立て続けの体調不良。アデノウイルスに罹患した我が娘への対処法は

      2017/07/11

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

d038fbecf5b57d73f6565a668cf4fb90.jpeg

子どもが小さい頃は体調不良の時間の方が長いんじゃないかと思うくらいに次々と菌やウイルスをもらってきて、体調不良はどこまでも続きます。

6/22〜6/26まで、今度は「アデノウイルス」に感染してしまい、連日40℃を超える熱発に苦しみました。

ここ最近は体調が悪くなり、良くなって1週間ほどで次の病気にかかるなど、体調不良が続いており、悩ましい日々を送っておりました。

アデノウイルス感染症ってどんな病気?

アデノウイルス感染症についての情報は、各所に詳細なものが散見されますので、医師から言われたことを含めて簡単に書きますと、、、

  • 疑ってかからないとまず「夏風邪」として処理されてしまうことが多い
  • 40℃を超えるほどの熱発は、最長で5日程度続く
  • 一言に「アデノウイルス」と言ってもいろんな種類がある
  • 「インフルエンザ」の次に検出頻度が高いが、季節性がない
  • 症状は風邪やインフルエンザの症状から、ひどくなれば結膜炎や肺炎、嘔吐下痢などがみられ、そのような症状がみられれば他人に移すリスクもあるため登園を慎重に検討する
  • 現在は熱や脱水に対して水分補給や坐薬による解熱などの対症療法しかなく、自然治癒を待つしか有効な治療法はないとのこと

といったとことです。

医師の話どおり、最初の3日〜4日間は40℃以上の熱発が続いて、その後は坐薬の出番が徐々になくなってきて、5日目にはほぼ解熱しておりました。

食事が十分な量を摂取できない日もありましたが、我が娘の場合は胃に負担がかかりにくいものを与えてなんとか摂取できました。

ここ最近の娘の病歴は多岐にわたる

とりあえず、どのくらいの時期にどんな病気になったのかの備忘録にもなるように、今までの主な病歴を記事に残しています。

RSウイルス、突発性湿疹、ヘルパンギーナ、そして今回のアデノウイルス、、、全て保育所に行くようになってからの立て続けの出来事でした。

こうやって免疫が発達していくのでしょう。ただ、、、今回のアデノウイルスは免疫がつきにくいため何度も罹患することもあるということでした。

繰り返しになりますが、こんな苦しみが何度も生じるというのは心が痛むのですが、仕方のないことですね。

繰り返すことで免疫ができて病気に強くなってきたのか?

これだけ高熱がでる疾患にかかり続けると、40℃以上あってもフラフラしながらも普通に歩いており、遊ぶ元気がみられました。

体がしんどいのは確実なので、なるべく休ませるようには心がけましたが、好奇心や遊びたい気持ちの方が勝るときは、娘の気の向くままにしてあげました。

おかげですんなり食べてすんなり休んで、みるみる体調が回復しましたが、体温計が普通に40℃越えを示すたびにヒヤヒヤしました。

夜はやはり途中でしんどくて起きてくることも多く見られましたが、仕方ありませんね。ここは親が付き合ってあげないといけないでしょう。娘も頑張っているのですからね。

高熱に対する対処法は、大人とは違う方法が効く

大人であれば、栄養のつくものをなるべく食べて、暖かくして眠るというのが一般的でしょうか。

ただ幼児のときは着衣を薄着にするだけでも最大で1℃くらいすぐに下がりました。氷枕などは嫌がりましたが、あまり暖かい服装よりも、吸水性の良い肌着だけを着用してなるべく薄着で過ごさせ、クーラーや扇風機を直接当てないように間接的に使用しました。

さすがに直接的に冷たい風に当てるのは大人でもしんどいですから、子どもにそれをするのはいかがなものかと思いましたので。

あと、アイスキャンディーのような冷たいものを与えて体内から冷やすのも有効なようです。

我が家はこの方法と坐薬を織り交ぜながら乗り切りました。発症時は坐薬の予備が家にあったのでなんとかそれで病院に行くまで乗り切れましたが、そうではないときにはなんとか解熱させないといけませんからね。

医師と相談して自己責任で応急処置的にやってみるといいかもしれません。

まだまだ続く体調不良の予感

保育所から水着を用意するように言われました。こうなると「プール熱」が心配になります。

かといって、我が子だけプールに入れないわけにもいきません。いくら誰もが通る道だと頭ではわかっていても悩ましいですね。

でも逆に考えると、それだけ保育園でものびのびと遊んでいるということになりますから、その点は安心できる材料になるのかもしれませんね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

マイコプラズマ肺炎に罹患した2歳半の娘の闘病記録【入院から退院まで】

5歳までにかかるであろう病気の中に、マイコプラズマ肺炎があります。 4年に1度の …

子育てでもそれ以外でも、自分の弱さや至らなさを自覚して認め、受け止めるのはとても勇気がいるけど素敵で大切なこと

先日の週末に、毎年恒例の家族限定BBQを実家の庭先で楽しみました。昼間からお酒を …

卵アレルギーの子供のおやつには安心の「源氏パイ」がオススメ

私の娘は卵アレルギーがありまして、今まで卵を食べさせてきませんでした。 一度だけ …

生後すぐの赤ちゃんと接する時でも、おしゃべりをいっぱいしてあげた方がいいと思うよ

無事に病院も退院し、にぎやかな日々を送っております。予想通りに長女も赤ちゃん返り …

子どもを優先することと自分を犠牲にすることは必ずしもイコールではないんだよ

かわいいわが子を見ていると、自分のことなんてどうでもよくなることってありませんか …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …

イクメンって最近いろんな人から言われるけど、イクメンってどういうこと?

最近、自宅での家事や育児の様子を知人や友人に話すと、よく「アツシさんはイクメンで …

私が赤ちゃんの名前を考える際に考慮した5つの基準とは

妻のお腹の中で第2子となる男の子がスクスクと成長しているのですが、名前をどうしよ …

刮目せよ!去年の洋服が着られないほどに太った女が挑む決死のダイエットを!!【ネタ記事】

ねぇねぇ、おとうさん・・・新しい洋服が欲しいんだけど。 ・・・えっ?理由? 年頃 …

近所の公園で一日中子どもと遊んだことありますか?コレ、子どもが何より喜ぶことなんだって知っていますか?

みなさんの家の近くに公園ってありますか? おそらく大なり小なり近くに公園や遊び場 …