読まれるブログにするために初心者が行うべきたった1つのSEOコンセプトとは

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223 (1)

当ブログは2012年4月に開設しましたので、もうすぐ4周年を迎えます(ちょっと気がはやいかも)。

開設当初は何を書いていいかもわからず、半ば日記ブログの延長として運営していましたが、途中からは情報を発信するメディアとしてのスタンスを意識して運営していく方針に舵を切りました。

さらに最近ではSEOの知識を習得すべくオンラインサロンへ参加したり、SEO関連のブログ記事を読みあさったりして知識をインプットしています。

今ではインターネット上に無数のノウハウが溢れていますが、それらの知識を初心者がいきなりすべて取り入れるのは至難の技でしょう。なんせ初心者なんですからね。

でもたくさん情報を集めていくと、ある共通したコンセプトに基づいていることがわかりました。これさえ念頭に置いておけばひとまず大丈夫だと思うのです。それは 読者のために読者目線で書く ということです。

SEOとは読者のために行う「気遣い」の集大成である

これを説明するには、インターネット上にある様々なSEOの方略について説明していくのがわかりやすいのですが、今回は代表的なものを例に出して説明していこうと思います。

タイトルにはキーワードを含める

これはもはや当たり前になっていることですが、タイトルには必ずキーワードを含めるというのが大切です。

マネークリップを9年以上使っている私がその良さを語り尽くすからよく聞け! | 歳月庵

たとえば先日書いたこちらの記事だと、マネークリップ について書いた記事ですから、タイトルにはマネークリップの文字が入っています。

こうしていないと、マネークリップに興味を持っている人が検索エンジンで マネークリップ と検索しても引っかかりませんからね。

逆に言うと、読者がどのような情報を求めていて、検索エンジンにはどんなキーワードを入力すると、自分のブログに書いている有益な情報を得ることができるのか、ということを考える必要があり、それを実現するためにはブログタイトルにはキーワードを含める必要があるというだけです。

見出しをきちんと設定する

私のブログも、見出しをきちんと設定したのはここ数ヶ月の話です。それまではけっこダラダラと文章を書きなぐっていましたが、適切に区切られた文章は読みやすく、見出しだけを読むだけでも内容が把握できるくらいが理想だと言われています。

せっかく読者に読みに来てもらえているのだから、気持ち良く読んでもらえるように文章の構成にも気遣いが大切ですよね。いくら素晴らしいことが書いてあっても、読み手にそのまま伝わるかどうかはここにかかってきます。

言いたいことがうまく伝わっていないのであれば、見出しをつけて適切に区切り、最後まで読まれる気遣いをみせることで解決できるかもしれません。

冒頭部分で結論を述べるか、以降に書いていることを明言する

これは現実社会でも同じですが、職場の上司、特に幹部クラスの人と話す時は「まず結論を言え!」と何度か怒られたことがあります。

このクラスの人は非常に多忙なので、長い前置きに時間をとられたくないですから、簡潔に結論を述べるのが鉄則です。

たとえば「先日の〇〇の件ですが・・・」と話を始めた後に、「実はかくかくしかじかで、こんなことがあったので、Aにしようと考えていたのですがそれが難しく、逆にBにするとこんなデメリットもありますがなんとか形になりそうなので止むを得ずBにすることにしました」みたいな説明や根拠から話し始めるのはNGです。

よってこのケースなら「Bになりました」の一言で十分です。理由が気になるようなら聞き返してくるはずですから、そこで初めて経緯や根拠を述べればいいんです。聞かれなければスルーです。

これはブログにも言えます。読者の貴重な時間をもらっているという感覚が身につけば、なるべく結論から書いていくのが自然な流れです。

でもそれだけだと文章が超短いために情報発信を目的としているブログの記事としては不十分です。それに読者のレベルも様々なので、理解できる人もいれば詳細な説明が欲しいという読者もいるでしょう。なので、冒頭文以降に詳細な説明を加えるのです。

読者は冒頭部分だけで理解すればそのまま離れることができますし、詳しく知りたいと思えばそのまま読み進められます。こういった選択肢を与えるというのも気遣いのひとつです。

わかりやすい表現や言葉遣い

私はリハビリテーションの専門家ですので、当然それに関連した専門用語もたくさん使います。もしリハビリテーションに関連した記事を普段の職場の会話のまま書くと、アルファベットの略語が飛び交うことになり意味不明な文章になります。

たとえば「FNFxに対してORIFを実施して5PODです。現在NWBにて平行棒歩行が可能です。ROMは屈曲90°、伸展-10°です。SLRはできません。」とか言われてもよくわからんでしょう。

