デジタルに依存しすぎると災害時・停電時に活動が停止してしまうという恐怖を自覚せよ

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

e93890c83094fdc41facd81d2a4a088a.JPG

今朝、職場で言われたことでドキッとしたことがありました。

それは最近の自然災害の脅威についての話と、そういった有事の時にはあまりにデジタル化してしまいすぎること(アナログを過剰に排除してしまうこと)は大きなデメリットになってしまうというものでした。

今は何でもデジタル化してしまう風潮がありますが、それが必ずしも良い結果に結びつくわけではないのですね。

デジタルは「電気」ありきのもの

最近はどこもIT化が進んでいます。なので、何でもかんでもデジタルデータ化してしまっています。

確かにデジタル化は紙の無駄を省き、スペースを有効活用することを促し、情報の共有化を助け、、、とメリットはたくさんあるのですが、災害時などで電源がダウンしてしまった時にはまったくデータが呼び起こせないですね。

スマホやタブレット、ノートPCは多少は動きますがその駆動時間は有限です。よって電源が復旧するまでは活動停止を余儀なくされます。

もし、そのガジェットの中に「緊急連絡網」とか「業務上滞ってはいけないセクションの紙バージョンの書式」などが入っている場合は、、、結局そういった有事に備えるためには、ある程度の部数を紙媒体に起こして保管しておく必要があります。原本だけではダメですよ。コピー機も使えませんからね。

日本は「自然災害大国」であると自覚せよ

テレビやネットでは連日大規模な自然災害による被害が報告されています。これは他人事ではありません。中国・四国地方でも「南海トラフ巨大地震」が近い将来に発生するといわれています。発生するのです。

自治体によっては、災害が起こった後を見越して避難設備を建設しているところもあります。現在ある施設を避難場所にするには立地的な問題や建物の強度・大きさ的な観点から不十分だということのようです。

この人たちは災害が必ず起こるという前提で話をすすめています。これは災害だけでなく全てのことに当てはまります。

予想は常に悪い方向にしておくものだ

この考えを今一度、肝に銘じておく必要性がありますね。

関連する記事はコチラです

再考すべきデジタルとアナログのメリットとデメリットは | 歳月庵
アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより「共存」へ向かわせることのメリットとは | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スタッドレスタイヤが潰れているのは異常なことじゃないよ

私の住んでいる地域は雪が積もるということもありますし、スキーやスノーボードなどの …

「人間誰でもミスをする」は自分に甘えるための言い訳じゃないぞ

今日は職場で私の不注意からくるミスがありました。ちょっと間違えば相手にとんでもな …

あり得ないことがあり得る時代だからこそ予想は常に「最悪」をイメージしておく

あり得ないことが次々に起こる今の時代。 杞憂に終わらないためにも、ある程度は常識 …

35歳の誕生日を迎えて感じる自らの立ち位置の変化と迫り来るライフイベントのプレッシャーとは

私、Atsushi(@Atsushi_k0)は今年も無事に誕生日を迎えました。3 …

「木を見て森を見ず」の反対語は「森を見て木を見ず」ではない

同じ職場で仕事をしている後輩を見て気がついたことなのですが、局所に注目して観察し …

家と車の購入、第2子の出産と生命保険の見直しという大きなライフイベントを同時進行で計画中

私、今年はすごく運勢がいいらしいんです。 偶然ですけど、今年は家と車の購入、第2 …

強い信念はどんな言い訳をも凌駕する

以前にツイッターで、私がいかにブログに割ける時間がないかを力説したことがありまし …

やりたいことがたくさんあるのに時間が足りないから、やりたいことと1日の過ごし方を可視化してみたら気づくこともあったよ

私にはやりたいことがたくさんあるのですが、残念ながら1日は24時間しかありません …

【体験談】歩きスマホは「歩きながらスマホを操作すること」だけじゃない!こんなケースも危ないぞ!

私は基本的に、歩きながらスマートフォンを利用することには絶対的に反対です。理由は …

ブログで振り返る2016年のAtsushiの主な出来事まとめ。年始の抱負通りの変化に満ちた1年となりました

2016年もあとわずかです。 今年の初めに激動の1年を予感していましたが、終わっ …