スマホ依存症の人は「デジタル認知症」にご注意を

      2017/07/11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

thumbnail.jpg

テレビを観ていてふと目に飛び込んできたのがこの デジタル認知症 というキーワードです。デジタル認知症というのはもはや現代病の代表格でしょう。

これだけPCやスマホが当たり前になってくると、誰しもこの結果は容易に想像できたはずですが、実際に深刻な問題になって初めて気づく恐ろしさというのがありますからね。

デジタル認知症の主な症状

一般的には「記憶障害」と「精神障害」が主な症状のようです。

記憶障害

これは普通に想像がつくことですね。今まで人間の脳で記憶したり、分からないことでも辞書や関連書籍を調べてやっと見つけていた情報が、スマホやPCを使えば簡単に保存できたり検索できたりします。

その結果、自分の脳を使わなくなり、特に記憶を司る「海馬」という脳の一部分が衰えてしまうというものです。

精神障害

どこでも誰とでも繋がりを持てるという性質から、逆に「常に繋がっていないといけない」とか「最新の情報に触れ続けていないといけない」という観念にとらわれてしまいます。

そこでもし、なんらかの原因で繋がれない状況(スマホの電波が途切れたとかバッテリーが切れて電源が入らないなど)になると、精神を病んでしまう人もいるようです。

一般的な「認知症」とは違う

本来、認知症といわれる病はこれらの症状以外にもいろんな症状が出現しますから、その点で言えば デジタル認知症 の方が症状は少なくて限定的です。

でも、これは思い当たる人もいるのではないですか?何しろ私が当てはまると感じています。

たしかに忘れ物も増えましたが、絶対にスマホは忘れません。それくらい依存しています。これはマズイことですね。

やはりデジタルとアナログの融合は今後の必須命題になりそう

私はこのブログで何度も提唱してきました。

参考:アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより「共存」へ向かわせることのメリットとは | 歳月庵
参考:再考すべきデジタルとアナログのメリットとデメリットは | 歳月庵
(アナログの方がアイデアが浮びやすいというような内容はちょっとここで言いたいこととは離れているかもしれませんが、、、)

便利な時代になり、その便利さによって自らの機能が衰え、その衰えた機能により他の日常生活に支障をきたすという本末転倒な結果に陥っている人が、すでに結構な人数になっているというのです。

念のため言っておきますが、便利な機能を全て拒絶しなさいということではありません。

ただあまりに便利なものに依存しすぎる今のライフスタイルを再考すべき時が来たのです。そしてこの傾向は何もデジタル機器に限定したものではありません。

ライフスタイルの再考すべき時が来た

ほんのちょっと歩けば済むのに、わざわざエレベーターやエスカレーターに我先にと飛び乗り、電車で1駅とか2駅くらいの移動距離でも、われ先にと電車の座席に身体をねじ込み、すぐそこのコンビニに向かうためにわざわざ自動車に乗り込む。

生活が便利になりましたが、これは「自分の力では及ばない場合にその便利さに頼る」のであって「楽をするために依存する」のとは全くの別物でしょう。

そしてこれは私が最近感じていた違和感の一つでもあります。こうやって文章にすることでようやくはっきりと気がつくことができました。

他に似たような考えでは「糖尿病」もそんな現代ならではの病気でしょう。

糖尿病はもちろん昔からありますし、生まれつき膵臓が悪かったりして、個人の努力だけではどうしようもない場合も多くありますから、必ずしも前述した限りではありません。

しかし、増加傾向にあるメタボリックシンドロームなども含めた「生活習慣病」と言われるカテゴリーに、捉え方によってはこの「デジタル認知症」も含まれるのかもしれません。

やはり自らを戒める強い気持ちは、今も昔も変わらず持ち続けないといけませんね。

そして今一度、自身のライフスタイルを見直すことは定期的に続けていた方がいいでしょう。

かく言う私もその一人ですから、デジタル認知症の予防についても気をつけないといけませんね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ

「デジタル認知症」という言葉を耳にするようになってから、少し自分でも対策を試みる …

気づきとは気付けていなかったということに気づくということ

私は理学療法とヨガをライフワークにしていますが、いずれも「気づき」が大切になって …

飛行機やジェットコースターでふわっとなるときの気持ち悪さをなくすコツ

私はよく出張で飛行機に乗ったり、家族サービスで訪れたデーマパークや遊園地でジェッ …

昼食後に必発していた「異常な眠気」を改善させるための取り組みで、すごく効いたと思うことを3つ挙げておくよ

食事の後って異常に眠くなりませんか? 特に昼食後の眠気というのはもはや自分の努力 …

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

最近話題の股関節ストレッチを4週間続けてみた結果がスゴかった

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」というタイト …

意外と知らない「寝る前にコップ一杯の水を飲む」の正しい飲み方とは

寝る前にコップ一杯の水を飲むことの恩恵は、最近流行りの健康番組や雑誌などでよく紹 …

ドアノブを握るときの静電気の痛みから逃れるすごく簡単な方法

空気が乾燥すると静電気が発生しやすくなって、いつも痛い思いをします。特に車や建物 …

睡眠不足はあらゆるパフォーマンスを低下させる!あなたは今すぐ眠るべきだ!

ありがたいことに、先日ある後輩から指摘を受けました。その内容を一言で言うと「あな …

ストレッチをしても効果が出ない人は必見!私が結果を出すために取り入れた4つのポイントとは

私は10年以上も前からストレッチを日課にしていますが、身体の柔軟性は最近まで全く …