本物の新米が食べられるのは農家の特権!スーパーの新米とはレベルが違うよ

ついに新米の季節が到来です。農家の最大の楽しみは丹精込めてつくったお米をいただく瞬間ですよね。

ピカピカに輝くお米が立っています。スーパーの新米とは明らかに違う、本物の新米です。香りが違います。甘みが違います。すべてにおいて別物です。

なんせ、自分が手間隙をかけたという付加価値が付いてきます。どんな肥料を与えてどんな世話をしてきたのか、一部始終がわかっていますから安全安心です。

新米っていつまで呼んでいいの?

農協のおじさんにたずねてみると、いろんな分類の方法があるということですが、一般的にはその年の12月31日までが新米と呼べる期間なのだそうです。

スーパーなどで見かける「新米」というのは、厳密には古米がある一定量までならブレンドされていても表記が許可されているとのことでした。確か30%だと言っていましたね。

食の安全が脅かされるようなニュースが飛び交う現代です。我が家で育てた米に関しては確実に安全安心と言いきれますから、これ以上の米はないでしょう。

辛い作業の連続でもある農業ですが、継続してきたことへの見返りはとても大きく、格別のものとなるのです。

米を炊くときの注意点は?

一般的に新米というのは割れやすいので、あまりガシガシと丁寧に何度も洗ってはいけません。せいぜい2〜3回くらいですかね。

また新米は、炊くときの水分の調節が難しく、普段どおり(炊飯器の目盛り通り)に炊いてしまうと炊き上がりがベチャベチャしたり、逆にカチカチになることがあるようです。

新米はすこし少ないお水で炊くというのが一般的のようですが、実際にはその年の新米の品質によって変わるので確実ではありません。

現実に、我が家の米の場合は昨年同様、今年も炊飯器の目盛り通りに炊いて、炊き上がりはちょうど良かったですからね。

つまり、一度は失敗するつもりで普通に炊いてみるしかないというのが本当のところではないでしょうか。

新米は美味しいけど、料理によってはベストではない

新米は最強!

というようなことをつらつらと書き連ねてきましたが、実際にはメニューによっては適さないこともあります。

新米の特徴としてすぐに思いつくのが、

  • 芳醇な香り
  • 豊かな甘み
  • モチモチとした食感

というのが挙げられますが、この柔らかさや香りや甘さが逆に調理を難しくしてしまうということもあります。

なので、あえて古米を使って調理するということもあるようです。やはり新米は普通に白米で炊いていただくのがベストじゃないかと思います。

一度は本物の新米を味わってほしい

絶対とは言いませんが、あなたが今まで新米だと思って食べてきたお米というのは、もしかしたら新米ではないかもしれません。

仮に新米であったとしても、もっと美味しく楽しめる時期があり、調理法があるはずなのです。

それが仮に有名ブランド米のAランクではなかったとしても、自分が生れ育った土地に流れている水でつくった新米が美味しくないはずがないですよね。

ぜひとも、真の秋の味覚を楽しむためにも近所の農家のおじさんに、1合だけでもいいので分けてもらってはどうでしょうか。

今まで食べていたお米とは全く別次元の、真のお米の美味しさを思い知ることになるかもしれませんよ。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です