ドリップコーヒーの最初の部分を捨てると明らかに美味しくなるよ(体験談) #コーヒー

コーヒー

コーヒーを豆から挽いて、ドリップして楽しむことが多くなってきました。

ただ飲むだけならコンビニのコーヒーでも十分に美味しいのですが、豆から挽いてその工程を楽しむのもいいものですよね。

これについて、コーヒー豆屋さんのマスターがアドバイスをくれました。

最初に抽出した部分は捨てる

コーヒーの淹れ方って、調べてみると色々あります。

どれが正解ということもないのだと思いますが、大体の淹れ方で触れているのが 蒸らす時に出てくる最初のコーヒーは捨てる というものです。

挽いたコーヒー豆にお湯を注いで、少しコーヒーが出始めたところで(コーヒー豆が全体的にお湯で湿ったところ)、30秒〜1分間は蒸らします。

その時に下から出てきたコーヒーは、もったいないようにも感じるでしょうけど潔く捨てましょう。

これがマスターからの教えです。

なぜかと理由を訊ねてみると、一言「飲んだらわかります(ニヤリ)」とのことでした。

帰宅して家で淹れて比較してみると、確かに明らかに味が変わりました。

細かな味わいの違いを言葉にすることはできませんが、すっきりと飲みやすくなりましたよ。

ちなみに下から出てきた、最初に抽出した部分だけを飲んでみたところ、ものすごい味がしました。

嫌な酸味というかえぐみというか渋味というか・・・。

コーヒーの嫌な部分の塊みたいなものが凝縮されていました。もうこれだけで納得です。

コーヒー

同じコーヒー豆でも淹れ方で全然味が違う

先述しましたが、コーヒーって淹れ方が色々あって、カフェのオーナーさんの数だけこだわりの淹れ方があるように思います。

私が調べただけでも色々あって、多分それらの全てがある意味で正解なのかもしれません。

豆の挽き方やロースト、ブレンドの微調整、使う道具、豆の種類や産地、蒸らす時間や親の注ぐ速さ、注ぐ時のお湯の走らせ方。

他にも色々とあるのでしょうけど、それぞれにその方法を選んだ理由があるはずです。

どんな方法でコーヒーを淹れるとしても、最初に抽出した部分は捨てる ということはほとんど共通していて、味を大きく変えるポイントだと思います。

私のような素人でもその味わいの違いにビックリするほどです。

ぜひお試しいただきたいポイントですね。

Posted by Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA