季節の変わり目や職場の雰囲気に翻弄されないように自分をもういちど見つめてみる

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

405e5b00274066e9f03447a3f4b4bc54.jpg

ここ数日は妻や子供の体調も悪く、職場全体の雰囲気も悪く、その影響か私の気持ちもイマイチ上がってきません。

いくら自分の生活や心情を客観的に見てみても、特に理由もなく不調なわけですが、こういった季節の変わり目というのはそういうものなのかもしれませんね。

季節のせいだと言ってしまえば打つ手なしという風にも捉えられますが、そんなことはありません。身につけるものや口にするものをちょっと工夫して、快適な気分になれるように勉強していきたいものです。

やる気スイッチがオフになる

最近は身近に不幸な出来事もありました。

参考:赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る | 歳月庵

それがきっかけというわけではないのですが、私の周囲は最近になってちょっと空気が重くなっています。

詳細は割愛しますが、どんなにカラ元気を振り絞ってもその重たい空気を払拭するのが難しそうなのです。

自宅に帰ればブログはおろか、ヨガや筋トレも手につかない始末。ヨガなんて完全に習慣化できていたものですが、最近は全然手につきません。

そもそも、その習慣化を定期的にブログで報告すると言っておきながらそれすらできていない始末ですからね。

はぁ、悩ましい。

季節の変化や周囲の空気感に敏感に影響される私

ヨガやアーユルヴェーダの教えを学べば、自分の気を乱す原因の代表格だとわかります。周囲の雰囲気や微妙な季節の変化に過剰に反応してしまい、本来あるべき自分を見失ってしまうのです。

この様子だと、この先も周囲の人間関係がちょっとギクシャクしただけで仕事そのものが辛くなったり、季節の変化という避けられないものに自分の人生を支配され続けるということになるのでしょう。

それだけは避けたいです。

こういう時はヨガして寝よう

こういった時こそ、本当はヨガをしたほうがいいんでしょうね。自分の体と心と精神をうまくコントロールして快方に向かわせることが大切です。

そして、無駄に起きておくくらいなら早く寝て体調を整えましょうということですよね。

ブログのエディタが真っ白だということをTwitterのエディタに書いてるようではまだまだですね。

先述したように、季節なんてこの先の人生で何十回も何百回も変わっていくのです。これでいちいち翻弄されているようではどうしようもありません。

かといって、無理に力ずくで争うというのもナンセンスなことです。季節や自然の摂理を受け入れ、柔軟にその時のベストを尽くせるように変化していく姿勢を今一度、思い出しておきたいものです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

やりたいことがたくさんあるのに時間が足りないから、やりたいことと1日の過ごし方を可視化してみたら気づくこともあったよ

私にはやりたいことがたくさんあるのですが、残念ながら1日は24時間しかありません …

普通車免許にはATとMTがあるけどその違いを本当に知っていますか?

私の住んでいる愛媛県松山市はとちらかというとかなりの車社会です。 鉄道もあります …

凛とした人間でありたいし、そういった態度で臨む人の精神に気づける人間でありたい

私が普段から意識していることとして 凛とした人間でありたい というのがあります。 …

スタッドレスタイヤが潰れているのは異常なことじゃないよ

私の住んでいる地域は雪が積もるということもありますし、スキーやスノーボードなどの …

「自分のことで精一杯で他人に優しくできない状況にある人」とのやりとりで意識すべきだった一つのこと

私が最近思っていることで、このブログでも最近になって何度も書いてきたこと。 それ …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりました。 当ブログでも何度か …

開き直って行動に移してみると本当に見える景色が変わるとわかっているのになんでやらないの?

まさにタイトル通りなのですが、新しいことをやろうとしたときにはどうしても臆病にな …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …

「木を見て森を見ず」の反対語は「森を見て木を見ず」ではない

同じ職場で仕事をしている後輩を見て気がついたことなのですが、局所に注目して観察し …

みんな初夢を観たかい?オレはいつも自由を夢見ているんだぜ

ふぅ、まさかこの歳で親父から「お年玉」をもらうなんてなぁ。まだまだオマエは子供だ …