3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

   

Pocket

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすごい速度で成長しているように感じます。

でも、もしかしたら今までもそれくらいのスピードで成長していたにもかかわらず、親である私がそれに気がついていなかっただけかもしれません。

子どもはいつまでも子どものままでいるわけではありません。子どもから大人になっていく過程は一度きりのストーリーであり、どんな映画よりも見逃してはいけない奇跡ですよね。

お絵描きから娘の成長を読み解く

これ、なにに見えますか?

本人曰く アンパンマン号 なのだそうです。

可愛すぎます(*´∀`*)

この絵を見る限り、娘の頭の中での車の象徴は車輪であり、しっかりと2つ描かれています。

アンパンマン号の顔を表す目、鼻、口を描いていますが、車体は正面を向いていて車輪は側面から見たように書いていることから、まだ物体の位置関係は不十分なようにも思えます。

ただ、人の顔を構成するパーツをしっかりと識別できているという点では、すごい成長具合ではないかと思っています。

こういうのがしっかりと描けるということは、自分の身体の各パーツもしっかりと認識できているということになるからです。

ちなみに冒頭の写真は うさぎさん だそうです。いちいち可愛いですね(*´ω`*)

うさぎさんの絵を見てみると、耳、手、足、顔の各パーツがしっかりと認識できているようです。

ヒゲのようなものも書いてありますね。これもしっかりと分かって書いているようですので、すごい成長です。

ただ、しっぽとかまゆげとか細かいパーツまでは描かれていないということを考えると、その部分に関しては自分の顔に対しても認識できていないということかもしれません。

今度は人の顔を描いてみてもらおうと思います。

数字とマークを自分なりに解釈して覚えているよ

たとえばエレベーターに乗ってみると、、、

ちゃんと行きたい階のボタンを押して、閉じる のボタンも押しています。

娘の発言を聞いていると、「さん!閉まるはちょうちょ!」だそうです。なるほど、閉まるのボタンは蝶々に見えなくもないですよね。

こうやって、自分の中で知っている知識とマークを照合させたり、その役割とマークを照合させていく過程ですこしだけ混在してしまうこともあるようです。

数字に関して言えば、毎日お風呂で数える練習をしているので、だいたい60〜70くらいまではつまることなく言えます。調子がよければ少しだけヒントを与えつつ100まで言えます。

でも、それはまだ呪文のように唱えているだけであり、数の概念というのが不十分であるため、「さん」と「3」と「〇〇〇」がどれも同じだという理解がありません。

最近になってようやく関係性がわかりかけているようです。今後の成長も楽しみになってきました。

いろんなものに興味がわいていて、好奇心旺盛です

身体面で言えば、自転車に乗るのが楽しいようです。ただ、まだペダリング動作ができませんから脚で蹴ってみたり、親のアシストで進む程度ですけどね。

走るのも、以前のように親は歩いていては追いつけないレベルになってきました。ますます目が離せません。

そして、目に映るものに強い好奇心を抱くようになっているようです。

たとえば、電車は娘の大好物です。バスやトラック、パワーシャベル、クレーン車、パトカー救急車など、働く乗り物や公共の乗り物にも強烈な興味を持っているようです。

今までなら、踏切にひっかかるとイライラしていましたが、いまでは踏切を通過した後に遮断機が降りる音がすると、深く後悔するレベルです。

「あぁ、娘に電車を観せてあげたかったなー」なんてね。

動物も大好きです。

実家の柴犬はちょっとやんちゃなので、今でも最初は怖がっていますが、慣れてしまえば触れます。

猫は初見でいきなり触っていました。「かわいぃぃ!」って言いながら猫を触っている娘を見ていて、「きみも負けないくらい可愛い表情してるぞ!」って心の中で出てきた言葉が、人目をはばからず表に溢れ出してしまうくらいにね。

子供の成長速度は想像以上に速いから見逃しちゃもったいないよ

まるで高機能のスポンジみたいにどんどん吸収して変化していく様子を見ていると、片時も目を離せません。

こうしている間にも、さらに成長しているかと思うと、明日の朝が待ち遠しくてじれったいですよ。

言うこと聞かないし、イヤイヤ言って困らせることもあるでしょうけど、それだって成長している証だと思えば、子どもが経験することって無駄なことは何一つないんですね。

これからもいろんな素敵な経験ができるようにアシストしつつ、成長を楽しませてもらいたいものです。

それと同時に、親も負けじと成長します。娘が3歳ですから、私たち親も親になってまだ3周年ということになります。

まだまだ駆け出しものですが、それでも親としての経験値を積んで成長していますから、子供も親も、家族が一丸となってニョキニョキと成長していけるのが理想です。

娘がこれだけ成長しているのです。親も負けてはいられませんね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イクメンって最近いろんな人から言われるけど、イクメンってどういうこと?

最近、自宅での家事や育児の様子を知人や友人に話すと、よく「アツシさんはイクメンで …

最近よく娘を寝かしつけながら寝落ちする妻へ

ここ数日、君は娘を寝かしつけながら寝落ちするということを高頻度で繰り返しているね …

ひな人形を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

長男のお宮参りが無事に終了!祈る事を軽視しない生き方はすごく大切だと思う

先日産まれた長男のお宮参りが無事に終わりました。あいにくの雨で、七五三と時期が重 …

夫は家事や育児を率先してやるべきなんだよ!さあ、いますぐ目の前の皿を洗いたまえ!

子供を持つ夫で、積極的に家事や育児を手伝う人ってどれほどいるんでしょうか。イクメ …

育児休暇中でも家事や育児を妻だけに任せずに夫も同じくらい分担するのにはこんな理由があるのです

わが家では家事と育児をほぼ半分ずつ行なっています。厳密に労力が半分になっているか …

妻が育児休暇中の共働き家庭では、夫も妻も「家事や育児の分担」を柔軟に変化させて笑顔で乗り切ろう

わが家は共働きです。なので基本的には家事もほぼ半分ずつ割り振って協力してこなして …

突発性発疹が治った翌週にヘルパンギーナに感染した我が娘

娘が通っている保育所では「ヘルパンギーナ」と「溶連菌感染症」が流行しているようで …

中耳炎の予防のためにも、しっかりした電動鼻水吸引器を購入しておこう

私の娘は中耳炎になりやすい傾向にあります。なんでも鼻腔が狭いのだとか。 赤ちゃん …

【失敗談】食べさせすぎて嘔吐!卵アレルギーのリハビリは焦ってはいけない

私の娘の卵アレルギーもひと段落し、徐々に卵に慣らしていくリハビリの段階に進んだの …