インドのアーユルヴェーダ的おやつ「モダカ」を君は食べたことがあるか!

      2016/06/10

Pocket

4303e6ce752eeade941ad096b0d161fc.JPG

アーユルヴェーダを学んでいる知人と話している時に、インドではポピュラーなアーユルヴェーダ的おやつ「モダカ」に関する話題になり、作り方を教えてもらいました。

正直なところヨガとは対極的に、アーユルヴェーダの方は学びの進捗度合いが遅く、モダカなんて初めて聞きました。

でも、けっこう簡単にできるということなので、物は試しとばかりにさっそく作ってみました。

誰でも簡単に作れるインドのお団子「モダカ」

教えてもらった通りに作ってみました。

まず用意するのは「すりごま」と「黒糖」、それに「上新粉」の3つだけ。上新粉は「米粉」や「はったい粉(大麦)」などでも代用可能です。

これを、すりごま(1)、黒糖(1)上新粉(2)の割合で混ぜて、徐々に水を加えていきます。

やわらかくなったら丸めてお団子状にして、15分程度蒸したらできあがりです。

本当に簡単にできました。

4f0bb2fd9246da8e0158b7ef18a30a5a.JPG

モダカはほんのり甘い上品なお団子で、いくらでも食べられる優しい味

簡単にできる割に、すごく美味しかったです。材料も日本で簡単に揃うものばかりですし、どちらかというと和菓子にこういうものがあっても不思議じゃないですね。

日本人の口に合う味でした。材料は上新粉とか黒糖とか、けっこう(消化に)重いものが多いのですが、蒸すことで軽い仕上がりになり、甘すぎないのでけっこうパクパクいけちゃいます。

子供のおやつとしても安心してオススメできますね。

モダカのもたらす健康効果は?

アーユルヴェーダ的なおやつなので、健康に関しても効果が望めます。私が教えてもらった限りでは、

  • 血をきれいにする
  • アレルギーの改善に役立つ
  • 免疫力アップに役立つ

というのがあります。私の花粉症や、風邪をひきやすい体質も改善されるかもしれませんね。

また、アーユルヴェーダ的にはドーシャを構成する5つの要素のうち「風」「火」「水」を整える効果が期待できるとのことでした。

だからこんなに軽いおやつなんですね。妙に納得できました。

簡単にできる手作りおやつとして「モダカ」をレパートリーに加えてみよう

正直、私にとっては上記の健康効果とか味とかよりも、手軽にできる という点が気に入りました。

おやつを作ったのなんて、学生時代の調理実習くらいですから、20年ぶりくらいです。

そうでなくても、私のような男性で「作るのが得意なおやつ」なんか別にないっていう人が多いんじゃないでしょうか。

でも、この モダカ は時間もかからないし、材料もほとんどいらないし、作り方だってこの記事を1度読んでもらえれば普通に頭の中にインプットできてしまうくらい簡単です。混ぜて蒸せばいいんですからね。

しかも インドのおやつ というのがいいですよね。インドのおやつなんて作れる人は周りにそんなにいないんじゃないでしょうか。

ぜひ一度トライして、パートナーや子供さんを喜ばせてあげてほしいと思います。

 - アーユルヴェーダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

Pono Yoga Studio1周年記念企画「福田真理先生のアーユルヴェーダ基礎講座」を受講してみたよ

ヨガと医学に関わるものとして是非とも学んでみたかったアーユルヴェーダを第一線で活 …

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …