何かを選ぶときは何かを捨てることを最も意識すべき!

      2015/10/30

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

a0006_002634_m.jpg

最近は断捨離を徐々に実行に移しています。クレジットカードやポイントカードの断捨離や、CDの断捨離趣味の断捨離ペーパーレス化などです。これらの作業のなかで感じたのが、捨てるものを選ぶのと同時に残すものはどれかということを選ぶことを、同時に並行してやっているということです。

「選択」するときは捨てるものを選ぶ視点も大切

たとえばクレジットカードを断捨離するときには、今後も使うであろう「残すべきカード」を選ぶのと同時に「これは今後も使用しないであろうカード」を選ぶということをしています。両者は同じように見えて異なる性質を持っていると思います。

結果だけ見れば同じことなのかもしれませんが、その過程やその時の想いが違いますね。そして過程が違うのであれば結果も違ってくるかもしれません。矛盾しているんですけどね。

そしてこの考え方は世の中の色んな事象にほとんど当てはまります。

独身でいることを選べば結婚生活は捨てることになります。その一言を言ってしまえば、言わなかったもう一つの人生を捨てることになります。物があふれた生活を選べばシンプルな生活を捨てることになるし、逆も同じです。

一見すると両者を同時に得ることができることもありそうですが、それも例外なしです。

コーラとコーヒーを両方買ってしまえば、どちらも我慢して手元にお金が残るという人生を捨てるということです。

意識してか無意識にかは別にして、こういった選択を日々の生活でこなしながら時間は流れています。

基準はどちらかを選んだほうが効率的か?

クレジットカードの例で言えば「どのカードを残すか」という基準で選ぶならその基準で選び抜いてしまえばいいし、「どのカードを捨てるか」という基準であればその基準に則って作業するとすんなりと結論が出そうですが、だいたいのケースでは両者が混在しています。

「これは◯◯で使うから残す」

「これはもう使わないから捨てる」

というふうに作業を進めていくと、最終的に判断に迷うケースとして

「これは◯◯で使うかもしれないけど基本的に必要ない」というどっちつかずのものに出会ったときに判断が鈍るのです。今回のカード断捨離にいおてもそのパターンで捨てられなかったカードが残念ながらありました。

それどころか「このカードを捨てる代わりに新しくカードを作ってしまえば解決するかな?」などとカードが増える結果になったりもします。

カード以外でもそうですね。何を「選ぶか」という選球眼も大切ですが、何を「選ばないか」という眼も鍛えておく必要がありそうです。

 - 断捨離

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

そんなものまで断捨離!?断捨離で快適な生活を手に入れるポイントまとめ

私の生活(あるいは人生)のフレームワークとしてシンプルスローライフという考え方が …

「捨てる力」と同じくらい「手に入れない力」か難しい

普段の生活の中で「お得です」という言葉をとても多く見かけますし、そのサービスを利 …

ポイントカードやクレジットカードの断捨離で精神的にもスッキリしよう

私はもらったポイントカードが捨てられない人間です。明らかにもう来ないだろうなーと …

「余分に確保しておく」というスタンスは生活を豊かにしない

先週から「一日一捨」を習慣にしようと取り組んでいます。 今のところ捨てるものがな …

断捨離ってパートナーの協力がないと難しいの?に対する私の答えとは

私はライフスタイルに断捨離を取り入れていますが、そこまで厳密に取り入れているわけ …

お金基準の幸福感から脱却するための私の思考回路とは

結婚してから一家の主としての責任を持ち、ここまでまだ短い間ですが生活してきました …

積極的に楽なことを手放す、新しい断捨離の提案

職場で高齢の患者さんと話していると、今と昔ではあらゆることが様変わりしていること …

家計の断捨離で相対的に収入を増やしてみる。まずは通信費から

要するに「節約に本気で取り組んでみよう」ってことなんですけど、言い方ひとつですよ …

再考すべきデジタルとアナログのメリットとデメリットは

アナログとデジタルは適材適所で使い分けていくことが大切で、何でもかんでもデジタル …

ブログのフィルターの感度を下げて運営していく新しい「断捨離」のスタイルとは

「ブログの運営論」的な本やブログでよく言われるのが「フィルターの感度を上げる」と …