本堂に書かれた落書きにも歴史的な価値がある「49番 浄土寺」に行ってみた【四国八十八ヶ所霊場】

IMG 2524

松山市の中心に向けて進んでいくと交通量も多くなり、ザワザワしたイメージもありますが、実際にお寺にきてみると全然そんなことはなく、清閑な雰囲気です。

49番 浄土寺」は、さすがに街中だけあって駐車場などの設備はしっかりと確保されています。

距離的には「48番 西林寺」からは3km程度しか離れていませんから、テンポよく参拝することができます。

前回の記事はこちら:

「48番 西林寺」はきれいに整備されたコンパクトな境内に歴史が凝縮しています【四国八十八ヶ所霊場】 | 歳月庵
スポンサーリンク

西林山 三蔵院 浄土寺

IMG 2514

「さいりんざん さんぞういん じょうどじ」と読みます。こちらの寺は石段を登っていくと見えてきます。

街中とは思えないほどの静かさですので落ち着いて参拝することができます。

IMG 2517

こちらが本堂です。厨子(ずし)といわれるところには室町時代から江戸時代のお遍路さんが書いた落書きが残っています。

残念ながら非公開となっていますが、これも貴重な歴史的資料ということになります。非公開と言われると、ぜひとも観てみたくなりますね。

IMG 2520

右隣には大師堂があります。こちらも忘れずに参拝します。

このお寺も構造的にはシンプルですから、迷子になることはないと思います。

IMG 2522

納経所に行く道中にはきれいに手入れされた花壇があります。心遣いが感じられますね。これぞ「おもてなし」ですね。

IMG 2513

ん?46番札所の浄瑠璃寺でも見たような・・・でもこちらは囲いがありますから、勝手に入ってはいけないようです。

バイクお遍路のポイント

県道334号沿いに大きな看板が出ています。そちらが大型バスも駐車できる駐車場です。

山門前にも駐車場がありますので、途中は狭いですがバイクであれば難なく入れます。いずれもしっかりと舗装整備されています。

有料駐車場であり料金は納経所で支払うのですが、確か1回目に訪れたときは 無料 だと言ってくれましたが、2回目に訪れたときは50円とおっしゃいました。

普通車は150円・ワゴン車は300円という設定なので、それとくらべるとバイクは格安ですが、このお金でお寺の修復などの維持費をまかなっているということなので、私はあえて普通車料金を納めました。

それを見ていたのか、奥からボールペンなどの品を持ってきてプレゼントしてくれました。「お接待ですよ」って。

こんなやりとりがあるのが、いかにも四国お遍路っていう感じがして嬉しいですね。

市街地ならではの注意点「盗難」にご注意を

これは市街地に限ったことではありませんが、危険度は増してきます。

実はこういった有名なお寺の駐車場というのは 車上荒らし などの実例があるようです。不届きな輩もいるものですね。

でもそう言っていても始まらないので、自分たちの身は自分で守るしかありません。

特にバイクって荷物をバイクに縛り付けているだけなので簡単に盗まれちゃう可能性が高いのです。貴重品は常に身につけておきましょう。

さらに言えば、この「49番 浄土寺」の山門前の駐車場というのは奥まった見通しの悪い場所にありますから、(個人の意見としては)狙われやすいという印象があります。

せっかくの旅なのに楽しい気分が台無しになりますから十分ご注意ください。


大きな地図で見る

スポンサーリンク