子供の成長とともに親も柔軟に見守り方を変化させていく必要があると感じたある一日

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

4歳の娘と1歳半の息子の成長が目覚ましいです。

娘の三者面談では先生から大絶賛され、息子の保育所ではベタ褒めされています。

自分が大切だと思っているものを褒めてくれる人がいるというのは、率直にとても嬉しいです。

親も定期的に子供への向き合い方を振り返らないと子供のレベルに合わなくなる

正直、親の私の方が子供の成長に追いついていないように感じました。

特に娘の担任の先生と話したことが、それに気がつく良いきっかけとなりました。

幼稚園では、家とは違っていろんなことに本気で取り組み、目覚ましい成長を遂げているようでした。先生からのお墨付きです。

一方の自宅では、親の話をなかなか聞いてくれなかったり、ワガママな振る舞いが目立つため、どうしても叱ってしまいます。

先生の話を聞いていると、幼稚園ではある意味で戦闘モードになって戦っているような状態で、ホッとできる自宅に帰った時は羽を休めている時間なんだと気がつきました。

多少のワガママには付き合ってあげる寛容さが求められますね。

下の子はお姉ちゃんの行動や言動をしっかり吸収して学習していますから、年齢の割には成長が早いように感じます。

どこの兄弟でも同じだと思いますが、2番目の子どもは成長が早いですね。

ただし、それを無神経に捉えて、下の子ばかりを娘の目の前で褒めてしまうので、ヤキモチを焼いてしまっています。親の失態ですね。

常に感情的にならずに客観的に捉える目がまだまだ足りない

私はけっこう、感情的に行動したり発言したりする傾向にあります。それは分かっているのです。

ただし、分かっているだけで子育てや普段の行動に落とし込んで活かしているかというと、全然できていませんね。

ヨガとかやっている割には生活に反映しきれていません。なんと情けない。

あと、子どもの行動にはすべてにおいて理由があります。大人でも同じですけどね。

ただし大人と違って、その行動や発言に至った経緯や根拠をうまく言葉にできませんし、自覚してやっているわけでも、言っているわけでも必ずしもありません。

子どもの(自分ですら気がついていない)心の奥底の感情をしっかり読み取って、うまく行動や言葉で応えてあげる。

親にしかできないことを、当たり前にやっていくには、その時々で振り返り、子どもの成長に合わせて親の接し方を変化させていくしかありません。

子どもが同じところに留まっていないように、親も同じところに留まっていてはいけないんですね。

いま一度、自戒を込めて振り返る機会にしたいと思います。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子育てでもそれ以外でも、自分の弱さや至らなさを自覚して認め、受け止めるのはとても勇気がいるけど素敵で大切なこと

先日の週末に、毎年恒例の家族限定BBQを実家の庭先で楽しみました。昼間からお酒を …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

新米パパになる君へ。育児だけじゃなくて家事も協力してやってほしいと思うんだ

もうすぐ私の大切な友人がパパになります。学生時代は生徒会長も務めたこともあるイケ …

待望の第一子を授かりました。女の子です!

昨日の早朝に陣痛が始まり、ほぼ24時間の間ずっと病院で頑張り続けてついに我が子と …

子育て中のお母さんに告ぐ。たまには夫と子供の二人きりで外出させてみたほうがいいぞ

今日は帰省している中学時代の友人と同窓会を開催しました。お酒なしの昼間の会です。 …

子どもを叱るのであれば深い配慮のもと叱るべきだよ

みなさんは人を叱ったことありますか?叱るという表現は適切でないということであれば …

生後すぐの赤ちゃんと接する時でも、おしゃべりをいっぱいしてあげた方がいいと思うよ

無事に病院も退院し、にぎやかな日々を送っております。予想通りに長女も赤ちゃん返り …

授業参観では子どもの「普段の姿」はみられない。普段からの幼稚園とのコミュニケーションを億劫に思わずに密に行おう

今年の4月から長女が幼稚園に通い始めて、はや6週間が経過しました。 ちょうどその …