ブログをやっていて嬉しかった6つのこと

      2015/11/18

Pocket

e93890c83094fdc41facd81d2a4a088a.JPG

当ブログは誕生してからもうすぐ3年半が経過しようとしています。ブログサービスを利用して日記ブログを書いていた時から計算すると5年半くらいですね。我ながら消えず栄えず、よくもここまで細々とブログを運営してきたもんだと感心します。

そして、今までブログを運営してきた中で感じるのは、ブログというのはただ単に文字を書き連ねるだけのものではないということ。別に画像や動画も挿入します、とかそういうことではないですよw

今回は、私がブログをやってて良かったことや嬉しかったことを感じたままに書き連ねてみたいと思います。

勇気を出して新しいことに飛び込んでいくことの嬉しさを知った

一番最初にブログを開設したのは2010年の5月でした。本当はもっと前から興味はありましたが、自宅と職場の往復にイソイソと励んでいて、それで精一杯のステレオタイプな毎日にかなり生活を圧迫されていましたので、なかなか踏ん切りがつきませんでした。

しかも私はインターネットというのは調べ物をするものという程度の認識しかなく、それくらいの用途でしか利用してきませんでしたので、ブログとかSNSというものに無頓着でうとい人間でした。ブログに関してはインターネット上の日記という世間的な認識を鵜呑みにして「なんで日記をネット上に書くんだ?意味がわからん」とか思っていましたw

でもある瞬間に、このステレオタイプな日常を打ち破ろうとブログを始めました。理由は流行っていたからです。きっかけはよくあることですが、ブログを書くということに飛び込み、ただの日記から情報発信というスタンスに出会い、ブログに関する書籍を買い、Twitterで会ったことのない他のブロガーにメンション送ってみたり、オフ会に参加してみたり、、、色んなことに勇気を出して飛び込んでいくことで自分の世界がどんどん広がっていくことに快感を感じてしまいまして。。。

ネット上でも職場でもどこでもそうですが、やはり勇気を出して新しいことに飛び込んでいくというのは非常にエネルギーを使いますので私は性格上かなり避けてきましたが、それ以上に得るものの方が大きかったので、今ではこれがブログをやる上で一番の恩恵なんじゃないかと思います。

3f04bb504813a8cc0126d16eab2b9389.jpg

新しい友人ができた

TwitterなどのSNSで交流があったり、それがきっかけでオフ会に参加したり、そこからさらにつながりができたりと、ブログを始めなければ出会わなかったであろう友人がたくさん増えました。みなさんブロガーというくくりで出会いましたのでそこは共通であっても、全く違う仕事を持っていて、別々の価値観があり、それぞれの土地で生活しながら、特色のあるブログを運営されていますので、常に同じような日々を過ごしてきた私にとっては非常に刺激的でした。

出会いってある程度こちらからの歩み寄りがないと、なかなか得難いものだと思うのですが、そうやって勇気を出して飛び込んでいくことで私の世界は飛躍的に拡大していきました。もちろん今でも交流はありますよ。ブログやSNSのアイコンで使っている似顔絵だって、オフ会で知り合った『yossense(ヨッセンス)』のヨス(@yossense)さんに作ってもらいました。

新しいものの捉え方が身についた

ブログを書く世界に飛び込んだ人は、だいたい他人の書いたブログを読むということにも飛び込んでいると思います。順序が逆かな?

私は普段から情報を鵜呑みにする傾向がありまして、ネット上やリアルワールドでも、他者からの話を「ふむふむ」ってそのまま受け入れちゃうんですよね。でもブログを書くようになってから、少し考えが変わりました。

たとえばブログ書いてると誰しもが経験するであろうネタ切れになると、どうにかしてネタを絞りだそうと必死になります。すると普段であればスルーするような些細な出来事も、「おっ!?これは特ダネだなぁ!!」ってウキウキしちゃうわけです。

同じ出来事でも当然ですが視点が違ったり、見る深さが違えば解釈は自ずと違ってきます。ブログを始めるまでのステレオタイプな毎日ではかなり多くの特ダネを逃していたことになりますからもったいないですね。この視点や捉え方を身につけてしまえば、ペットボトルのキャップを落としてしまってもそれがブログのネタになりますし、ちょっと廊下でつまづいてもそれがネタになりますし、少なくともボーッと時間が過ぎていくということはなくなります。

PC.jpg

個人が自由に情報発信できることの楽しさと難しさを知った

ブログを始めて一番の衝撃は、検索エンジンで検索してみると自分の記事が普通にヒットするという経験です。つまり自分が書いた記事が、世界中の誰もが検索すれば見つけられるということです。もちろん最初はブログ名+記事のタイトル名で検索してみたので出てきて当たり前ですが、これはつまり自分の主張が日本中はおろか世界中の人に届けられる可能性を秘めているということと、情報発信にこんなに簡単に参加することができるのだということが私の胸を高鳴らせました。

それと同時に、ある記事を書いた時に「これは間違えている。こんなことはあり得ない。もっとお勉強してから書いてください、ボケカスが!!」みたいなコメントをいただくことがありました。正直、もっと他に言い方があるだろうが!!とも思いましたが、間違った情報を発信するということは、それを受け取る人に間違った知識を植え付けてしまう可能性があるということの重大さに気づかせてくれました。

