家と車の購入、第2子の出産と生命保険の見直しという大きなライフイベントを同時進行で計画中

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223 (1)

私、今年はすごく運勢がいいらしいんです。

偶然ですけど、今年は家と車の購入、第2子の出産と生命保険の見直しという大きなライフイベントを同時進行でこなしています。

毎週どれかの担当者と打ち合わせしたり、妻と相談したりとバタバタしていますが、非常に充実している毎日を送っています。

それと同時に、やはり知識不足はダメですね。正直、私は思った以上に世間知らずのようでして、、、。

第2子の妊娠から全ては始まった

10月の出産予定日に向けて、第2子が妻のお腹の中でスクスクと育っています。男の子の予定です。

一人目は女の子でしたので、これは未知の領域になりそうです。女の子と男の子ってまったく違うっていうじゃないですか。

他のどのお母さんに聞いても「男の子は大変だよ」って言われます。実際に経験したことがありませんから、何がどのように大変なのかということが実感としてはわからないのですが、そのあたりも楽しめたらと思っています。

というわけで、まずは名前を考えています。これは我が家(というか私自身)にとっては非常に悩ましいことです。

名前を考えることに協力的でないと妻に怒られますが、本気で参戦しすぎても、ことごとく私の案は却下されますから私のストレスレベルが上がっていきます。

程よい距離感で、私の案も少しは取り入れてもらえるように頑張ります。

子供が増えることで動き出した「家の購入」

賃貸マンションだと、育ち盛りの子供が暴れ回る環境にはちょっと不向きです。なので思い切って持ち家を買うことにしました。

現在は図面の作成や銀行とのやりとりなどが同時並行的に行なわれている段階です。

ほぼ毎週のようにやり取りが続いており、スケジュールとしては結構ハードですが、年内の完成を目標にしているのでそこは文句は言えません。

人生の中でも一番大きな買い物と言われる家を購入するのですが、正直言って、ここに関係する知識は皆無ですし、どれをどのような手順で進めていけばいいのか、今の段階でもよくわかっていません。

わかりやすく言えば、地鎮祭を行うのにお金の話がまったく動いていないという感じでしょうか。

周囲は呆れていますが、これには私もちょっと反省しています。大きな買い物をするにしては危機感が全く湧いてこないのです。

社会人としてこれではいけませんね。ちょっと勉強していこうと思います。

家族が増えるならと車も買い換えることに

チャイルドシートを2つ使うとなると、今乗っているコンパクトカーよりもちょっと大きな車の方がいいんじゃないかということで、車の買い替えも検討しています。

別にコンパクトカーでもダメじゃないんですけど、大きな車の方が快適ですし、家族の念願でもありましたので、思い切って購入することにしました。

メーカーや車種の選定、試乗して吟味して、ぴったりの1台を見つけるというのは、その過程がけっこう楽しいですね。

夫婦とも、特別なこだわりはないと思っていましたが、妻はけっこうこだわりポイントがあるようです。実用性と価格、ステータス性など私も車は好きですが妻はもう一つ上のレベルで考えているようですね。

私は今年、運勢が非常にいいと言われているので、それに乗っかる形で色々と画策しているようです。せっかくなので便乗しておこうと思います。

生命保険は見直しのタイミングが定期的に訪れるもの

実際には生命保険を見直してからまだそれほど年月が経過しているわけじゃないのですが、家を買うというタイミングは保険の見直しに際してはひとつのタイミングじゃないかなって思います。

結婚・出産などの家族が増えるタイミングもそうですが、自分に何かアクシデントが起こった時に残された家族がどう生活していくのかというのは、状況が刻々と変化していくのであれば折に触れて見直してみるというのも大切ではないでしょうか。

現在はどんなプランで考えれば家族や自分が将来のアクシデントに備えることができるのかということについて考えているところです。

よく本を読んでいると「必要以上の保証は必要ない、だから生命保険にお金をかけるのは無駄でしかない」というような論法をよく見かけます。

実際にはそれで家計を見直して、浮いたお金で投資して、資産をガンガン増やしていき、将来に備えましょうというような結論で締めくくっています。

将来の備えというのは人それぞれに考え方があると思いますが、私も自分の将来を今まで以上に明確に捉え、必要十分な備えを計画していこうと考えています。

刻々と変化する状況にスマートに対応していくためには

実際にはこれに加えて、長女の保育園から幼稚園への編入についてや、職場の状況のめまぐるしい変化、親族の状況の変化など、本当に変化のない平凡な毎日なんてないんだというほどに、周囲の状況は刻々と変化しています。

これにらのことについて、スマートに対応していくためにはやはり健康に気をつけておかないといけません。

健康というのは別に病気や怪我だけではなく、寝不足とか悪い習慣の定着というのも含まれます。

私はヨガの力で健康を自ら前のめりで手にいれるように心がけています。

参考:東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは | 歳月庵

冷静な判断をスピーディーにこなすことや、子供に優しい気持ちで接するためには、少なくとも体調が万全でなければならないと感じています。

まずは健康第一!

万全の体制で、迫り来る諸問題に対して ベスト とまでは言いませんが、「モアベター(more better)」な選択ができるようにしておきたいものです。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 雑記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あり得ないことがあり得る時代だからこそ予想は常に「最悪」をイメージしておく

あり得ないことが次々に起こる今の時代。 杞憂に終わらないためにも、ある程度は常識 …

前を見て上を向いているだけでなく、たまには後ろを振り返ってみよう

あなたの描いている線は本当に真っ直ぐですか? たまには描いた線を振り返り、真っ直 …

いいアイデアは頭を無理にひねると逆に出てこないよ

どんな業種であっても、アイデアマンは重宝する逸材です。 勤勉にコツコツと与えられ …

自分が信じるものだけを武器に生きていくにはそれ相応の努力をせよ!

ふと、私が専門学生だったときに恩師が話していたことを思い出しました。今思えば、よ …

責任を取るべき立場の「責任者」がためらいなく頭を下げることができるために持っておくべき武器とは

私は中間管理職のポジションにいる者です。そして、私の上には責任をとらない上司がい …

人間関係をおろそかにし続けて来た私が、死ぬほど人間関係を大切にする女性と結婚するという話

今日は人と人との繋がりを強く意識させられた1日となりました。 当ブログでも何度か …

固定観念に縛られずに建設的な逆説的思考を携える

私たちはある種の常識を補助線にして生活しています。ニュースで見る悲惨な事件や、ち …

「人間誰でもミスをする」は自分に甘えるための言い訳じゃないぞ

今日は職場で私の不注意からくるミスがありました。ちょっと間違えば相手にとんでもな …

「木を見て森を見ず」の反対語は「森を見て木を見ず」ではない

同じ職場で仕事をしている後輩を見て気がついたことなのですが、局所に注目して観察し …

35歳の誕生日を迎えて感じる自らの立ち位置の変化と迫り来るライフイベントのプレッシャーとは

私、Atsushi(@Atsushi_k0)は今年も無事に誕生日を迎えました。3 …