プロテインの飲み過ぎで蕁麻疹だと!?疲れているときは特に要注意!

      2017/06/15

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私は普段から筋トレした後はプロテインを飲んでいます。

筋トレで疲労し傷ついた筋肉を修復するための栄養を補う目的で、最近ではプロのアスリートではない一般の人たちも普通にプロテインを利用しています。

ただし効率よく筋肉をつけようとするときに、プロテインはうまく使えば良いパートナーになってくれますが、一方で使い方を誤れば逆効果になることもあるようです。

今回は(使い方は間違ってなかったと思うのですが)過度の疲労と重なってしまったことで、蕁麻疹(じんましん)が出てしまいました。

筋肉をつけるためにプロテインは大切

筋肉が発達するためには、運動、栄養、休息のバランスが大切です。

運動とは筋トレのことであり、休息とは夜の睡眠が良質なものであるかどうか、トレーニングとトレーニングの間に適切な時間の休息がとれているかどうかなどが当てはまります。

一般的にはトレーニングした筋肉には、48時間から72時間の休憩を与えるのが効率的です。

栄養は、食事をきちんとバランスよく食べることで基本的には大丈夫ですが、筋肥大に必要なタンパク質などの栄養素を十分に確保するために、足りない部分に関しては補助的にプロテインを使います。

通常はトレーニング直後30分以内、就寝の1時間前はプロテインを摂取するのに絶好のタイミングということですが、血中タンパク質濃度が下がりすぎると、足りない分を 筋肉を分解することで補う と言われており、それではマズイということで日中も水分補給の代わりにプロテインをチビチビと飲んでいました。

他には、睡眠時間中は飲まず食わずの状態ですので、朝食後にプロテインを加えるというふうなこともしていました。

過剰摂取は健康を害するから危険だぞ

パッケージなどに、摂取の目安となる量は書いていますし、それを越えたつもりはありません。

過度な摂取は内臓へのダメージが大きすぎますし、一度に身体が吸収できるタンパク質の量も決まっていますので、余分なものは排泄されて無駄になります。

それを踏まえて摂取したのですが、今回は体調を崩してしまいました。

正直、最初はプロテインの影響だとは思いもしませんでした。ただ、蕁麻疹なんて初めての経験でしたし、びっくりするとともにただ事ではないと思い医療機関を受診しました。

生まれて初めての蕁麻疹で皮膚科を受診した結果は

最初は両側の股関節の前あたりに湿疹が出ましたが、それほどかゆみや痛みもなく、乾燥肌がひどいという程度のものだと思っていました。

それが日を増すごとに範囲が拡大し、お腹や胸のあたりまで拡大してきて、びっくりして皮膚科を受診しました。これが異変に気がついてから2週間程度が経過した時でした。

病院を受診したところ、皮膚科の医師も問診や視診で蕁麻疹だとすぐにわかったようですが、原因となる物質(食べもの)がわからないようでした。

蕁麻疹というのは普段は出なくても、過度な肉体的疲労や精神的ストレスによる胃腸障害に伴って出てくることもあるということでしたので、蕁麻疹を抑える軽い薬と胃薬を3日分処方してもらい、様子をみることにしました。

家に帰ると、妻と一緒に普段と違うものを食べていないかとか、変わった習慣はないかといったことを思い出していましたが、特に思いつきませんでした。

その間、プロテインをやめようとは思っていませんでしたが、普段からプロテインを飲みすぎじゃないかということを妻から指摘されており、今回も強いて言うならプロテインの過剰摂取なんじゃないかということで指摘され、ここでいったん中断してみようということになりました。

肉体的な疲労も良くないようでしたので、筋トレも中断しました。プロテインと筋トレを中断するのは、これまでの苦労が水の泡になってしまうような気がして勇気が必要でしたが、健康な体を取り戻すためですので仕方ありません。