実際その人に対しては真摯に対応してことなきを得ましたが、この人が優しく諭してくれるような言い方だったら、間違えたら修正すればいいやくらいの軽い考えで終わってしまい、私はことの重大さに気づけなかったかもしれません。かなりムッとするような言い方のコメントだったので今でも、そしてこれからも忘れることはないでしょうね。

興味の幅が広がった

先ほどネタ切れになると、ものの捉え方の精度が高まるみたいなことを書きましたが、それと同時に興味は多方面に向かっていきます。もちろん色んなブログを読んでいるからというのもありますが、今までなら絶対にやらなかったようなことでも、これはトライしてみて感想をブログに書いてみようみたいな動機で色んなことにチャレンジするようになり、興味の幅が広がりました。

何事も食わず嫌いはよくありませんよね。毛嫌いしていたものが、実際にやってみると以外と楽しかったりするわけです。そして、私の妻はけっこうアグレッシブな性格なので、波長が合うようになりました。それまでは妻の外出したいという欲求に対してイヤイヤ付き合うという感じでしたが、今では満場一致で出かけられるようになりました。これはうれしい誤算でした:)

2b3f1736c2bdfae0f5a3a65f89f12758.jpg

生涯にわたり楽しめる趣味がみつかった

ブログには定年もありませんし、よほどの事情がなければ生涯にわたって続けられる趣味だと思います。あなたはこの先50年にわたって楽しめる趣味ってどんなものをお持ちですか?

私はけっこうスポーツとか筋力トレーニングが好きですし、バイクに乗ってツーリングなどもしますし、ヨガもしますし旅行もしますし、、、でも、それらがいつまでできるのかはわかりません。正直、体力の限界がくればできなくなるような趣味がほとんどじゃないでしょうか。

ブログは、物事に対して何かを感じられる頭脳と、文字を入力できるスキルがあればいつまででも続けられます。もしタイピングができなければ音声入力というてもありますし、老いに負けにくい趣味ではないでしょうか。

また、書いた記事はそのままその人の「歴史」となって残ります。この人が何を考えてどういう行動を起こしたのか。このニュースに対してどんな気持ちになったのか、どんなことに興味があったのか、などその人の全てがそこに凝縮されます。実際に自分の過去の記事を検索してみると、「昔はこんなこと言ってたんだなぁw」なんて思い起こすことができて楽しめています。

「生涯ブロガー」はハードル高くないし楽しいよ

いかがだったでしょうか。多分もっと探せばブログやってて良かったことや嬉しかったことっていうのはたくさん出てきそうですが、ひとまずこの辺りにして筆を置きたいと思います。べつに筆はとってませんけど。

最後にさらっとまとめてみると、結局ブログやってると新しいものの見方や別世界の友人ができるから、刺激のない毎日から抜け出すきっかけとしていいんじゃないかなーと思うわけです。そして最後にはそんな自分の人生がぎっしり詰まった世界に一つだけのブログという作品が出来上がるというのが何よりのメリットです。

おいしいものを食べても、楽しい経験をしても、それだけで終わってしまったら時間は淡々と過ぎていきますから、数ヶ月〜数年も経過してしまえば後にはなにも残りません。ぜひブログに書き残して、世界と共有できる自分だけのメディアを運営してみませんか?

そうすることで、ブログはあなたのかけがえのない日記になり、履歴書になり、有益なコンテンツが蓄積されたホームになることでしょう。私もそれを目指しています。

、、、なーんて熱く語っちゃいましたが、こうやって熱く語れるものが見つかったというのが最高に嬉しかったことだと思います:)

以上、「ブログをやっていて嬉しかった7つのこと」でした。(え

Reference

「Edge Rank」9月の共通テーマは「ブログをやっていてよかったこと」 | 明日やります

 - ブログ運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブログ再考:#02 ブログ更新を継続するための時間はこうやって確保する

ブロガーの目の前に、ほぼ100%の確率で立ちはだかるのが「時間」という壁です。こ …

ブログが書けなくなった時は「書かない」という選択肢が効くぞ(私見)

あくまで私見ですが。 先日書いたエントリーに私がブログを書けなくなった経緯を記し …

Google Adsenseをブログに導入した経緯とその方法とは

当ブログでも以前はGoogle Adsenseをブログに貼っていましたが、ブログ …

ブログ再出発から1ヶ月が経過しての客観的な分析と雑感

当ブログが再出発してから1ヶ月が経過しました。ガムシャラに記事を書きつつソーシャ …

たった8記事しかないブログで30,000PVを叩き出した私のSEO戦略とは

以前に、私がサブブログとして運営してる「SR Fan.jp」というブログが、たっ …

2014年がスタートしました。当ブログの新年の抱負は?

みなさま、あけましておめでとうございます(*´ω`*) 今年も「歳月庵」、そして …

家業の農業をすることでブログ運営に好影響をもたらすということ

我が家は家業として米農家を営んでいますが、それ以外にも「シキミ」の栽培も行ってい …

今年も1年「歳月庵」にお越しいただき、ありがとうございました

今年最後の更新です。 今年は激動の1年でしたが、ブログに関して言えば消失してしま …

ブログアクセスアップはブロガーにとっての必須命題か?

疑問系のタイトルですが、私は必須だと考えます。ブログはインターネットを介して多く …

あなたが立てた『今年の目標』は5年後や10年後のなりたいあなたに近づけるものですか?

年の始めというのはなにかを始めるのに適しているように思います。新たな気持ちで物事 …