デジタルに依存しすぎると災害時・停電時に活動が停止してしまうという恐怖を自覚せよ

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

e93890c83094fdc41facd81d2a4a088a.JPG

今朝、職場で言われたことでドキッとしたことがありました。

それは最近の自然災害の脅威についての話と、そういった有事の時にはあまりにデジタル化してしまいすぎること(アナログを過剰に排除してしまうこと)は大きなデメリットになってしまうというものでした。

今は何でもデジタル化してしまう風潮がありますが、それが必ずしも良い結果に結びつくわけではないのですね。

デジタルは「電気」ありきのもの

最近はどこもIT化が進んでいます。なので、何でもかんでもデジタルデータ化してしまっています。

確かにデジタル化は紙の無駄を省き、スペースを有効活用することを促し、情報の共有化を助け、、、とメリットはたくさんあるのですが、災害時などで電源がダウンしてしまった時にはまったくデータが呼び起こせないですね。

スマホやタブレット、ノートPCは多少は動きますがその駆動時間は有限です。よって電源が復旧するまでは活動停止を余儀なくされます。

もし、そのガジェットの中に「緊急連絡網」とか「業務上滞ってはいけないセクションの紙バージョンの書式」などが入っている場合は、、、結局そういった有事に備えるためには、ある程度の部数を紙媒体に起こして保管しておく必要があります。原本だけではダメですよ。コピー機も使えませんからね。

日本は「自然災害大国」であると自覚せよ

テレビやネットでは連日大規模な自然災害による被害が報告されています。これは他人事ではありません。中国・四国地方でも「南海トラフ巨大地震」が近い将来に発生するといわれています。発生するのです。

自治体によっては、災害が起こった後を見越して避難設備を建設しているところもあります。現在ある施設を避難場所にするには立地的な問題や建物の強度・大きさ的な観点から不十分だということのようです。

この人たちは災害が必ず起こるという前提で話をすすめています。これは災害だけでなく全てのことに当てはまります。

予想は常に悪い方向にしておくものだ

この考えを今一度、肝に銘じておく必要性がありますね。

関連する記事はコチラです

再考すべきデジタルとアナログのメリットとデメリットは | 歳月庵
アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより「共存」へ向かわせることのメリットとは | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

家と車の購入、第2子の出産と生命保険の見直しという大きなライフイベントを同時進行で計画中

私、今年はすごく運勢がいいらしいんです。 偶然ですけど、今年は家と車の購入、第2 …

あなたは「ぶれない自分の軸を持つこと」の意味を勘違いしている

自分の軸を見失わないことと、他者との歩調を合わせるというのは、一見すると矛盾して …

凛とした人間でありたいし、そういった態度で臨む人の精神に気づける人間でありたい

私が普段から意識していることとして 凛とした人間でありたい というのがあります。 …

あり得ないことがあり得る時代だからこそ予想は常に「最悪」をイメージしておく

あり得ないことが次々に起こる今の時代。 杞憂に終わらないためにも、ある程度は常識 …

私が雨の降る道を散歩するのが好きになった理由

今年は雨が多い夏でした。四国山脈がある影響で台風が来ても風はあまり被害をもたらす …

前を見て上を向いているだけでなく、たまには後ろを振り返ってみよう

あなたの描いている線は本当に真っ直ぐですか? たまには描いた線を振り返り、真っ直 …

季節の変わり目や職場の雰囲気に翻弄されないように自分をもういちど見つめてみる

ここ数日は妻や子供の体調も悪く、職場全体の雰囲気も悪く、その影響か私の気持ちもイ …

ネット通販で靴を買うときにサイズがちゃんと合うか不安なあなたへ

私はブーツがかなり好きです。あまり数多くは持っていませんが、やっとブーツの季節が …

みんな初夢を観たかい?オレはいつも自由を夢見ているんだぜ

ふぅ、まさかこの歳で親父から「お年玉」をもらうなんてなぁ。まだまだオマエは子供だ …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …