ブログを書くということを心の負担にしないために私が気をつけていること

a0002_005910_m.jpg

今までに何度も周期的に ブログから遠ざかりたいなー と感じる時期がありました。そういう時ってブログに過剰なまでの熱量を注ぎ込んでいる時だと後から気付きます。

ただ頭では分かっていても、結局何回も同じことを繰り返してしまいがちです。

でもここ最近ではそういったことも少なくなってきたので、そうなった経緯や考え方を書き残しておこうと思います。

ブログとは、私にとっては「あくまで生活の一部分」

私が無料ブログをやめて「レンタルサーバー」+「独自ドメイン」という今のスタイルでブログを開始したのは、プロブロガー本の影響が大きいです。

なので無意識にプロブロガーや人気ブロガーのブログを意識してブログ運営をしていました。

結局「プロブロガー」を参考にしてもブログ飯しているわけじゃないんだし、更新頻度やデザインなど全てを真似する必要はないのですが、知らずにそうなってしまい、自らのハードルを上げていました。

そしてこれに気付いた時にものすごく気持ちが楽になったのです。

読者のことを考えるのも大切だけど発信者のコンディションも大切

次に考えたのが、読者目線で書くということ。あくまでこれはgoogleの目線で書くということではありません。

読者が求めている情報を、誰でも理解できる言葉で書くということは文章を書く上では非常に大切なことです。

でも逆に考えると、自分のために書き残しておいたものが、計らずして他者の役に立つということもあります。

私の場合であれば、自分が勉強になったことや調べたことをノートに書くのではなくブログに書くことで、同じような悩みを持っている人の助けになる「かもしれない」ことを目的にブログを書いているところもあります。

なので記事の中には思いっきり「自分目線」で書いていて、もしかしたら読む人によっては何のことを言っているのかわからないような文章もあると思います。

もちろん読者に親切なブログはすごく魅力的ですが、場合によっては自分のためだけの記事というのもアリなのかなーと思います。

あまりに読者に歩み寄りすぎると、場合によっては自分の考えをストレートに表現できなかったりしますから、そこを微調整することがストレスになります。

感情のままに書き殴った文章の方が、書き手としては気持ち良いですね。

そればかりでもダメなんでしょうけど、読む人にとってはどうなんでしょうか?そんなに気を使わなくても楽しんでくれる人もいるでしょう。

逆に書き手の個性にまで進化させれば大丈夫かも。

「常識」を鵜呑みにしないことが大事

私も「ブログ運営論」的な記事を書いています。この記事ももしかしたらそういうカテゴリーに属するのでしょうか。

ブログを書いていて、ブログ運営に関する情報を集めていると必ず出てくるのが「アクセスアップ「とか「バズる方法」など。

でもバズったりPVをアップさせることってストレスになりがちなので「過度」に意識しないようにしたいと思います。私の場合はね。

日々の出来事やイベントなど、「記事にしたい」と感じたことを記事にして、その記事が勝手に誰かの役に立つのが理想ですね。

なのでそうなるように運営していきたいと思います。そもそもサラリーマンをしながらそんなことまで考えながらブログ書けないというのが本音です。

ブロガーであり続けることで精一杯です。楽しいですけどね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です