断捨離ってパートナーの協力がないと難しいの?に対する私の答えとは

   

Pocket

PAK66_koibitototewotunagu20140301.jpg

私はライフスタイルに断捨離を取り入れていますが、そこまで厳密に取り入れているわけではありません。なので、完全な 断捨離アン ミニマリスト の人たちから見れば笑われるレベルかもしれませんが、一定の成果は感じています。

最近、ミニマリストとしてテレビ出演も果たしたパパスさんのブログを読みましたが、完璧なミニマリストっぷりでした。家族の共通認識のもとで取り組むことで、ここまで成果をあげることができるのかと絶句したほどです。やはりパートナーや家族の同意が得られなければ、断捨離って無理なんでしょうか。


参考:「おはよう朝日です。」出演記念。ミニマリスト放送内容まとめ。 – ミニマゾクの生活

断捨離は方法論ではなくコンセプト

私の結論から言うと、パートナーの同意が得られなければ断捨離できないということはないでしょう。まずは自分の身の回りのものだけでも断捨離しちゃえばいいんですから。

パートナーに「服が少なくなったから新しく買ってあげる」とか言われてもキッパリと「No」を突きつけ、、、いや、やんわり「いいよ、ありがとう」と機嫌を損ねないように伝えましょう。

私がこのブログでよく使う言葉に「断捨離は方法論(method)ではなくコンセプト(concept)」というのがあります。正式にはどうなのかわかりませんが、私はそう思います。できる範囲で実行しながら「必要以上のものは手放そう」という気持ちで 日常を振り返る機会を持つこと が大事だと思います。

まずは自分だけでも断捨離に取り組む

先程ご紹介したミニマゾクのパパスさんは、ミニマリストとして完璧です。余計なものを生活から排除すれば最終的にはこうなるといった究極型だと思います。これをいきなりパートナーに突きつけても、そりゃ「No」って言われちゃいますよ。特に私のパートナーのようにものを多く持つことに慣れてしまっている人にとっては、一蹴されるのがオチです。

なので、まずはパートナーに迷惑がかからないように自分だけのものから始めるのがいいでしょう。クローゼットがスカスカになって、下駄箱がスカスカになって、カバンの中がスカスカになって、、、。

もちろん「必要以上のものを処分する」というコンセプトですから、必ずしもスカスカにならなくてもいいと思いますが、とにかく物にあふれた生活から解放されて満たされている感覚を感じてみましょう。

私の作戦は「強要」ではなく「共感」

ある程度まで断捨離が進んで、パートナーが興味を持って(というか心配してw)話題を振ってくるところまで頑張れば、案外と共感してくれるんじゃないかなーと思っています。

私の妻も(やんわりと)話を聞いてみると、不要な物にあふれた生活からの脱却については賛成の立場のようです。ただ、まだ2歳にもならない娘の持ち物とか、自分が家事をする時に便利だと感じるものを手放してまで物がないことにこだわるのはいかがなものか、という意見のようです。

なんだ、妻も私と同じ意見だったんだな。

ちょっと嬉しくなりましたし、この話を引き出せただけで私の目的は果たせたようなものです。私の意思がきちんと伝わったことと、この話をすることで妻も自分のライフスタイルを見直す意識が芽生えたこと。

買い物をする時に、いつもよりちょっと深く考えて買うようになってくれれば、我が家の生活ももっと軽くなるかなーなんて思います。

快適な生活というのは個人差があるものだという認識は必要

断捨離ってすごく素敵な考え方だと思うんですが、物にあふれた今の時代にとっては逆行するかのような考え方でもあります。なので時代にそぐわないとか、パートナーの理解が得られないから自分には無理なんじゃないかとか思うかもしれませんが、必ずしもそんなことはありません。どちらか片方だけの持ち物がやたらと多いということもあるでしょ?ということはその逆もありえる話です。そもそもmethodではなくconceptですからね。

もちろん意思統一ができれば、共有しているものを断捨離の対象にできるというメリットはありますが、意思統一ができないからといって、完全にアウトというわけではないでしょう。

まず試しにパートナーに断捨離の素晴らしさについて力説してみてはどうでしょう。それで無理なら無理強いはしないで、自分の持ち物だけでも可能な範囲で断捨離して、その恩恵(不要なものがない快適な生活)をさりげなくアピールしてみるのはどうでしょう。

そこからパートナーの意識がいいように変わればいいし、ダメならそれでもいいんじゃないでしょうか。結局は断捨離というコンセプトは夫婦仲を悪くするためのものではないのですからね。

 - 断捨離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「一日一捨」の途中経過を1週間ごとにご報告します

本来なら毎日報告するのがいいんでしょうけどね。というか、毎日報告しようかな。

モレスキン最近使ってなかったな、、、よし使おう!という話

前回はこんな記事を書きました。 アナログ手帳とデジタルデバイスを「融合」するより …

良いものを長く使うのと高級志向とは「意味」も「到達するゴール」も違う

私は普段の生活のテーマとして「シンプルスローライフ」「断捨離」といったものを掲げ …

毎日断捨離を習慣化する「1日1捨」にチャレンジします

私が愛読しているブログ「No Second Life」でこのような取り組みが紹介 …

通帳やカードの断捨離のおかげで新しい財布が必要なくなったぞ

過去の記事で通帳の断捨離やカード類の断捨離をしたことに触れましたが、そのおかげで …

通帳の断捨離がもたらす「把握できる程度のコンパクトな資産管理」のメリットとは

最近ではいろんな断捨離を実践していますが、ここ最近では「通帳の断捨離」なんていう …

洋服の断捨離をするなら季節の変わり目がオススメな理由とは

こだわりがあってもなくても、なぜか洋服って増えてしまいますよね。私の場合は本当に …

「予定の断捨離」で心に余裕を持たせると新しいアイデアが湧いてくるぞ

娘はお昼寝、妻は旧友とお茶しに外出。。。 なんにもすることがない休日って大切だな …

モノの断捨離をしても全然楽にならなかったら、モノ以外の断捨離をしてみよう

断捨離って、完全にやりきらないと恩恵を感じないというものではなく、物が減るにつれ …

デジタル認知症を予防するために実践しているちょっとした3つのコツ

「デジタル認知症」という言葉を耳にするようになってから、少し自分でも対策を試みる …