ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】

      2015/10/01

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

朝起きてベランダのミニトマトをみてみると、真っ赤に色づいていました。しかもたくさん。京都に出張している間に更なる成長を遂げていたようです。

色づき始めた時も感動しましたが、ここまで燃えるような赤になっているとさすがにもっと感動します。これはまさにスーパーなんかで見かけるミニトマトと遜色ない状態です。

前回の記事はこちら:ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】 | 歳月庵

さっそく収穫してみた

真っ赤に熟して美味しそうですねー。朝という時間に余裕がない時ではありますが、ワクワクですね(*´∀`*)

今朝の段階ではこれだけ収穫できました。さて気になるお味は・・・

・・・。

普通のミニトマトです(´・ω・`)

普通ならここで「自分が手間暇かけて育てたから美味しさもひとしおです!」みたいな気の利いたコメントが飛び出しそうなのですが、それほど手間をかけてないからね。やはり「勝手に育つ」みたいな適当なことをしていると感動は薄れてしまいますね。

でも、スーパーなどで売っているミニトマトくらいの美味しさでした。お手軽にこの国産品質のミニトマトが食べられるなんて嬉しいですね。人によっては失敗してしまったり、上手に育っているようでも食べてみると味が薄かったりするようです。原因はミニトマトへの水のやりすぎが大半でしょう。

どれだけ頭でわかっていても、あまりに水やりを控えていると「本当に大丈夫か!?」と不安になるため、途中でたっぷりと水を与えてしまいがちです。トマトは水を極力しぼっておいた方が濃厚な味わいになりますのでね。

ともあれ、スーパーの品質のミニトマトを自分の力で育てることに成功しました。しばらくは収穫の喜びと、このミニトマトの美味しさが楽しめるんですねー(`・ω´・)+

次の記事はこちら:夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと | 歳月庵

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Comment

  1. […] ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】 […]

  2. […] ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …

夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと

ここ数日、ベランダ菜園で育てているミニトマトの元気がありません。 トマト系はあま …

いよいよ稲刈り始動!極早稲品種のコシヒカリを我が家では今の時期から刈る【百姓日記】

ついにこの時が来ました。稲穂が垂れ下がっているのは、お米が育った証拠です。 農協 …

猛暑が続く中、稲穂は順調に育って頭を垂れているぞ【稲作農業2016】

連日、日本列島を猛暑が襲っています。熱中症や脱水に気をつけないといけませんが、農 …

稲こぎと籾摺りを終えて今年も新米が食べられる時期が来たよ【稲作農業2016】

今年は週末になるたびに雨が降りますから気が焦るばかりでしたが、ようやく農業もクラ …

稲刈りが急ピッチで始動!兼業農家は時間との戦いだ!【稲作農業2016】

兼業農家はとにかく時間がありません。 ウィークデーは会社に勤めていますから、農業 …

お米は工場で作っているんじゃない!田んぼでつくっているんだよ!

昨年同様、今年も田植えだけ手伝えなかったのでちょっと気になっていましたが、今年も …

2017年の稲作農業がいよいよ始動!天気も良くて最高のスタートだったよ

いよいよ毎年恒例のこの季節がきました。 例年通り、ゴールデンウィークに田植えをや …

稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】

毎年、稲刈りはこの時期に行います。今年もほぼ例年通りの予定で稲刈り作業を行いまし …

苗から稲へ。順調に育っていく様子を定期報告【稲作農業2016】

田植えをしてからすでに3ヶ月が経過しようとしています。写真にもありますように、も …