原因はプロテインに含まれるトリプトファンという物質だった

その後3日が経過しましたが、ほとんど良くなりませんでした。それどころか範囲がどんどん拡大してきました。

薬がなくなったタイミングで再び病院を受診しましたが、主治医の先生もあれから色々と調べてくれていたようでした。

そこで言われたのは、プロテインにはトリプトファンという物質が含まれていることがあり、それによる皮膚障害が一番疑わしいということでした。

まだプロテインは中断したばかりでしたので、引き続き中断したままで一段階強い蕁麻疹の薬とぬり薬も処方され、5日後に再び受診するように言われました。

トリプトファンという物質については、人体に必要は必須アミノ酸の1つということは専門学校で学んでいたのですが、詳しくはどういった作用のあるものなのかはわかりませんでした。

医学書で調べてみると、ほとんどの食べ物の中のタンパク質に含まれているようです。実際にはタンパク質が分解されてペプチドになり、それがさらに分解されるとアミノ酸になりますから当然といえば当然ですよね。

トリプトファンを摂取すると不眠が解消されて快眠が得られたり、精神を安定させる効果もあるということで、睡眠障害やうつの方に良いということも言われているようですが、過剰摂取は今回の私のように副作用が出てしまうので注意が必要なようですね。

プロテインは少し控えめくらいでちょうどいいかも

そのあと、蕁麻疹は日を追うごとにどんどん治っていき、5日後の再受診ではほとんど治っていました。

結果的にはプロテインに含まれるトリプトファンの過剰摂取による皮膚障害という結論になりました。

医師によれば、今後もずっとプロテインを飲んではいけないということではないものの、最初は1回量の半分程度からスタートして、徐々に慣らしてみるのがいいでしょうということでした。

私も再発したら怖いので、それくらいからスタートしようと思っていたのでちょうど良かったということですね。

ただ、皮膚の蕁麻疹が完全に治って跡形もなくなるまではやめておこうと思います。焦って再発したら嫌ですからね。

ともあれ、今回のことをきっかけに、運動、休息、栄養のバランスについて再考してみました。

今は子供の夜泣きで睡眠の質が低下していますし、筋トレも本格的に再開したところに、長距離の旅行でずっと運転手をやっていたのでオーバーワーク気味だったんだと思います。

栄養面でも食欲に波があって食べられない日もあったうえに、その足りない部分をプロテインで補おうとガンガン飲んでいたということでバランスが悪すぎたということが原因だったのかなーと。

実際、今までにもパッケージに書いている量の倍くらい飲んでいた時期(短期間ですが)もありましたが、その時も蕁麻疹が出ることはありませんでした。それってたまたま蕁麻疹が出なかっただけなんでしょうね。

今回のことで、プロテインはあくまで補助であり、過度に依存したり期待するのはダメなんだなーと再認識しました。

今後はプロテインは控えめにして、なるべく食事から必要な栄養を摂取することに加えて、良質な睡眠が得られなかった時は運動量や栄養面を適切に調整して、同じことを繰り返さないようにしたいと思います。

運動量に関しても体調と相談して軽めから再開して、徐々に負荷を増やしていくことや、時には勇気を出して休むということも考慮したいと思います。

いずれにしても、健康を保つために運動しているわけであり、それを補助するためにプロテインを使っているわけです。

逆に健康を失ってしまうのは不本意ですよね。これを教訓にして気をつけたいと思います。

みなさんも気をつけてくださいね。

2017/02/28追記

ほぼ完全に蕁麻疹がおさまってから、一回量の半分の量を1週間に1度だけ、合計で2回だけ飲んでみましました。

結構あっさりと再発しました。量は問題ではなかったようですね。

もしかしたら、牛乳などに含まれる乳清タンパクがダメなのかもしれませんし、甘味料などの添加物がダメなのかもしれません。

今使っているメーカーのプロテインで蕁麻疹になったことはありませんから、他の味のものや、他のメーカーのもの、あるいは大豆プロテインに変えてみるのもいいかもしれません。

可能であればプロテインに頼らなで食事を工夫するということも考えてみたいですね。

2017/03/28追記

大豆プロテインは問題ありませんでした。しばらくこちらを使ってみたいと思います。

参考:プロテインで蕁麻疹が出た私が、今は問題なくプロテインを使えている。その改善策って? | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Comment

  1. くろねこ より:

    プロテインが悪いというよりも、
    飲んでいる製品のなんからのたんぱく質で、
    アレルギー抗体ができてしまったのかもしれないですね。

    • Atsushi より:

