありません。

その後で何かをしようとすると、どうしても深夜になってしまい、翌日のパフォーマンスに影響します。

睡眠の優先順位を上げると本当にステレオタイプな毎日になってしまいますし、悩ましいところです。

もっと時間の配分を考える必要がありますね。

睡眠の優先順位を上げることで、その他の時間をうまくデザインするきっかけになる

もっとポジティブに考えるなら、睡眠の優先順位を「最優先事項」に引き上げ、それを軸にしてその他の時間配分をデザインするのが良さそうです。

睡眠にはそれだけのことをする価値があると思います。

睡眠時間を どうしてもずらしたり減らしたりすることができないもの として定めてしまって、他の部分で1日24時間におさまるように調整するわけです。

やってみると、、、イレギュラーな出来事がおこらなければ案外大丈夫です。ただ、慣れるまでは大変ですけど。

我が家の時間の作り方はこんな感じ

睡眠時間を確保するためには、翌朝の起床時間から逆算して就寝時間を決めます。

どんなに遅くても、我が家の場合は6時には起きないといけませんから、寝るのは22時から23時ということになりますね。

仕事が終わって自宅に家族全員がそろうのが、定時の場合だと18時30分から19時ですから、その段階ですでに夕食の準備ができていなければ我が家ではアウトです。

ここは妻の協力が不可欠ですね。

ご飯を食べながらお風呂にお湯を入れれば、時間の節約になりますし、翌日や着替えの準備や寝る準備、その他の用事もなるべく効率よく時間配分をして、なんとか時間を捻出します。

寝る時間にとらわれすぎて、食事をしながらの団らんを楽しめないのはダメですが、ダラダラゴロゴロすることとは少し違うかなーというのが我が家の方針です。

子供と遊んだり、大事な話を報告し合ったり、泣いたり笑ったりしながらもうまく時間を切り上げてやるべき事も楽しみながら効率よくやってしまうのが良いですね。

まずは睡眠の量だけでも確保してみよう

何事においても、質と量を伴わせる ということはよく言われますし、そこに異論はないと思います。

いきなり睡眠の質も量も伴わせるというのは少しハードルが高いのであれば、まずは睡眠の量だけでも確保してみるというのはどうでしょう。

人によっては質の向上の方が容易だという人もいるでしょう。それならそれでも良いです。

質にしても量にしても、睡眠にフォーカスして調整に取り組めば、それ以外のライフスタイルをデザインし直すという作業が入ってきますから、ある意味では無駄にダラダラやっていた習慣を断捨離できたり、作業を短時間で終わらせるために効率化することができるはずです。

本来のあなたを取り戻し、本当なら出せるはずの高いパフォーマンスを常に当然のように発揮するためにも、睡眠不足という名の体調不良 から解放されてみませんか?

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

突発性発疹で泣きじゃくる私の娘に効果的だった対応策とは

娘は今、ちょうど1歳4ヶ月になりスクスクと育っています。しかし可愛いですね。なん …

「疲れが吹き飛ぶ」という言葉の落とし穴。別に本当に疲れが吹き飛ぶわけではないんだよ

よく 疲れが吹き飛ぶ という言葉を耳にしますよね? 私も娘ができてからそういう経 …

あなたにとって最適な1日の睡眠時間は8時間ではないかもしれない

健康長寿のために最適な睡眠時間は約8時間というのが一般的に言われていますが、果た …

兄がうつ病になりました

妹から電話がありました。内容は、兄がうつになってしまった というものでした。 つ …

デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ

「デジタル認知症」という言葉を耳にするようになってから、少し自分でも対策を試みる …

花粉症を乗り切るために私が試した3つの対策がかなり効果的だった

花粉症に悩む人はたくさんいます。私の目の届く範囲にも、軽い症状の人から重度の人ま …

中耳炎の予防のためにも、しっかりした電動鼻水吸引器を購入しておこう

私の娘は中耳炎になりやすい傾向にあります。なんでも鼻腔が狭いのだとか。 赤ちゃん …

体調不良はあらゆることを台無しにする

私を含めて、多くの人が何かを成し遂げるために日々の努力を積み重ねています。 文字 …

病気の時でも笑顔を絶やさないわが子を見て時分に問う。目には見えない娘の頑張りに目を凝らしていますか?

娘が溶連菌感染症に罹患しました。 5歳で初めての発症でしたが、弟くんがすでに経験 …

首にネックウォーマーを巻いて眠るという風邪の予防法がかなり効果的でオススメだよ

代表的な風邪の予防法には、うがいや手洗いなどがありますが、日常的に風邪を予防する …