卵アレルギーの子供のおやつに鉄板の「源氏パイ」がオススメ

      2016/01/14

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私の娘は卵アレルギーがありまして、今まで卵を食べさせてきませんでした。一度だけ間違えて、卵たっぷりのハンバーグを食べさせて激しく嘔吐した経験がありましたので、おやつや外食についてはかなり成分表示を確認したり店員に確認したりと、気の休まらない日々を送っていました。

一番困るのが 保育園でのおやつ で、アレルギーがある子供に間違って与えないように、基本的には我が子に与えるおやつは親が用意するということになっています。このおやつ選びがかなり気を使うので憂鬱になっていましたが、妻の実家で思わぬ選択肢に出会いました。

おやつとして鉄板の「源氏パイ」には卵が入っていないぞ

義理の父が静岡県浜松市に出張に行っていたのですが、その時にお土産として「うなぎパイ」を買ってきてくれました。当然ですが、我が子にも食べさせたいと思いましたが、やはり卵が入っていると怖いので、もはや条件反射レベルで成分表示を確認しました。

すると、なんと うなぎパイは卵を使っていない という事実が発覚しました。歓喜!!

ということは、同じパイつながりで 源氏パイ にも卵を使っていないんじゃないかということが思い浮かびました。

偶然ですが、こちらも義理の父のお土産です。静岡県浜松市は音楽の街ですので、ピアノの材料となる「カエデ」つながりでメープルシロップを使った源氏パイを買ってきてくれました。

恐る恐る確認してみると、、、

卵を使ってなーい!!!!!

これは我が娘も食べられるお菓子です。試しに食べさせてみましたが、全く問題ありませんでした。やったー!!

すべての人が好きであろう「源氏パイ」が食べられることの恩恵は計り知れない

私は子供の頃はこの「源氏パイ」にかなりハマっていた記憶があります。おそらく多くの人が同じ経験をしていると思います。

今まで私は子どもに持たせる保育園用のお菓子として「かりんとう」とか「芋けんぴ」を選んでいました。理由は

  • 歯が発達していない時は、舐めてふやけてから食べるので時間的に長持ちする
  • 卵を使っていない

というの大きかったのです。しかし、他の子供達はバリエーションが豊富で、正直かなりうらやましいという気持ちが大きいですね。

だって、芋けんぴとかかりんとうばかりなんて、、、。

娘に限らず、子供にはいろんなものを食べたり遊んだりして経験させてあげたいと思うものです。我が子は今まで、かりんとうや芋けんぴや、いりこなんかをおやつにして食べていました。いりこって、、、。

あとは一部のキャラクター系のパッケージに入ったビスケットなどもごくわずかにありましたが、この中に「源氏パイ」が入ったことで、親である我々夫婦の心の負担はかなり軽減されましたよ。

源氏パイならなんでもいいの?

ここまで源氏パイを絶賛してきましたが、実際には源氏パイには幾つかのバリエーションがあります。油断せずにその都度、確認するのがいいでしょう。

私が調べたところによると、サンリツ(SANRITSU:三立製菓株式会社)が製造している「源氏パイ」のうち、普通の源氏パイには卵も乳製品も入っていません。

マーガリンは入っていますが、乳不使用のマーガリンだということで、卵アレルギーだけでなく乳製品アレルギーのお子さんでも問題なく食べられるようです。

関連商品の「ミニ源氏パイ」と、我々が今回食べた「源氏パイ ピアノブラウン」というものは、ともに卵は入っていませんが、乳製品は使用しているということなので、乳製品にアレルギーがある人は普通の「源氏パイ」だけにしておいたほうがいいでしょう。

卵アレルギーだけであれば、こちらの「ミニ源氏パイ」も問題なく与えられそうです。

探せば意外とあるかも

これをきっかけにいろいろと探してみると、卵を使っていないプリンやケーキもあるようで、正直ホッとしました。それと同時に、保育園に持たせる手軽なおやつのバリエーションとして「源氏パイ」がラインナップに加わったというのは大きいですね。

親である我々夫婦が思い入れのあるお菓子が子供にもそのまま与えられるという嬉しさは計り知れません。

我々と同じく卵アレルギーのお子さんをもつ親御さんのお役に立てば幸いですとともに、お互いがんばって乗り越えていきましょうね:)

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

健康面で余裕がなければ心に余裕がなくなるのは大人も子供も同じこと

先週の月曜日から、2歳5ヶ月の娘がアデノウイルスに罹患しています。通常であれば高 …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

夫は家事や育児を率先してやるべきなんだよ!さあ、いますぐ目の前の皿を洗いたまえ!

子供を持つ夫で、積極的に家事や育児を手伝う人ってどれほどいるんでしょうか。イクメ …

突発性発疹が治った翌週にヘルパンギーナに感染した我が娘

娘が通っている保育所では「ヘルパンギーナ」と「溶連菌感染症」が流行しているようで …

中耳炎の予防のためにも、しっかりした電動鼻水吸引器を購入しておこう

私の娘は中耳炎になりやすい傾向にあります。なんでも鼻腔が狭いのだとか。 赤ちゃん …

刮目せよ!去年の洋服が着られないほどに太った女が挑む決死のダイエットを!!【ネタ記事】

ねぇねぇ、おとうさん・・・新しい洋服が欲しいんだけど。 ・・・えっ?理由? 年頃 …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …

妻が育児休暇中の共働き家庭では、夫も妻も「家事や育児の分担」を柔軟に変化させて笑顔で乗り切ろう

わが家は共働きです。なので基本的には家事もほぼ半分ずつ割り振って協力してこなして …

「おとな」っていつから?私が「おとな」だと自覚する瞬間とは #EdgeRankBloggers

子供と大人の違いとか、いつからが大人だとか、大人ってなに?みたいな話は、割とあり …

長男も産まれてはや100日が経過したので、お食い初めをにぎやかに執り行いました

早いもので、長男が産まれてからはや100日が経過しました。 産まれてすぐの時は心 …