ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】

      2017/06/19

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

IMG 3554

昨日も同じ「ミニトマト」の記事を書いたのですが、恐ろしいほどの変化の早さです。色づき具合がハンパない!!

もう食べられるんじゃないかと思うほどの色づきですね。こういった変化を毎日観察するのも楽しいですが、実際に食べられる時の感動に対する期待感も非常に高まってきています。

前回の記事はこちら:ミニトマトが色づいてきました。一方で大葉は・・・【ベランダ菜園ログ】 | 歳月庵

他にもたくさん出てきています

IMG 3555

日々成長が見てとれますから楽しいです。第2候補も順調に色づいています。

これは私の口に入ってくるのは時間の問題でしょう。我が家のベランダは日当たりがあまりよろしくないというのが欠点ですが、それでもスクスクと育ってくれています。

セオリー通りに水をやることを我慢して、ほぼ放置状態でしたが野菜というのはたくましいものですね。

ほぼ勝手に育ってくれたようなものです。実際、ミニトマトという野菜は手軽に育てるには適した種類だと思います。

かぼちゃなんかも勝手に育つ野菜の代表ですが、ある程度は蔓(つる)が伸びても大丈夫なスペースと、蝶やミツバチがいないなら筆なんかを使って授粉させてやる必要もありますので、こっちの方が手間いらずかもしれませんね。

明日から不在になる間に枯れたりしないかな?

こうやって野菜を育てていると問題になってくるのは、出張や旅行などで家を空ける時です。

妻は一人の孤独にあまり耐えられそうにありませんから、私が出発すると早々に実家に引っ込んでしまうと思います。

この猛暑が続く毎日で、水不足にならないようにしたいのですが、水やりを任せることができそうにありません。

さすがに水を与えずに経過もみずに放置するのは不安です。特にこの収穫を控えた時期は片時も気を抜けませんからね。

でも出張ですから仕方ありません。なんとか1日くらいですから耐え忍んでほしいと願っています。

次の記事はこちら:ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】 | 歳月庵

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

稲こぎと籾摺りを終えて今年も新米が食べられる時期が来たよ【稲作農業2016】

今年は週末になるたびに雨が降りますから気が焦るばかりでしたが、ようやく農業もクラ …

スーパーで買ってきた「豆苗」の育成記録(11日経過、最終日)

前回から、日当りの悪さが育成遅延の原因ではないかという仮説に基づいて場所を変更し …

いよいよ稲刈り始動!極早稲品種のコシヒカリを我が家では今の時期から刈る【百姓日記】

ついにこの時が来ました。稲穂が垂れ下がっているのは、お米が育った証拠です。 農協 …

稲刈りしたら天日に干す「稲木干し」の作業を惜しまないことでお米はさらに美味しくなる【百姓日記】

毎年、稲刈りはこの時期に行います。今年もほぼ例年通りの予定で稲刈り作業を行いまし …

お米は工場で作っているんじゃない!田んぼでつくっているんだよ!

昨年同様、今年も田植えだけ手伝えなかったのでちょっと気になっていましたが、今年も …

「籾摺り」の行程を経て今年も我が家に待望の新米コシヒカリが到来!

いよいよ我が家の稲作農業も大詰めです。もみ殻を取り除く籾摺り(もみすり)の作業に …

2016年の稲作農業の途中経過と農業について想うこと

田植えをしてから約2ヶ月が経過しましたが、順調に育っています。植えた苗がちゃんと …

ついに収穫したミニトマトを食べてみました【ベランダ菜園ログ】

朝起きてベランダのミニトマトをみてみると、真っ赤に色づいていました。しかもたくさ …

スーパーで購入した豆苗を家庭で再び育てる方法と知っておきたい注意点3つ

みなさん豆苗って知ってますか? わが家では少しでも肌寒い日があるとすぐにお鍋を囲 …

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …