人見知りを克服するために必要なものは?「鈍感力」を身につけて人見知りを克服しよう

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鈍感

私はどちらかというと人見知りが激しい方です。仕事柄、そういった感情を押し殺して初対面の人と接することが多く、逆にそれができなければ人と接するような仕事はまず無理なんじゃないでしょうか。

人見知り というのは基本的には全員そうなんですけど、程度の差が非常に大きいものです。職場のスタッフにも私以上に人見知りの人もいれば、初対面でもどんどん懐に入っていく人もいます。

私は今の仕事を始めてから14年目になりますが、いまだに慣れませんね。後輩の方が相手との距離の詰め方が上手いんじゃないかと思うことも多いです。

じゃあ、その後輩と私とでは何が違うのでしょうか。私が初対面の患者さんとの距離を一気に縮めるために身につけるべきものとは何なのでしょうか。ここでは私なりの答えを示しておきます。

人見知りの人は相手のリアクションを意識しすぎる

まず私がそうなのですが、初対面の人というのはあまりにも情報が少なすぎて未知の部分が多すぎます。慣れ親しんだ人というのは、ある程度こちらからの発言や態度に対するリアクションがわかっていますから、こちらの振る舞い方がある程度は決まっている状態です。

なので発言や態度に対してあまり過剰に気にしなくても、答えがわかっている問題を解くようなものですからいいわけですが、初対面だとこの部分が未知数なわけです。

仕事中はある程度カルテをチェックしてその人の情報を集めてから訪室するのですが、それでもその人の細かな部分まで知れるというものではありません。

「これを言ったら嫌われるかな?」とか「こうしたら笑われるかな?」とか、杞憂に終わりそうな妄想を最大限に膨らませてから訪室するので、非常に疲れます。

この 疲れる部分 が苦手意識として定着するんじゃないかと思うのです。

ぜひ身に付けたい「鈍感力」とは

鈍感力とは作家の渡辺淳一さんのエッセイのタイトルで、確か流行語大賞の候補にノミネートされた言葉ですね。

前述しましたが、相手がどう思うとか、笑われるとか、怒られるとかいうのは、だいたいのケースで取り越し苦労に終わります。

それに実際、どう思われたっていいんです。命まで奪われるわけじゃないんですからね。

でもどうしても気になるのであれば、気にしなければいいわけです。つまり鈍感力を身につけようというわけですね。

理屈的には簡単そうですが、持って生まれた性格が長年をかけて刷り込まれているわけですから、そんなに簡単には変わりません。性格や気質を変えるというのは非常に困難な作業なのです。

あまりに鈍感だと困ることもあるので注意

私のような中間管理職は、鈍感すぎてもダメなんです。上司や部下の言動や行いに敏感に反応していく必要があります。

でもそればかりでも困ってしまいますから、時と場合によって鈍感力を出したり引っ込めたりする必要があります。もはや不可能なレベルです。

でも、たとえば初対面の人と会う時には鈍感力をある程度発揮して、上司や部下と接したり、初対面の人とある程度仲良くなったら鈍感力は引っ込めるというような使い分けができればベストじゃないかと思います。

もはやできる気がしませんけど、それができれば人生が変わりそうですね。

まずは日々の生活を見直して鈍感力のエッセンスを取り入れてみよう

ある程度、この鈍感力を意識して生活していると、取り入れるべき箇所とそうでない箇所がわかってきて、その切り替えのタイミングもわかってきます。

私も初対面の人と話すときは意を決して鈍感力を発揮し、ある程度の信頼関係を築ければ徐々に敏感に反応するようになりました。

ただ、上司や部下と話しているときはその両方の力が同時に必要になります。その日の上司の機嫌や部下の体調に振り回されないようにしつつ、言動や行動の隅々まで意識を向けていないといけません。

この使い分けは非常に難しく、だいたいの場合は混同してしまいます。なので、上司の機嫌に鋭敏に反応してしまうというエラーが出やすく、ストレスがたまってくるんですね。

会社でもプライベートでもどんなケースでも四六時中、気を張り詰めるような生活では身が持ちません。

新たな出会いは喜ばしいチャンスであるはずなのに、苦痛になってはもったいないですよね。

そういった時に、今回ご紹介した 鈍感力 という考え方をいま一度、思い出してみて欲しいと思います。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

昼食後に必発していた「異常な眠気」を改善させるための取り組みで、すごく効いたと思うことを3つ挙げておくよ

食事の後って異常に眠くなりませんか? 特に昼食後の眠気というのはもはや自分の努力 …

「余分に確保しておく」というスタンスは生活を豊かにしない

先週から「一日一捨」を習慣にしようと取り組んでいます。 今のところ捨てるものがな …

10年間も筋トレしてきたのに筋肉が全然つかない私の今年の戦略とは

一部の読者はご存知のことと思いますが、当ブログには「筋トレ」というカテゴリーがあ …

限られた時間を効率的に使うためにブログを短時間で更新する習慣をつくる

私が毎日行っている(正確には毎日行うことを習慣化しようと思っている)ことの中で、 …

習慣化するということは「片時も頭から離れなくなる状態」になること

習慣化するということは、ライフスタイルをデザインするために大なり小なり、誰もが行 …

健康な生活を送るためにヨガの持つ効能を再考する

私は約10年ほど前からヨガを学んでいます。 最初は気持ちいいとかリフレッシュでき …

「一日一捨」の途中経過を1週間ごとにご報告します

本来なら毎日報告するのがいいんでしょうけどね。というか、毎日報告しようかな。

アクティブな生活をデザインするために日々のタスクの習慣化に取り組む私の具体策とは

前回は「朝から1日を通して身体も心もだるい状況から脱却するための私の3つの戦略と …

2017年が本格始動!いつもと違う年にするために私が掲げた5つのテーマはこれだ!

年が明けてからまだ間もないのに、気を抜けばあっという間に時間が過ぎてしまいました …

毎日ほんの数分で明日が変わる!一日一ヨガのススメ

わたしはヨガをライフワークにしています。 ですがどうしても多忙な時期とか体調不良 …