      くろねこ さん、コメントありがとうございます。
      まさに仰る通りで、皮膚科の医師からはトリプトファンが疑わしいと言われました。
      また、別のプロテインに変更したら出なくなったり、今まで何ともなかったプロテインである日いきなり蕁麻疹が出たりもしました。
      体調などいろんな要素が蕁麻疹の発症に関わっているようであり、何か1つに絞ることはできないのかもしれません。
      再発しないように気をつけたいと思います。

  2. らら より:

    私も筋トレで蕁麻疹になりました。
    私は2017年から筋トレを初めて2ヶ月頃からプロテインを飲むようになり半年で体重が54キロ~64キロになり肉付きが良くなって絶好調でした。
    ですがある日、突然、体中蕁麻疹になり筋トレ+プロテインは中断しました。
    年末もあって病医院は何処も休みで痒さと戦う最悪な年末を過ごしました。
    年が明けて皮膚科に行き仕事のストレスが原因と言われとりあえず薬を渡されて1ヶ月ほどで治りました。
    一ヶ月のブランクもあり出来なかった分を取り戻そうと夢中でトレーニングに励みました。(勿論プロテインも飲んで)そしたらまた体中に蕁麻疹が出来て筋トレを中断しました。
    現在は蕁麻疹が治り2ヶ月間体に休暇を与えてプロテイン無しのいつものトレーニング、食生活をして様子を見ています。
    数ヶ月何もなければAtsushiさんが仰っていた大豆プロテインにも手を出したいと思っています。

    • Atsushi より:

      ららさん、コメントありがとうございます。お身体はいかがですか?

      現在の私はと言いますと、結局プロテインは大豆のものも含めてやめています。別に大豆プロテインで蕁麻疹が出たわけではないのですが、筋トレってそれそのものが身体にストレスを与えるということですし、運動後は必ず30分以内にプロテインを飲むという制約が更なるストレスになっていると感じたからです。
      それに、やはり理想の身体を追い求め、それをキープするとなるとプロテインは死ぬまで切らしてはいけないものだということになりますから、それも私にとってはストレスになりました。
      今では、悟空のように好きなものを食べたり飲んだりして、その代わりにしっかりと運動を取り入れて、爽快感がストレス発散に働くように設定しています。
      別の記事に書いているように、プリズナートレーニングくらいの負荷がわたし的にはお気に入りです。
      仕事のストレスは、ヨガを行うことで鎮めることに取り組んでいます。
      理想の自分のライフスタイルをデザインし、生活の質がしっかりと高まることが私の理想です。

      ららさんも仕事のストレス、トレーニング、プロテインとご自分の中にいろんなものが交錯していますが、どうかご自愛くださいね。理想のご自分が手に入ることをお祈り申し上げます。

  3. しんしん より:

    はじめまして。数年ぶりに筋トレ再開はじめました。2週間前から少しかゆいなーと思っていたら、昨夜、ものすごいかゆみに目が覚めました。その後眠れず、、。ググってると、この記事に辿り着きました。同じ方がいることに多少安心しつつ、どうすれば?感ありますが、まずはホエイんやめてみます。

    • Atsushi より:

      しんしん さん、コメントありがとうございます。

      痛いとか熱いとかいう不愉快な感覚と比較しても、「かゆい」という感覚はなんとも耐えがたい辛さがありますよね。
      実はこの記事はけっこうたくさん読まれていて、それだけ同じ方がたくさんいるということなんだと感じています。

      さて、蕁麻疹への対策ですが、記事のタイトルにある「疲れているときは特に要注意」というのも、筋トレしているんだから当たり前ですよね。
      なので、いったんは完全に蕁麻疹が回復するのが先決ですが、そのあとで気をつけることといえば、しんしんさんがおっしゃる通りホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテイン、エッグプロテインなどの原材料で分けてみる方法と、使用頻度を下げてみるとか一回に摂取する量を減らしてみるなどの工夫があります。私は医師に「半分くらいから試してみてください」と言われました。あとは、含まれている添加物によってはアレルギー症状が出ることもあると感じてます。
      実は私がホエイプロテインで蕁麻疹が出たのは「イチゴ味」だけでした。風味を出すためなのか、いちごの種のようなものがたくさん含まれたものでしたが、実はいちごも過剰に摂取すると「いちごアレルギー」が出るようなのです。一説によるといちごの種をたくさん摂取するとダメなんじゃないかと聞いたことがありますが、定かではありません。
      現段階ではソイプロテインが私には合っていると感じます。どうしてもプロテインは吸収率や吸収速度の高いホエイプロテインこそ至高というイメージがありますが、ホエイで全然ムキムキにならなかった人がソイプロテインに変えたとたんに筋肉がメキメキつき始めたという人も何人か知っています。
      ぜひ色々と試してみていただきたいです。ご自身にぴったりのものが見つかるといいですね(*´ω`*)

