5歳の娘の強烈な遠視が発覚!一般的な遠視の意味の勘違いとは

眼鏡の写真

三歳児検診で行った視力検査で、もしかしたら視力に異常があるのかもしれないと指摘されていましたが、子どもの眼球というのはまだ発達段階にあるため、就学時検診まで様子をみましょうということになっていました。

そしてその就学時検診でかなり強めの遠視であることがわかりました。

娘のメガネ生活が始まろうとしていますが、どうやら私が考えている遠視と医師が言う遠視は少し違うみたいなのです。

スポンサーリンク

遠視の意味の勘違い

我々の知識では、遠視は遠くがよく見えていて、近視は近くがよく見えるという理解です。おそらく大体の人がこのように理解していると思います。

ただ、眼科の医師のお話では、子どもの遠視は遠くも見えにくいのだそうです。

カメラのレンズ

子どもの目はピントを調節する力が凄いからそこそこ見えてしまうので、うまく調節してしまっている場合が多く、あまり外見からは異常を発見しにくいのだとか。

うちの娘はたまに寄り目(両方の黒目が内側に寄ってしまう)がみられていましたが、それはピントが合っていない時に合わせようと努力している時に見られる現象なんだそうです。

娘の目にはかなりの負担がかかっていたんですね。

弱視とは違う

私が目の異常と聞いて一番不安だったのが、将来目が見えなくなるのではないかということ。

でも、弱視とは異なるものであり、見る機能には異常がないのであれば遠視は別に病気というわけではないのだそうです。

いわゆる強烈な個性っていうイメージでしょうか?

ただし、放置しておくと斜視のような視覚異常が生じるのだそうです。逆に、「これだけ強い遠視があって斜視が見られないのは奇跡的」とも言われました。

健康診断はちゃんと受けましょう

結局、精密な検査を受け、眼鏡を作ることになりました。医師の話では、今の娘は強い老眼鏡を4枚くらい重ねて物を見ているような状態なんだとか。

バドミントン

そんな状態でよくバドミントンとかやってたなーと驚かされます。同時にもっと早く眼科に連れて行ってあげていたら良かったと反省しました。

妻の気持ちの落ち込みも配慮すべきポイント

以前に娘の卵アレルギーがわかった時も妻は「丈夫に産んであげられなくてごめんね」と言って落ち込んでいました。

参考:【失敗談】卵を食べさせすぎて嘔吐!卵アレルギーのリハビリは焦ってはいけない | 歳月庵

今回も口には出しませんが表情からかなりの落ち込みがみられました。

牛乳瓶の底のような物凄い重さと厚さのレンズで、いかにも視力が悪いですって言ってるような感じのデザインのメガネではなく、せめてカワイイ感じの眼鏡を作ってあげたいと色々と調べたりもしました。

メガネ

でも子ども本人の眼鏡のかけ心地や、遊んでいて壊れてしまうことも考えると、やはり選択肢はそれほど多くはありませんでした。

妻はまたまた落ち込みました。

結局は小さな子どもさんがよく着用している定番のメガネにしました。娘の健康が一番ですからね。

メガネをつけたままひたすら近くを見てトレーニング

10歳くらいまでは目の機能が発達するので、なるべく早急に眼鏡を作って着用させるのが良いそうです。

そしてお風呂とか眠る時以外はなるべくつけたままにしておくと良いそうです。

遠視が治る可能性については、全くないわけではないけれども、治らなくてもそれはその目の個性だから、なるべくボヤけた視界から解放してあげて正常な視覚を発達させ、斜視や弱視にならないことが一番大切なことだと言われました。

確かに、娘にはこれからもいろんなものを、その目で見てもらいたいですからね。

そしてそのあと行ったメガネ屋さんにもらったアドバイスで非常に驚いたことがありました。

今までは目に悪いからとゲーム機の類はなるべく与えないようにしていたのですが、今から作る眼鏡を着用したままでなるべくゲームとか近くのものを見ることをたくさんやらせてあげてくださいと。

それが遠視を改善するトレーニングになるのだそうです。

私も妻もゲームはあまりやらないのでどうしようかと検討中ですが、ひらがなの練習をしたり絵日記を書いたりするのが好きな娘なので、そういったトレーニングがいいかなーと考えています。

タブレットPC

あとは時間制限を設けてタブレットやパソコンなどにも親しんでもらうのがいいかなと。

目はとても大切だから早期発見・早期治療で乗り切る

この話を聞いた時、リハビリの学生の時に聴いた講義のことを思い出しました。

人間は感覚の8割以上を視覚に依存している「視覚動物」であるということ。

そして大脳皮質の約30%〜40%くらいが視覚野になっており、起きている時は常に見るということをしているのだから、それだけで脳はものすごい負担を常に強いられているということ。

娘も眼鏡生活が始まれば、見え方が大きく変化しますし、眼鏡という慣れないものと付き合いを開始するわけですからものすごい負担になることでしょう。

やたらと眠りたがったり(脳を休めようとするため)、機嫌が悪くなったり、友達にからかわれたり、眼鏡を嫌いになったりすると思うのです。

そしてそれを見た周囲の大人たちも不機嫌になり、負のオーラが娘の周囲を取り囲むことになるでしょう。

ならばせめて、それがあらかじめ客観視できて、同じ眼鏡ユーザーとして共感してあげられる父親の私が娘本人に、そして周囲に働きかけて円満に過ごせるように振る舞うべきなのでしょう。

どうやら娘は私を父親として、もう一段階も二段階も成長させようとしているようですね。

見事に期待に応えてみせたいです。

Posted by Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA