ブログ記事の文字数が多い方がSEOに有効なのか

      2015/09/19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

ノートと鉛筆

当ブログも、ある程度は記事を書くことが習慣化されてきていますので、次に考えるのがどうやったらたくさんの人に読んでもらえるようになるのかということです。せっかく書いているのですから、できればたくさんの人に読んでほしいと思っていますので。

ブログのアクセス数(PV)についての自分の頭の中を整理してみる | 歳月庵

今まではあまりにも苦手意識が先行してしまい、なるべく触れずに来ていた「SEO」というやつです。日本語でいうと「検索エンジン最適化」といわれるSEOですが、毛嫌いすることなく、可能な範囲で取り入れたいと思っています。そもそも、私が記事のタイトルにあるように「文字数」を意識するようになったのは最近のことです。

記事を書くことを習慣化するために触れなかった「文字数」

それほど長い文章は書いていないつもりですが、正確な文字数は把握していません。だいたい1,000文字くらいは書いているのかな?

SEOに有効なのは文字数ではなく、記事が有益で魅力的なものかどうかだという意見もあります。私はプロのライターではないので短文で言いたいことをすべて伝えることはできませんから、気合を入れて書いたらおそらく文字数は多くなります。

SEO的に有効なのは1,000文字とも3,000文字とも言われていますが、毎回3,000文字はきついですね。昔ならともかく、今の私のライフスタイルで毎日の記事を3,000文字書くなんてとても無理です。

植物(ブログ)に1,000文字ほどの水をやり続け、たまに3,000文字ほどの肥料(栄養)を与えることでブログという植物を育てていくイメージなら、、、なんとかできるかな?

過去記事でバズった記事を思い返してみる

具体的に「この記事だ」という紹介は省略しますが、私にも数回はバズった経験があります。思い返してみるといずれもかなり気合を入れて書いた記事で、頭の中にあることを全部そこに置いていくというイメージでした。おそらく3,000文字なんて軽く超えていたと思います。このイメージがあるから「本気で読まれたいなら量のある記事を書く」という固定観念があるのだと思います。

ただ、先ほども述べたように文字数を3,000文字とか設定すると満足いく記事が書けるのは1ヶ月に数回くらいでしょう。ハードルが高すぎて記事を投稿することがストップしてしまいそうです。

また、言い回しなどを工夫して1,000文字程度の記事を3,000文字程度に膨らませてもダメですよね。あくまで「有益な情報」でなければ文字数だけを増やしてもダメです。

しっかりとした取材なり下調べなりしておいて、読者に有益な情報だけで3,000文字程度のボリュームの記事を書くのがいいってことかな?でも仕事場と家を往復するだけのサラリーマンの私が毎日、3,000文字書けるほどのブログのネタになるような経験や取材ができるかというと、、、またこれも難しいですね:(

記事を見てもらうのは読者?それとも検索エンジン??

そもそも私がSEOというものに苦手意識を持っていたのは、誰のためにこれを重視するのかということ。

ある記事を書いたとして、それをTwitterなどで紹介します。すると「おっ、面白そうだな」と見に来てくれるなら、それはリアルワールドでのお店でもやっている手法ですね。客引きやテレビコマーシャルのような宣伝活動みたいなものでしょうか。

でもこのSEOというのは検索エンジンで上位表示してもらうための手法であり、読者に見に来てもらう宣伝活動とは似て非なるものだと思います。濃密にSEO的な対策を施した記事は、それだけでは読者に対して必ずしも有益で楽しい記事とは限らないと思うのです。

そんなイメージがあったからSEOに着手してこなかったのだと思いますが、今はちょっと視点を変えてみています。

読者に有益な情報をもたらそうと、膨大な知識や経験を集約してわかりやすい文章にして一生懸命書く。その結果、約3,000文字くらいになり、自然とSEOが効いて上位表示され、さらに多くの人に有益な情報が拡散されていく、、、。一番いい形です。理想ですね。

結論:浅い記事をより深く掘り下げてみることから始めます

実際にやってみないとわからない領域ではありますが、今までの私の薄っぺらい表面だけの記事から、ちょっと掘り下げて(話の軸が脱線しない程度に)読者に有益な情報の密度を高めてみようと思います。

そんなにイメージ通りにいくのかどうかはわかりませんが、何かしらのアクションを起こさないと変化はないのです。

今の自分を変えたいなら、無理をしてでも新しい世界に飛び込んでいくことも大切だよ | 歳月庵

記事数に依存することなく、伝えたい情報を出し惜しみすることなく書き続けていって、結果的に文字数が増えてSEOに有利に働いていくようなブログ運営が理想です。

ちなみにここまでで約2,000文字です。参考までに、、、。

 - ブログ運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

多方面からみる自分のブログのカラーとは

当ブログは雑記ブログです。これまでもそうですし、これからもそれは変わりませんが、 …

自分のブログやサイトのグーグルアドセンスを誤って自分でクリックしてしまった時の対処法とは

昨日、夜中にウトウトしながら自分のブログをチェックしていて、間違えてグーグルアド …

うーん、このブログは「何ブログ」なんでしょうか?

こんなの考えたってしょうがないことはわかっているのです。今回この記事を書いたのは …

歳月庵が4周年を迎えたので、振り返りと今後の展望を書き残しておくよ

当ブログは2012年4月14日に最初の記事を投稿しました。なので今日で4周年とい …

ブログに設置してあるソーシャルボタンをカスタマイズ。フォローボタンに引き続いてシェアボタンに着手

前回の記事でも触れましたが、今回はその続きです。設置間隔がメチャクチャにズレっぱ …

読まれるブログにするために初心者が行うべきたった1つのSEOコンセプトとは

当ブログは2012年4月に開設しましたので、もうすぐ4周年を迎えます(ちょっと気 …

ブログを立ち上げて1ヶ月足らずの現時点で私が気をつけている3つのこと

ブログが消滅してから1ヶ月足らずですが、とにかく記事を書き続けることに精一杯にな …

履歴書から学ぶ「自分のことを知るために自分に問いかけてほしい8個の質問」

人間は自分で思っているほど自分のことをよく知らない生き物です。自分は本当はどのよ …

ブログを再び軌道にのせようという気持ちになるまでの私の足跡

ここ数日、ようやくブログを書けるようになってきました。 今までなぜ書けなかったの …

ブログを5年半続けてきて到達した、私のブログ運営論まとめ

ブログをある程度の年月をかけて運営していると、なんとなく自分のやり方ができてきま …