季節の変わり目や職場の雰囲気に翻弄されないように自分をもういちど見つめてみる

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

405e5b00274066e9f03447a3f4b4bc54.jpg

ここ数日は妻や子供の体調も悪く、職場全体の雰囲気も悪く、その影響か私の気持ちもイマイチ上がってきません。

いくら自分の生活や心情を客観的に見てみても、特に理由もなく不調なわけですが、こういった季節の変わり目というのはそういうものなのかもしれませんね。

季節のせいだと言ってしまえば打つ手なしという風にも捉えられますが、そんなことはありません。身につけるものや口にするものをちょっと工夫して、快適な気分になれるように勉強していきたいものです。

やる気スイッチがオフになる

最近は身近に不幸な出来事もありました。

参考:赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る | 歳月庵

それがきっかけというわけではないのですが、私の周囲は最近になってちょっと空気が重くなっています。

詳細は割愛しますが、どんなにカラ元気を振り絞ってもその重たい空気を払拭するのが難しそうなのです。

自宅に帰ればブログはおろか、ヨガや筋トレも手につかない始末。ヨガなんて完全に習慣化できていたものですが、最近は全然手につきません。

そもそも、その習慣化を定期的にブログで報告すると言っておきながらそれすらできていない始末ですからね。

はぁ、悩ましい。

季節の変化や周囲の空気感に敏感に影響される私

ヨガやアーユルヴェーダの教えを学べば、自分の気を乱す原因の代表格だとわかります。周囲の雰囲気や微妙な季節の変化に過剰に反応してしまい、本来あるべき自分を見失ってしまうのです。

この様子だと、この先も周囲の人間関係がちょっとギクシャクしただけで仕事そのものが辛くなったり、季節の変化という避けられないものに自分の人生を支配され続けるということになるのでしょう。

それだけは避けたいです。

こういう時はヨガして寝よう

こういった時こそ、本当はヨガをしたほうがいいんでしょうね。自分の体と心と精神をうまくコントロールして快方に向かわせることが大切です。

そして、無駄に起きておくくらいなら早く寝て体調を整えましょうということですよね。

ブログのエディタが真っ白だということをTwitterのエディタに書いてるようではまだまだですね。

先述したように、季節なんてこの先の人生で何十回も何百回も変わっていくのです。これでいちいち翻弄されているようではどうしようもありません。

かといって、無理に力ずくで争うというのもナンセンスなことです。季節や自然の摂理を受け入れ、柔軟にその時のベストを尽くせるように変化していく姿勢を今一度、思い出しておきたいものです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

刮目せよ!尻に敷かれ続けた夫が束の間の自由を手に入れたらどうなるのかをなァ!!

「ソウカ、ツマトムスメガ・・・リョコウニナァ」 今週に入ってブログのテーマ変更に …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …

家と車の購入、第2子の出産と生命保険の見直しという大きなライフイベントを同時進行で計画中

私、今年はすごく運勢がいいらしいんです。 偶然ですけど、今年は家と車の購入、第2 …

ブログで振り返る2016年のAtsushiの主な出来事まとめ。年始の抱負通りの変化に満ちた1年となりました

2016年もあとわずかです。 今年の初めに激動の1年を予感していましたが、終わっ …

今夜はスーパームーン!スマホで月をカッコよく写真撮影する簡単な撮り方とは

昨夜は中秋の名月、今夜はスーパームーンとなっているようです。 秋の夜長を楽しむに …

凛とした人間でありたいし、そういった態度で臨む人の精神に気づける人間でありたい

私が普段から意識していることとして 凛とした人間でありたい というのがあります。 …

人間の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

人前に出ることによる緊張を克服するために私が今までにしてきたこと  #EdgeRankBloggers

私は学童期の頃から人前に出て話をする機会が比較的多い人生を歩んできましたが、もと …

責任を取るべき立場の「責任者」がためらいなく頭を下げることができるために持っておくべき武器とは

私は中間管理職のポジションにいる者です。そして、私の上には責任をとらない上司がい …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりました。 当ブログでも何度か …