飛行機やジェットコースターでふわっとなるときの気持ち悪さをなくすコツ

   

Pocket

PAK853_kuukounoyousu14055811.jpg

私はよく出張で飛行機に乗ったり、家族サービスで訪れたデーマパークや遊園地でジェットコースターに乗ることがあります。

別に乗れと言われれば乗れなくはないのですが、急に下がった時の「ふわっ」とした感じというか、内臓が持ち上がる時の違和感が苦手です。これって苦手じゃない人とかいるんですかねぇ。

長年この状況に対して試行錯誤してきた結果、ついにこれを軽減する方法がわかったのでご紹介します。

腹筋に力をいれる

飛行機であれば天候が悪い時などに急に下がることがありますよね。ジェットコースターも、最初に一番高いところから急降下します。

私が苦手なのはその部分だけです。飛行機に乗ること自体は問題ありませんし、ジェットコースターも最初の落下するところ以外は別になんともありません。

なのでこの時に、腹筋に思いっきり力をいれると、あの気持ち悪い感じを(私の場合は)ほとんど気にならないレベルまで軽減することができます。

憶測ですが、腹筋に力を入れて腹圧を高めることで、内臓の動きを抑制してしまうのではないかと思います。

飛行機では足を浮かすと同じ効果が得られます

腹筋に力をいれるのってちょっと難しいというのであれば、足を床から少しだけ浮かせるようにすると、勝手に腹筋に力が入ります。

あまり大げさにやると変な目で見られちゃいますので、ほんの少しでかまいません。十分に腹筋に力が入りますので。

ただしずっと腹筋に力を入れ続けるのは疲れますし、筋肉痛になってもいけませんから、ここぞというタイミングで行うのがいいでしょうね。

ジェットコースターではわざと叫ぶといいみたい

一方、ジェットコースターでは急降下するときにちゃんと足で踏ん張っていないと逆に恐怖感が強まってしまうかもしれません。

前のめりで落下しているのに「よし、ここで足を浮かせて・・・」なんて気が回るわけないですよね。

なので、この場合は他のお客さんと同じように「ギャーーーーーー!!」とか「ワーーーーーーー!!」とか、なんでもいいのでわざと叫ぶようにすると腹筋に強烈に力が入りますので、飛行機の時と同じような効果が得られます。

これは妻が教えてくれたことでもあります。妻は別に「腹筋の働きで内臓の動きを止めて・・・」なんて考えていなかったようですが、私が絶叫マシーンに乗るのがあまり得意じゃないと話した時にこんなことを言っていました。

「ジェットコースターを怖いと思う人って、黙り込んで歯を食いしばって、なんとか恐怖や気持ち悪さを押し殺そうとしている人が多いような気がするんよねー。他のお客さんみたいに、逆に声を出して開放して、楽しんだ方が強くないのにねー。」

これを実践すると、なるほどたしかにあまり怖くないなーというのに気がついたのです。

腹筋鍛えてますか?

普段から少しでも腹筋を鍛えておくと、腹筋を意識していない安静時でも筋肉の緊張が高まります。専門用語でもそのまま「安静時筋緊張の亢進」なんていう言葉で表現されますが、これを意識して普段から腹筋を鍛えておくことで、不意なケースでもある程度軽減することは可能です。

ぜひとも普段から腹筋を鍛えておいて、不測の事態に備えてみませんか?

 - 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スマホ依存症の人は「デジタル認知症」にご注意を

テレビを観ていてふと目に飛び込んできたのがこのキーワード。デジタル認知症というの …

ドアノブを握るときの静電気の痛みから逃れるすごく簡単な方法

空気が乾燥すると静電気が発生しやすくなって、いつも痛い思いをします。特に車や建物 …

同じ状況を目の当たりにして真逆のことを感じること

病院で患者さんやそのご家族と接していると、同じものを見ているのに真逆のことを感じ …

「疲れが吹き飛ぶ」とはいっても本当に疲れが吹き飛ぶわけではない

よく「疲れが吹き飛ぶ」という言葉を耳にします、、、よね? 私も娘ができてからそう …

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

そこのあなた、悪いことは言わんから今すぐ新しいエアコンに買い換えるのじゃ!

コーポの2階は蒸し風呂状態です。 地上も暑いのですが、2階はさらに暑いんですよね …

中耳炎の予防のためにも、しっかりした電動鼻水吸引器を購入しておこう

私の娘は中耳炎になりやすい傾向にあります。なんでも鼻腔が狭いのだとか。 赤ちゃん …

医療従事者であれば忙しい時こそ笑顔でいられる努力が大切

以前に職場(病院)の後輩からこんな相談を受けました。内容は「病棟の看護師さんが怖 …

ほとんどの人が勘違いしている「背筋を伸ばしたいい姿勢」の本当の意味とは

猫背を治そうと意識しすぎてハト胸っぽくなった経験のあるAtsushi(@atsu …

立て続けの体調不良。アデノウイルスに罹患した我が娘への対処法は

娘の体調不良は続きます。6/22〜6/26まで、今度は「アデノウイルス」に感染し …