父の語る「稲作農業を続ける理由」がカッコよかったので、2017年も田植えを皮切りに全力で支えます!

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

先日の代掻き(しろかき)の時は、天気が良すぎたためかなり暑くて、一気にバテてしまいそうになりましたが、田植えのスタートとしては理想的な天候のもと、今日から開始しました。

といっても、兼業農家でありそれほど大規模ではありませんので、早ければ明日には一通り終わりそうです。

田舎の棚田は機械と手作業で苗を植える

山間部の棚田で農業を営んでいますので、機械といっても手押しタイプです。

それでもすべてを人力で行うよりは助かります。

機械がミスしたところや入り込めないところは人力で植えていきます。

結局、いくら機械が優れていても最終的には人の手が一番優秀ですからね。

今年は甥っ子まで参戦しました。別に手伝いを要求したわけではないのですが、この子は常に田んぼに行きたがるのです。

手伝いもしながら、カニやカエルを捕まえるのが楽しいみたいです。

確かに私も子供の頃は夢中になりましたね。

この美しい曲線美は、完璧に区画整理された平野部の田んぼでは見ることができません。

もちろん効率は悪いのでそれだけ手間もかかりますが、逆にちょっとした特権というか、ご褒美のようなものだと思っています。

都会の喧騒を離れて黙々と作業することの恩恵は大きいよ

私は毎年、実家の農業を手伝います。近所の年配の方たちからは「あそこの家はうらやましいくらい手伝いが多くて立派だ」というようなお話をよく聞くのですが、好きでやってるんですから別に立派でもなんでもありません。

私が趣味でやってる四国八十八ヶ所巡礼もそうなのですが、何かの単純作業にに没頭している時って、意外と頭が整理されて考えがまとまったり、新しいアイデアが生まれたりするものです。

特に大自然の中でそれができるというのは本当に恵まれている環境だと思います。

それが嬉しくて手伝っているのが半分。あとの半分は両親の負担を減らすためです。

最近、職場で出会う患者さんに還暦を迎えて間もない方がとても多いことに気がつきました。

会話の中で「私の父や母と同い年ですね」とか「歳が近いですね」っていっぱい言っている気がするのです。

健康で長生きしてもらうためにも、できることはたくさん手伝って負担を少しでも減らしてあげたいです。

「お金のためではない農業」を選択した両親を可能な限り支えます

我が家の農業での収支は、毎年やや赤字で推移しています。事業としては完全にアウトです。

昨今の風潮からいえば、こんな無駄とも思える事業を続けるなんて馬鹿げていると言われそうですね。

さらに言えば、思い切って米作りをやめてしまったら、健康面でも経済的な面でもプラスになることでしょう。

ただ、父の方針として「金になるならないの問題ではない」というのがあります。

先祖から受け継いだ土地を守るため、祖父がやっていたことだから絶やしたくない、などと今の若者に言わせれば「意味不明」な理由もあります。

でも一番の理由は「あなたの作った米以外は食べる気がしない」とまで言わせる熱烈なファンのためなのだそうです。

私も味には鈍感な方ですが、米に関しては明らかにうちの米の方が勝っていると思える場面になんども遭遇します。

そのファンのために、採算度外視で続けているんですね。我がオヤジながらカッコいいです。

他にも、私と同じで「大自然の中での農作業が好きだから」とか「ストレス発散になっているから」とか言っていましたが、身体のあちこちにガタがきている人間のコメントではありませんよね。

少しは子どもの気持ちも汲んで欲しいものです。

言っても聞かないなら、無言で支えるしかありません。今年も来年もその先も、、、うまい米を作るため、それを望んでいる両親のため、そして私の趣味の一環としての農業を絶やさないためにも、できる限り続けていこうと思います。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 農業

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

田舎の稲作農家とは草刈りばかりの毎日だ【百姓日記】

私の住んでいる地域は稲作農家を営む人が多い地域です。しかし少子高齢化の影響で後継 …

妻がスーパーで買ってきた「豆苗」を再収穫すべく育ててみる

本日の鍋の具材として 豆苗 というものが入っていました。 私は今までの人生におい …

新米の味や炊くときの水加減はその年によって違うよ

ついに稲作農業の一通りの作業を終えて、新米を食べられる時がきました。実りの秋を実 …

2017年の稲作農業がいよいよ始動!天気も良くて最高のスタートだったよ

いよいよ毎年恒例のこの季節がきました。 例年通り、ゴールデンウィークに田植えをや …

我が家のコシヒカリは「稲木干し」の期間を終えていよいよ「稲こぎ」の行程へ【百姓日記】

お米を美味しくするために我が家では手間を惜しまずに稲木干しの作業を行っています。 …

スーパーで購入した豆苗を家庭で再び育てる方法と知っておきたい注意点3つ

みなさん豆苗って知ってますか? わが家では少しでも肌寒い日があるとすぐにお鍋を囲 …

猛暑が続く中、稲穂は順調に育って頭を垂れているぞ【稲作農業2016】

連日、日本列島を猛暑が襲っています。熱中症や脱水に気をつけないといけませんが、農 …

2016年の稲作農業の途中経過と農業について想うこと

田植えをしてから約2ヶ月が経過しましたが、順調に育っています。植えた苗がちゃんと …

夏にベランダ菜園をするときに絶対に気をつけたいこと

ここ数日、ベランダ菜園で育てているミニトマトの元気がありません。 トマト系はあま …

ここにきてミニトマトの成長が加速してきました【ベランダ菜園ログ】

昨日も同じ「ミニトマト」の記事を書いたのですが、恐ろしいほどの変化の早さです。色 …