  4. なつやか より:

    はじめまして。
    この2、3日なんだか顔が熱いし、お腹下してるし、肘の内側に湿疹が出てきていて困って検索してこちらにたどりつきました。
    ありがとうございます!
    ホエイ一旦中止します!!

    • Atsushi より:

      なつやか さん、はじめまして。そしてコメントありがとうございます。
      ここ最近、プロテインが原因と思われる蕁麻疹や体調不良を生じている方からコメントをいただく機会が増えており、この記事が多少のお役に立てていることを嬉しく思っております。
      もちろん、プロテインそのものが悪であるというつもりは全くありませんが、それでも現実に体調不良があり、プロテインをやめると体調が回復するというのであれば別のプロテインを試すとか、プロテインそのものをやめて別の方法で筋肉の成長を促す方法をみつける以外にないのかなって思っています。
      私は今、プロテインは全く使用していません。もともと虚弱な体質であり、トレーニングによる疲労も抜けにくい体質ですのでトレーニングそのものの頻度も週に1回か2回程度まで減らしていますが、身体や動きは少しずつ変化しています。食事は極度にタンパク質を多く摂ることはせず、出されたものを残さず美味しくいただくということと、食べ過ぎずに腹八分目を守るようにしています。
      まずは健康な状態をベースとしてしっかり確保し、そこから少しずつ変化させていくのがいいのかもしれませんね。
      なつやかさんの体調が一刻も早く快方に向かうことをお祈りしております。

  5. だい より:

    自分もおそらくプロテインを飲むと蕁麻疹が出ます。プロテインを止めると治ります。そのほか魚を食べた時やEAAを飲んだ時にも出る気がします。。1日に100グラムも取れてるのかくらいの摂取で、タンパク質量が、足りなそうで、とても歯がゆいです。。

    • Atsushi より:

      だい さん、コメントありがとうございます。
      プロテインで蕁麻疹が出ると、トレーニーとしては大きなハンデを背負っている気がして歯がゆいですよね。心中をお察しします。
      お肉を食べた時などはいかがでしょうか。お米や牛乳ではどうですか?
      私は医者ではないので、無責任なことは言えませんが、お米にだってタンパク質は含まれています。
      もしお肉でも蕁麻疹やかゆみが出るようなら、動物性タンパク質ではダメだという可能性があると思います。
      お肉では蕁麻疹が出ないということであれば、プロテインのように一度に過剰にタンパク質を摂取すること自体がダメなケースや、プロテインに含まれている添加物に対してのアレルギー反応という可能性もあります。
      お米では蕁麻疹が出ないということであれば、ソイプロテインのような植物性タンパク質なら良いのかもしれません。

      まずは色々と試してみることも良い方法かもしれません。
      もし植物性タンパク質なら良いということであれば、大豆タンパクのプロテインや豆腐、納豆、きなこなどの大豆中心に食生活をシフトしてはいかがでしょうか。
      世の中には、ベジタリアンやその上位であるヴィーガンのトレーニーでもかなりのマッチョボディを手に入れている人もいます。
      ホエイプロテインからソイプロテインに変更した途端に急に筋肉が発達し始めたなんて人もいます。
      また、プロのアスリートの中にはアンチプロテイン(プロテインを使わない選手)もいて、そのかわり食事をメチャクチャ食べて死ぬほどトレーニングしているようです。
      プロテインを使われていたということは、トレーニングでたくましい肉体を手に入れたい、もしくはダイエットしたいという目的があると思うのですが、いろんな方法があります。一つの方法がダメだったからと諦めずに、健康を損なわない範囲で色々と試してみるのはいかがでしょうか。
      理想のご自分に少しでも近づけるようお祈り申し上げます。

