ネット通販で靴を買うときにサイズがちゃんと合うか不安なあなたへ

      2017/07/02

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

私はブーツがかなり好きです。あまり数多くは持っていませんが、やっとブーツの季節が来たと思うと寒さもあまり気になりません。・・・寒すぎるのはナシです。

いろんなブーツを購入したり品定めしたりしてみたいという思いはあるのですが、私がいま住んでいるところはそれほど都会ではありません。

なので、欲しいブーツが近所の靴屋に必ずあるわけではありません。むしろないものの方が多いくらいです。

必然的にネット通販を利用することが多くなりますが、問題はサイズが合うのか不安なところ。

ブーツはメーカーやモデルによりサイズの誤差が大きい

普通のスニーカーでもメーカーによってはかなり誤差がありますが、ブーツはさらに誤差が大きいです。

私は靴を買うときは28.0cmを基準に選びますが、物によっては26.5cmでもぴったりなこともあります。

もし近所の靴屋に気に入ったブーツがあれば試着して、好みの色をネット通販で探せばいいのですが、これほどサイズにばらつきがあると不安になります。

お店によってはサイズ違いであれば返品可能なところもありますが、なるべく手間は省きたいもの。そんな時、先輩からの一言にとても納得できました。

「そこにコンバースのオールスターがあるじゃろ?」

世界で一番売れてるスニーカーは世界基準になり得る!?

別に先輩がこんな喋り方をしたわけではありませんが、コンバースのオールスターは世界で一番売れているスニーカーで、靴を扱う店の店員さんなら誰もが知っているのではないでしょうか?

なのでネット通販で私が購入する場合は、店員さんにサイズを伝える際に「私の足のサイズは、コンバースのオールスターで28.0cmなのですが」と伝えると、店員さんにサイズが伝わりやすく、サイズ違いのリスクを減らせるとのことです。

ネット通販なんかだと、足のサイズについての共通の認識を得るというのが難しいです。直接会って足のサイズを測るわけじゃないですし、口でいくら伝えてもなかなか伝わらないんですよね。

そんな時にお互いが認識できる物差しのような存在があれば、すんなり伝わります。それが靴の場合は コンバースのオールスター だったというわけですね。

もちろん確実な方法ではないと思いますが、妙に納得してしまったのでシェアしたいと思います。

無用なトラブルをなるべく避けるための助けになれば幸いです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あらゆる時代の流れを目の当たりにしてきた人生の大先輩に学ぶ「変わっていくこと」と「変わらないこと」

ある80歳代の人とお話ししていて考えたこと。 その人はスマホを使いこなしている、 …

人間の人生に優劣や上下はないのだと感じた話

先日、高校の同窓会がありました。約15年ぶりの再会であり、旧友と久しぶりの再会を …

謙虚さは最高の魅力であり、最高の武器でもある

仕事柄、毎日多くの出会いがありますが、その度に思います。話していて気持ちの良い人 …

前を見て上を向いているだけでなく、たまには後ろを振り返ってみよう

あなたの描いている線は本当に真っ直ぐですか? たまには描いた線を振り返り、真っ直 …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …

人前に出ることによる緊張を克服するために私が今までにしてきたこと  #EdgeRankBloggers

私は学童期の頃から人前に出て話をする機会が比較的多い人生を歩んできましたが、もと …

刮目せよ!尻に敷かれ続けた夫が束の間の自由を手に入れたらどうなるのかをなァ!!

「ソウカ、ツマトムスメガ・・・リョコウニナァ」 今週に入ってブログのテーマ変更に …

収穫の秋の到来!私が声を大にして語りたい「今年の収穫」とは #shukaku2015

11月も半ばにさしかかり、もうそろそろ今年を締めくくる季節になってきたんですかね …

開き直って行動に移してみると本当に見える景色が変わるとわかっているのになんでやらないの?

まさにタイトル通りなのですが、新しいことをやろうとしたときにはどうしても臆病にな …

コンフォートゾーンから脱出せよ!常に冒険者であることは自分の殻を破るためには絶対必要!

コンフォートゾーン(ここではわかりやすく安全地帯とでも置き換えましょうか)からの …