「おとな」っていつから?私が「おとな」だと自覚する瞬間とは

      2017/07/26

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

子供と大人の違いとか、いつからが大人だとか、大人ってなに?みたいな話は、割とありがちな話ですが、明確に的を得た答えを即座に提示できる人ってそうそういないんですよね。

私だっていずれは娘にそんな質問を投げかけられるかもしれませんが、誰もが納得するような素晴らしい回答を持っているわけではありません。

なのに、飲食店やテーマパークなどの商業施設では当たり前に 大人 っていう表現で分類されています。主に年齢だと思うのですけどね。

ここでは明確な答えを示せない代わりに、私が大人だと感じる瞬間を列挙し、私の思う「大人」について述べてみようと思います。定義できるわけではありませんが、何かの参考になれば幸いです。

年齢制限のある場所に行けるようになった時

昔は 元服 っていう制度がありしたが、今では 成人 になれば大人の仲間入りとみなされます。元服が12、3歳なのに対して、成人は20歳となっており、昔と比べるとずいぶん開きがありますね。

この 年齢で分類する方法 は客観的である反面、所詮は人が定めたものという印象があります。国によっても違いますしね。

でも世の中には年齢制限があって、あまりに若いと入れなかったり使えなかったりするものがたくさんあります。パッと思い浮かぶのはお酒、タバコ、パチンコ、自動車などの運転免許、テーマパークや遊園地のアトラクションで比較的危険を伴うものなどはこれに当てはまるでしょうか。

私はこれらのすべてを経験していますが、確かに小さい時には憧れていたことが今ならできるということで、言われてみたら「大人になったんだなぁ」と解釈できないこともありせん。

結局のところ、大人って責任が求められる立場にあるということだと思いますので、何かあった時に責任を取れない未成熟な状態は大人ではないということになりますね。

肉体と精神のギャップが大きい現代

周りを見渡してみると、まだ年齢的には子供なのにドキッとするほど大人びた発言をする子がいたり、逆に身体は立派な大人なのに幼稚な発言をする人がいたりと、なかなか心と身体が分相応に成長していない人も見受けられる時があります。

こんなケースを目の当たりにすると、ますます大人ってなんだろうと混乱しますね。でも「何歳までにこんな考え方ができないといけない」みたいなルールがあるわけでもないですし、そういう時の大人になりきれてないという事例は、「空気が読めてない」というケースが多いような気がしています。

じゃあ空気が読めたら大人で、読めなかったら子供なのかな?「子供みたいな大人」ってことは、子供みたいだっていうだけで、要するに大人ってことですよね?

大人はいろんな側面からの総合評価

結局、大人か子供かっていうのは身体、精神、年齢、その他のいろんな側面からの総合評価になるんですよね。

なので明確に大人と子供の境界線を引くことって難しい上にそれほど意味のあることではないと思います。昨日まで子供だったのに、いきなり目が覚めたら大人になってたなんてありませんよね。

でも私の意見としては 責任 と言うのは一つのキーワードかなーと思います。子供にはたいていのばあい 保護者 が存在します。つまりその子供にとっての責任者です。自分では責任が取れない代わりに、他に責任を取ってくれる人がいるうちは子供なんでしょう。

私は大人です!と自覚できた瞬間はもちろん、、、

はい、子供が産まれた時です。間違いないです。

今からこの娘の人生に責任を持つ立場になったのだと感じた瞬間、頭の中に「大人」っていう具体的なキーワードが出てきたわけではありませんが、確実に社会的に責任を伴う大人であるはずです。子供に子供は育てられないから当然ですよね。

私が幼い頃、その時点で自分の両親のことを思い出してみると、確かにすごく大人に見えました。今の私は年齢的にも身体的にもいろんな面において当時の両親と同じくらいですが、イマイチ大人になった印象がなく、20歳くらいの感覚をずっと引きずっていました。

それが子供が産まれた時に一気に大人へと導いてくれました。よく「大人になることは自由と、それに係る責任を持つことだ」なんて言われたことがありましたが、いろんな自由が手に入るとそのことばかりがフォーカスされて、責任や義務のあたりはあまり意識にのぼらないんですよ。

それに目覚めさせてくれるのが子供という存在です。間違いなく私を大人にさせてくれたのは我が娘ですね。

大人と子供は混在するもの

これだけ述べてきて結論をひっくり返すようですが、好きな趣味に没頭している時や同窓会に出席した時などは、私の中の 子供の部分 が目覚めます。

つまり大人とか子供って混在していて、正確に線引きできるようなものではないのでしょうね。逆に子供の場合は大人になりたいと思っても「大人っぽく振る舞う」とか「大人ぶる」くらいまでしかできないような気がします。

ある意味ここが、大人と子供のボーダーラインなのかも知れませんね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

長男も産まれてはや100日が経過したので、お食い初めをにぎやかに執り行いました

早いもので、長男が産まれてからはや100日が経過しました。 産まれてすぐの時は心 …

指が6本ある「多指症」の姪っ子が全身麻酔で切除術を行うことになりました

私の姪っ子は、生まれつき親指が2本あります。右手だけ指が6本あるということになり …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

長男のお宮参りが無事に終了!祈る事を軽視しない生き方はすごく大切だと思う

先日産まれた長男のお宮参りが無事に終わりました。あいにくの雨で、七五三と時期が重 …

新米パパになる君へ。育児だけじゃなくて家事も協力してやってほしいと思うんだ

もうすぐ私の大切な友人がパパになります。学生時代は生徒会長も務めたこともあるイケ …

最近よく娘を寝かしつけながら寝落ちする妻へ

ここ数日、君は娘を寝かしつけながら寝落ちするということを高頻度で繰り返しているね …

立て続けの体調不良。アデノウイルスに罹患した我が娘への対処法は

子どもが小さい頃は体調不良の時間の方が長いんじゃないかと思うくらいに次々と菌やウ …

雛人形(ひなにんぎょう)を選ぶ時に気をつけたいポイント

まだ子どもが産まれてもいないのに気が早いかなーとか思ったのですが、妻やその両親の …

授業参観では子どもの「普段の姿」はみられない。普段からの幼稚園とのコミュニケーションを億劫に思わずに密に行おう

今年の4月から長女が幼稚園に通い始めて、はや6週間が経過しました。 ちょうどその …

次から次へと病気に罹患する我が娘、今度はヘルパンギーナに感染したよ

娘が通っている保育所では ヘルパンギーナ と 溶連菌感染症 が流行しているようで …