エアコンの室外機の熱風には要注意!ベランダのミニトマトが枯れました

      2017/06/17

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

我が家のミニトマトが連日の猛暑に加えてエアコンの室外機の熱風に晒されて虫の息であることを以前の記事でお伝えしましたが、そろそろ本当に終わりそうです。

写真からもわかるように枯れてしまっています。こうなるともう復活させるのは無理でしょう。水もたくさん与えてみましたが、変化ありません。

前回の記事はこちら:夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと | 歳月庵

最後の意地を見せるミニトマト

左右でこんなに対称的ですが、ほぼ終わっています。冒頭の写真なんかは、ヘタまで茶色なのに実をつけていますね。

こんなことってあるのでしょうか。植物の強さを感じます。

プランター菜園というのは置き場所を自由に選べて変更できるというのがメリットですが、今回の件で どこにでも置いていいというものでもない のだということを学びました。

特にエアコンの室外機のそばでミニトマトを育ててはいけないということがわかったことが、一番の収穫でした。

トマトが収穫したかったのですが違うものを収穫してしまいましたね。

ミニトマトは9月上旬くらいまで

品種により多少の違いはありますが、一般的にミニトマトの収穫は9月上旬くらいまでなので、この写真に写っている実が最後になりそうです。

時期的にもちょうどいいくらいまで頑張って実をつけてくれました。

今年はただでさえ暑かったのに、エアコンの室外機という誤算があったため更に生育に悪影響が出ましたが、それでも頑張ってくれました。

普段は実家の畑で育てていたので風や熱の影響なんてあまり気にしたことがありませんでしたが、こうやって都会(?)の賃貸住宅に住むようになってベランダで育てようとするとこういう失敗があるというのはいい経験になりました。

農家の息子なので野菜を育てることには自信がありましたが、今回のことはとてもいい勉強になりました。

無知な私が育てた割には今まで美味しいトマトを収穫することができたことに感謝したいですね。

今回のベランダ菜園での教訓は「エアコンの室外機に気をつけろ」

完全に誤算でした。この分だと秋冬物の野菜なんかにも影響がありそうですね。もし育てる時には気をつけないといけませんね。

エアコンの室外機の熱風はベランダ菜園の大敵だという教訓をもとに、次の野菜を育てる時は気をつけたいと思います。

ミニトマトの育成記録についてはこんな記事も書いています:

  1. ベランダ菜園でミニトマトを育てています | 歳月庵
  2. ミニトマトが色づいてきました。一方で大葉は・・・【ベランダ菜園ログ】 | 歳月庵
  3. ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】 | 歳月庵
  4. ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】 | 歳月庵
  5. 夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと | 歳月庵

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly

  関連記事

プランターを使ったベランダ菜園でミニトマトを育てています

私はベランダに大きめのプランターを設置してベランダ菜園をしています。 以前はネギ …

父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしま …

稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】

毎年、稲刈りはこの時期に行います。今年もほぼ例年通りの予定で稲刈り作業を行いまし …

妻がスーパーで買ってきた「豆苗」を再収穫すべく育ててみる

本日の鍋の具材として 豆苗 というものが入っていました。 私は今までの人生におい …

2016年の稲作農業の途中経過と農業について想うこと

田植えをしてから約2ヶ月が経過しましたが、順調に育っています。植えた苗がちゃんと …

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …

ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】

朝起きてベランダのミニトマトをみてみると、真っ赤に色づいていました。しかもたくさ …

田舎の稲作農家とは草刈りばかりの毎日だ【百姓日記】

私の住んでいる地域は稲作農家を営む人が多い地域です。しかし少子高齢化の影響で後継 …

ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】

昨日も同じ「ミニトマト」の記事を書いたのですが、恐ろしいほどの変化の早さです。色 …

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …