将来の夢の一つである「ヨガ講師」てきなことをやってみた

      2015/11/18

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

slooProImg_20150513213621.jpg

私の密かなる目標である「ヨガ講師」。

しかしこれを達成する日は随分先になるだろうと思っていましたが、唐突にもその日が訪れました。初めて受け持つヨガのクラス。結果は、、、。

できるだけ早くから準備しておくべきだった

今回は職場で2ヶ月に1回のペースで開催している健康教室(テーマは毎回バラバラ)の一つでヨガをやろうということになり、その講師に抜擢されたことから話は始まります。

私は9年前にヨガと出会ってからしばらくは気持ちいいとか楽しいということを理由にして続けていましたが、途中からはヨガの歴史や哲学に興味が移り、最終的には近所のお寺や公民館などを借りてボランティアでヨガのクラスが持てればいいと思うようになりました。

ヨガのクラスを開くのに特別な資格などは必要ありませんが、きちんとした指導や教育を受けてある程度の水準に到達した人に教わりたいと私なら思います。なので将来的にはインストラクターの肩書きも欲しいです。

つい最近になって「思うだけだとなかなか形にならないから、とりあえず必要な準備を始めよう」と思い立ち、何が必要なのかをリストアップしてみることに。

  • インストラクターになるためのセミナー受講費60万円くらい
  • 海外のインストラクターとのコミュニケーションを図るための語学力(主に英語)
  • ヨガクラスでの現段階の実力のアップ

こんなところでしょうか。

しかしこれらが揃っても、今の職場で長期の休暇(10日の休暇を2回とか)を取得するのはほぼ不可能ですし、少なくとも今は無理だということで、来るか来ないか分からないチャンスを待ちつつコツコツと準備をしていたところ、唐突この話が舞い込んできました。

無意識的に「まだまだ先のことだから」と、かなりのゆっくりペースでの準備でしたのでかなり焦りました。

実際にクラスを担当してみて、まだまだ自分のヨガの知識やアサナ(ポーズのこと)は不十分すぎるということ、その状態で人に教えるということの申し訳なさが一番の感想です。

いつかは、、、と思うだけで行動に起こさないのは一番良くないと改めて実感しました。

肩書きにとらわれすぎないことも大切

前述したように、ヨガを教えるだけなら特別な肩書きは必要ありませんが、私はある種の「肩書きマニア」になっています。

必要ないけど資格をたくさん取得していると、使わない資格の知識はどんどん抜けていって結局肩書きだけが残って専門的なことは何もできないという最悪の結果に陥ってしまいます。

ヨガに関して言えば、今回のように何の肩書きがなくても形式的に教えることはできますが、やはり知識も技術も浅いです。本や他のヨガクラスで学んだことをそのまま伝えているだけでこちらの満足感は薄いです。

まぁ資格を取得しても結局は伝達になるのでしょうけど、できれば私の経験や内側から出てくる言葉を伝えたいので、みっちりと学ぶ機会を得ることを非常に強く希望しています。

今後の目標も徐々に明確になってきた

受講者の声としてはなかなかの満足感を得ることができました。仕事柄、医学的な知識があるのでなんとかそこでフォローできたことも満足感を高められた要因ではないかと思っています。今後はあまり肩書きにとらわれずにヨガの実力を高めることに力を入れていこうと思います。

まぁ英検やTOEICで優れた成績をおさめないと英会話ができないというものでもありませんし、ヨガだって肩書きは持ってないけど私よりも優れたヨギー(ヨガの練習生)はたくさんいますからね。

こう考えると、受講しようと貯めていたお金や、休暇をどうやって交渉しようかと考えていた労力や時間が浮きますね。その浮いた時間でまずはヨガの練習をもっと頑張るべきだったんですね。

インストラクターの肩書きは目的ではなくより良い指導をするためのスキルアップのための手段だと思っていたつもりでしたが、いつのまにか資格を取得することそのものが目的になってしまっていました。目的と手段を取り間違えることのないようにしたいものです。

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大好きなケーキを3つ食べてみたらストレスフリーに生きるために大切なことに気がつくよ

昨今の風潮であり、私が常に違和感を感じていることとして、好きなことだけやって生き …

ヨガやアーユルヴェーダの知識をまとめるのに最適なモレスキンのドットノートブック(ドット方眼)ハードカバーの良さとは

ヨガやアーユルヴェーダのワークショップやセミナーを受講していくと、知識や技術がど …

2014年のyogiとしての私の目標とは

今年も新米yogiはヨガを通じて人生をmore betterな状況へと高めるため …

腹式呼吸の練習で「私が」気をつけないといけない間違った練習とは?

私がヨガを本格的に始めてからずっと意識している「腹式呼吸」について気づいたことを …

気づきとは気付けていなかったということに気づくということ

私は理学療法とヨガをライフワークにしていますが、いずれも「気づき」が大切になって …

今年のyogiライフを振り返る【2013年】

実家で年末恒例の餅つきをしました。薪で湯を沸かして餅米を蒸し、臼と杵での昔ながら …

ヨガを続けることで見えてきた「ストレッチ」の新しい解釈

  私はヨガを始める前からライフワークとしてストレッチを継続していまし …

肩書きや資格は必ずしも必要ではない

先日、ヨガを教える機会をいただきました。 将来の夢の一つである「ヨガ講師」てきな …

今という瞬間を捉える【ルパリ&タニア ヨガワークショップ@PonoYoga 体験メモ】

ヨガの練習って、スタジオで1時間くらい汗を流したり自宅でちょっと練習して、その時 …

ヨガのおかげで夫婦喧嘩も未然に防げるメンタルを身につけられたよ

ある日の朝、妻とつまらないことで言い合いになりました。 以前の私ならすぐに怒りに …