  6. 匿名医師 より:

    蕁麻疹の原因を特定することはとても難しく、多くの場合、証明困難です。
    原因が食物と考えられる場合はありますが、運動そのものが原因と考えられる場合もあります。蕁麻疹の原因はその他にも、疲れ、精神的ストレス、睡眠不足、運動不足、脱水、便秘・下痢、薬、衣服、紫外線‥ など多岐に渡ります。
    アレルギー性の機序、血液学的背景、血管運動性の影響など様々な方面から長く研究されていますが、蕁麻疹発症の詳細な病理学的機序は未だ解明されておりません。

    私事ですが、私も昔から趣味で筋トレを行っておりまして、筋トレ後には毎度ホエイプロテインを摂取しております。
    同時に、日頃から糖質制限を行っております関係で、総熱量を維持するための蛋白質摂取量は、平均の方より圧倒的に多いと自覚しております。
    10年ほど前から、1年に2〜3回、蕁麻疹を発症する事(時期)を繰り返しておりますが、特に何も対策せずとも、私の場合は概ね1週間程度で、蕁麻疹は出なくなります。

    主様の場合も、たしかに食物に含まれる何かがによる代謝産物が蕁麻疹に影響した可能性は否定できませんが、たまたま時期的な何かと重なった可能性もあるかと思います。

    • Atsushi より:

      匿名医師 さん、コメントありがとうございます。
      お医者様ということで、コメントに重みがあります。的確なコメントをありがとうございました。

      蕁麻疹の原因がプロテインである場合や、そうではなく他の要因によってもたらされる場合など、多角的に捉える必要性がありそうですね。
      確かに現在はホエイプロテインを摂取しても、蕁麻疹が出ることはなくなりました。
      さすがに怖くて蕁麻疹が出たメーカーの特定のフレーバーのものは試しておりませんが、そうなるとプロテイン以外の原因も考えられますね。

      現在は筋トレもおやすみ中で、ヨガを中心に取り組んでいます。なるべく自然の食品から、できる範囲でPFCバランスに配慮しており、一時期と比べると筋肉は減りました。また機会を伺いつつ筋トレプロテイン生活に戻ることになれば、アドバイスいただいたことを考慮して取り入れていきたいと思います。

      季節の変わり目ですので、匿名医師 さんも体調にはお気をつけてご自愛くださいね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

病気の時でも笑顔を絶やさないわが子を見て時分に問う。目には見えない娘の頑張りに目を凝らしていますか?

娘が溶連菌感染症に罹患しました。 5歳で初めての発症でしたが、弟くんがすでに経験 …

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2015 えひめ」は「がん」について深く考え偲び向き合う時間

2015年10月18日に松山市城山公園にて開催された リレー・フォー・ライフ i …

「リレー・フォー・ライフ in えひめ 2016」に参加して感じた温度差とモラルの欠如について

毎年この時期になると開催されるのが、このリレー・フォー・ライフ in えひめでし …

インフルエンザ対策にマスクが有効な3つの理由

毎年のようにインフルエンザが猛威を振るいます。逆に考えると、程度の差はあるものの …

同じ状況を目の当たりにして真逆のことを感じること

病院で患者さんやそのご家族と接していると、同じものを見ているのに真逆のことを感じ …

寒い時期に感染症を予防するために私が行なっている、簡単にできて効果が高かったものとは

初詣に限らず、冬はインフルエンザやノロウイルスなどの感染症にかかりやすい時期です …

常に健康に気をつけている私があっさり感染性胃腸炎にかかった3つの理由

先週末は感染性胃腸炎にかかってしまい、すべての予定をキャンセルして寝込んでいまし …

睡眠不足はあらゆるパフォーマンスを低下させる!あなたは今すぐ眠るべきだ!

ありがたいことに、先日ある後輩から指摘を受けました。その内容を一言で言うと「あな …

健康面で余裕がなければ心に余裕がなくなるのは大人も子供も同じこと

先週の月曜日から、2歳5ヶ月の娘がアデノウイルスに罹患しています。通常であれば高 …

兄がうつ病になりました

妹から電話がありました。内容は、兄がうつになってしまった というものでした。 つ …