意外と知らない「寝る前にコップ一杯の水を飲む」の正しい飲み方とは

      2016/03/14

Pocket

寝る前にコップ一杯の水を飲むことの恩恵は、最近流行りの健康番組や雑誌などでよく紹介されています。

足が攣(つ)りにくくなるとか、脳梗塞や心筋梗塞を予防するとか、あとはダイエットに効果的とかも言われています。

他にも恩恵はたくさんあって、まさにいいことずくめなのですが、残念ながらテレビや雑誌では「寝る前にコップ一杯の水を飲む」としか紹介されていません。

どうやって飲むのか、飲み方も結構大事だと思うんですけどね。

「寝る前の飲水」が高齢者から敬遠されるワケとは

私は仕事柄、多くの高齢者との関わりがありますが、ご高齢な方たちの悩みとして多く聞かれるもののなかに「夜間の頻尿」があります。

眠りが何度も中断されますから、十分かつ良質な睡眠が確保されませんよね。

参考:睡眠不足はあらゆるパフォーマンスを低下させる!あなたは今すぐ眠るべきだ! | 歳月庵

それどころか、身体が休息状態なのに薄暗い中をトイレに行こうとすると転倒・骨折のリスクが高まりますし、トイレに間に合わなかった時(失禁してしまったり失敗してしまった時)のことを考えて、真夏の暑い日でもあえて寝る前に水を飲まないという人も多いようです。

これは脳梗塞や心筋梗塞の危険性を高めますから好ましくありませんね。寝る前のコップ一杯の水は命を救うこともあります。

ポイントは「常温の白湯をゆっくり飲む」

老若男女を問わず、寝る前の飲水を実行している人に聞いてみると、特に多いのが「お風呂上がりに冷たい水を一気飲み」でした。

確かにこれはこれで気持ちいいのでついついやってしまいがちですが、腸から水分吸収のスピードを考慮するとこれではダメです(どれくらいの温度のお風呂にどれくらいの時間入っていたのかにもよりますが)。

理想を言えば「常温に戻した白湯(湯冷ましと言われますが)をゆっくり飲む」が正解です。常温というのは目安で、一般的には5℃〜15℃くらいと言われています。冷たい水よりも腸で吸収されやすいですので。

あと、ゆっくり飲むというのもポイントで、私のイメージでは10分くらいかけて小さめのコップ一杯の水を飲む感じです。

専門家の意見として多いのは、30分〜1時間に飲むというものですが、これはあまりに寝る直前に飲むと代謝が追いつかないなどという理由です。

コップ1杯の水を就寝のどれくらい前に飲むか(飲み終えるか)ということを言っており、今回わたしが言っていることとは意味が違います。

個人差もあることなので、本来ならもっとゆっくり飲む方がいい人もいると思いますが、飲水ばかりに注意を払ってもいられませんし、こだわりすぎるとそれがストレスとなって、安眠を妨げる結果となっては本末転倒です。

なので私の場合は一口ずつ大切に味わうように飲んでいます。こうすると、だいたい10分くらいかけてコップを空にするようになります。

どうですか?みなさんが考えているよりもかなりゆっくりではないですか?

繰り返しになりますが、水は一度に飲む量が多すぎたり、飲む速度が速すぎたら、身体の中に蓄積されずに尿として排泄されてしまいますから、健康のための十分な効果が得られにくくなります。

身体の中に蓄えられる水分量もある程度決まっていますので、一気飲みして「過剰な水分だ」と身体が判断してしまったら、よほど身体が脱水状態でない限りは即座に尿として排泄されてしまいます。

最近のテレビ番組や雑誌ではこの「飲み方」の部分をあまり強調して紹介していないように見受けられますが、かなり大事な考え方だと思います。

飲んだ水がしっかり吸収されないと、身体という名のストローを通過しただけという結果になりかねません。

さっそく、今夜からはコップ一杯の水を数回に分け、ゆっくりと飲んでから寝ましょう。少なくとも一気飲みはやめてみましょう。

寝つきも良くなるし、熟睡できるようになるし、寝る前の引水は良いことばかりです。その恩恵を十分に受けるために、是非とも「ゆっくり飲む」を意識して、その効果を実際に体感してみてくださいね。

2016/03/13追記:この方法を実践することで、就寝から起床までの間に一度もトイレに行かなくて済むようになるということを確実に保証するというものではありません。夜間に頻回にトイレに行きたくなる理由はいろいろとありますので、夜間頻尿でお悩みの方は、本来なら適切な病院を受診することが先決です。

この記事では、夜間の脱水を防ぐためのコップ1杯の水を効率的に体内に吸収するためには、一気飲みはあまり良くないということをお伝えしたいというのが本来の趣旨です。

 - 医療と健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

医療従事者であれば忙しい時こそ笑顔でいられる努力が大切

以前に職場(病院)の後輩からこんな相談を受けました。内容は「病棟の看護師さんが怖 …

首にネックウォーマーを巻いて眠るという風邪の予防法がかなり効果的でオススメだよ

代表的な風邪の予防法には、うがいや手洗いなどがありますが、日常的に風邪を予防する …

ほとんどの人が勘違いしている「背筋を伸ばしたいい姿勢」の本当の意味とは

猫背を治そうと意識しすぎてハト胸っぽくなった経験のあるAtsushi(@atsu …

プロテインの飲み過ぎで蕁麻疹だと!?疲れているときは特に要注意!

私は普段から筋トレした後はプロテインを飲んでいます。 筋トレで疲労し傷ついた筋肉 …

スマホ依存症の人は「デジタル認知症」にご注意を

テレビを観ていてふと目に飛び込んできたのがこのキーワード。デジタル認知症というの …

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン 2015 えひめ」は「がん」について深く考え偲び向き合う時間

2015年10月18日に松山市城山公園にて開催された リレー・フォー・ライフ i …

そこのあなた、悪いことは言わんから今すぐ新しいエアコンに買い換えるのじゃ!

コーポの2階は蒸し風呂状態です。 地上も暑いのですが、2階はさらに暑いんですよね …

ヨガと理学療法の視点が融合したことで再認識できた「気づき」の大切さ

ヨガでは「気づき」を大切にします。外側への気づきや内側への気づきなど対象はさまざ …

健康な生活を送るためにヨガの持つ効能を再考する

私は約10年ほど前からヨガを学んでいます。 最初は気持ちいいとかリフレッシュでき …