これをわかりやすい日本語にして記事にするということを無意識にできるようになることは必須です。上記の文章で言えばこうなります。

「大腿骨頸部骨折に対して骨を接合する手術を実施して、術後5日目です。現在は体重をかけない状態で平行棒という両側手すりの器具の中を折れてない脚の体重支持だけでケンケン歩行することができます。関節可動域は前方に90度曲がります。後方へは-10度曲がります。あおむけに寝た状態で膝を伸ばしたまま脚を挙げることはできません。」

となります。まだ若干の専門用語が混じっていますが、最初と比べたらはるかに伝わりやすい文章になったとおもいます。

あとは漢字とひらがなの割合とか伝わりやすい言い回しなんかも試行錯誤しがいのある課題です。

現実世界の商売と同じ感覚で読者をもてなす

こちらが価値のある情報を記事にして、読者がそれを受け取る(あるいは検索で読みに来てくれる)という構図から考えると、読者とブロガーのキャッチボールなんですよね。

相手はこちらに対してグローブを開いて「こんなボールが欲しい」と構えています(こんな情報が欲しいんだと検索エンジンを通して要求しています)。

こちらが投げた球が適切な方向・強さ・速さであれば、相手に適切に届きます(読者の欲しい情報であれば適切にそこに届きます)。

こちらは有益な情報を提供し、読者はそれを有益だと思うから読むのですから、やるべきことは自然と決まってきます。実際の商売と同じ感覚ですね。

まずは詳細なテクニックよりもコンセプトを理解するのが近道

ここで挙げた例とは別にたくさんのSEOテクニックがありますが、私の場合はコンセプトとして「読者目線で記事を書く」ということをお勧めします。これだけで、巷で言われているSEOテクニックのある程度の部分をカバーできると思いますし、後で詳しい情報を得る機会があってもすんなりと吸収できる体質になれるはずです。

逆にこれに当てはまらないようなSEOテクニックというのは、かなり難易度の高いものになると思います。私も十分には取り入れられていませんし、私の知らないテクニックもあるかもしれません。

でも脱・初心者の第一歩としてはこれが近道じゃないかと思うのです。一度に難解なテクニックを取り込みすぎてパニックになるよりは、読者のためにというコンセプトは非常にわかりやすい考え方です。

「読者目線で記事を書く」をさっそく実践してみよう

次に記事を書くときからは、書き上げた時に何度か読み返してみましょう。わかりにくい表現はないか、タイトルは読者目線で設定されているか、見出しだけを読んでも言いたいことが伝わるか、前置きの長さは適切か、または結論をちゃんと述べているか。。。

それ以外にも、読者のためになる施策があれば、それが適切なSEOにつながっていくでしょう。記事の最後に関連する記事を掲載するのだって、読者ならどんな情報を欲しがるのかを考えて、有意義な情報への導線をきちんと作成することは非常に有益ですよね。

アイデアはどんどん出てきます。コンセプトさえ身についていればね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ブログ運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分の主張や考え方がコロコロ変わるのは別にダメなことじゃないよ

私は今までの34年の歳月の中でいろんなライフイベントを経験するたびに、当然ですが …

SEOはブロガーの必須科目?「できるけどやらない」のと「できないからやれない」ことの違いって?

私はSEOの知識はほとんどありません。 無視してきたわけではないのですが、本を読 …

誕生日ケーキ
歳月庵が5周年を迎えました。今までの振り返りと今後の展望など書き残しておくよ

当ブログは2012年4月14日に誕生しましたので、つい先日ちょうど5周年をを迎え …

たった8記事しかないブログで30,000PVを叩き出した私のSEO戦略とは

以前に、私がサブブログとして運営してる「SR Fan.jp」というブログが、たっ …

ブログに書こうと思ったことはその時に書かないと後悔すると感じた話

  タイトルが全てを物語っています。 最近は記事に書こうと思ってもなか …

自分の個性をみつけてアピールする大切さとは

最近、ある人にこんなことを言われました。 「最近の歌(歌手)はすべて同じに聞こえ …

ブログを立ち上げて1ヶ月足らずの現時点で私が気をつけている3つのこと

ブログが消滅してから1ヶ月足らずですが、とにかく記事を書き続けることに精一杯にな …

ブログを5年以上運営しても結果が出ない人に知ってほしい「10年先を生き残るために情報サイトでオーソリティーを目指す」という考え方

ブログを運営していく上で、誰もが悩んだり迷ったりすると思います。このブログをスタ …

「歳月庵」の管理人のAtsushiです、はじめまして(2015年9月18日更新)

はじめまして!!ブログを始めたばっかりでドキドキしている「愛媛ブロガー Atsu …

838記事あるメインブログより、たった8記事しかないサブブログのほうがPVが高かった理由を考えた

このての記事は書くつもりがなかったのですが、どうにも困ったことになってきたので筆 …