近すぎてなかなか会う機会がない友人と実際に「会う」ことによるメリットとは

      2017/06/17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

A0001 011480 m

先日、同じ市内に住んでいる友人と会ってお酒を酌み交わしてきました。私の結婚式以来ですから約半年ぶりです。

非常に仲のいい友人ですが、それほど頻繁に会うことはありませんから新鮮な気持ちになりました。と同時に、なぜこれほど会う頻度が少ないのかと疑問を感じました。

お互いに仕事があり、家庭がありますから当然のようにも思いますが、彼は週に5回は外でお酒を飲んでいます(Facebookに投稿してきますので知ってます)。

奥様と仕事の時間帯が違うため、なかなか揃って食事をするということができないのだそうです。

なら私が頻繁に誘えばいいのですが、そういうことを今までしてきませんでした。何故なんでしょう。

SNSの普及により会わなくても繋がれる環境による弊害

この友人はツイッターはしていませんから、ここではFacebookについて書きますが、彼は頻繁に更新してくれていますから会わなくても彼の近況は手に取るようにわかります。

彼にとどまらず、遠くに離れている友人の近況なども手に取るようにわかりますから、会っても話をするネタがないんじゃないかという気持ちになります。

実際に会って顔をみながら話してみると、驚くほど話のネタが出てきます。あれだけマメに投稿している人とでも、会えば聞いてみたいことや伝えたいことが溢れてきます。

やはり実際に会って話してみることは大切だと感じる瞬間です。

「いつでも会える」は「なかなか会えない」!?

私の地元である愛媛県松山市には「松山城」があります。

でも私はこの「松山城」には行ったことがありません。専門学校時代に3年間住んでいた高知県の「高知城」も、行ったのは愛媛に帰ってきてから数年後の同窓会の待ち時間でした。

「いつでも会える」とか「いつでも行ける」と思っていると、なかなか腰があがらないという経験はみなさんにもあると思います。

私は特にその傾向が強く、「持っているからいつでも使える」という気になりながら実際はなかなか使わないという経験も多くあります。

私がバイク(CB1300SB)を手放した3つの理由 | 歳月庵
バイクでも同じですね。

 

これなんかは典型的な例でしょう。

あと、「参考書を購入したら勉強した気になった」なんていうのも同じ感覚なのでしょうね・・・これは違うのかな?

ともあれ、やはり「いつでもできる状況」と「実際に行ったこと」は混同しないようにした方がいいでしょうね。反省しないといけません。

相手の顔には文章にできないオーラがにじみ出ている

先日会って酒を酌み交わして話したというこの友人達は、所属している企業の中では32歳の若さにしてかなり上の方にいます。

だからというわけでもないかも知れませんが、仕事の話しをしていても、そうでない話しをしていても、表情に自信がみなぎっています。

なんというか・・・「余裕」とでもいいますか。ともかく私のようにソワソワしていないです。

何のフィルターも通さずに実際に会うということは、剥き出しのその人と対峙するということになります。

文字だけのつながりであったり、Google+でハングアウトすることよりも密なつながりが可能です。

かといって、別にSNSやハングアウトを否定するつもりは毛頭ありません。それらも素晴らしいコミュニケーションツールであるということを前提として、「会う」というのはそれ以上のものをもたらしてくれるという意味で更に素晴らしいということです。

ブロガーとしても、やはり実際に会いたい人もたくさんいます

情報はたくさん流れてきますから、巷ではたくさんイベントが開かれていることを知っています。

そして参加したいとも思っています。SNSだけのつながりから実際のリアルへとつなげたいという気持ちはあります。

会えば何かが変わる。出会いが何かを変えてくれる。今はそんな不明確な期待感に胸を膨らませています。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

たまにはお互いの両親を突き合わせてみることも大切だと気づく

我が両親と妻の両親はけっこう仲がよくて年に数回は飲みに行く間柄となっています。歳 …

サーモスの真空断熱タンブラー持ってないの!?飲み物をおいしく飲みたいなら絶対に買うべきだよ!

注いだ飲み物の温度がずっと変わらないと話題のサーモスのタンブラー。 冬でもやはり …

あり得ないことがあり得る時代だからこそ予想は常に「最悪」をイメージしておく

あり得ないことが次々に起こる今の時代。 杞憂に終わらないためにも、ある程度は常識 …

人間の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりました。 当ブログでも何度か …

デジタルに依存しすぎると災害時・停電時に活動が停止してしまうという恐怖を自覚せよ

今朝、職場で言われたことでドキッとしたことがありました。 それは最近の自然災害の …

ネット通販で靴を買うときにサイズがちゃんと合うか不安なあなたへ

私はブーツがかなり好きです。あまり数多くは持っていませんが、やっとブーツの季節が …

変化を恐れる人はなにも成長しないということを同窓会に参加して思い知った

今年は大規模な同窓会が多数企画されておち、先週末は中学時代の同窓会が盛大に開かれ …

入浴中にシャンプーとリンスを間違えない確実な方法

おそらくどこの家庭にもあるであろうシャンプーとリンス(家庭によってはトリートメン …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …