2人目の子供となる長男を無事出産し、嵐の前の喜びを堪能しました

      2016/10/30

Pocket

二人目の子供となる長男を本日、無事に出産できました。3,736gの男の子です。予定日を過ぎ、41週0日をすべて使い切って今のタイミングがベストだと判断したようです。

お腹の中で静かに待機し、機は熟したとばかりに非常にスマートに出てきてくれました。

破水は午前7時に始まっていた!?

私が仕事のために家を出たのが7時25分頃ですから、すでに一度は破水していたということになりますが、本人もそれが破水だと思わなかったようですので私も知りませんでした。

2回目の破水(のような気がするもの)を体験した時にも、確信がなかったのでスルーして、11時からの定期検診に行ったようです。

後になって考えてみると、これはダメですね。助産師さんからも「ちょっとでも怪しかったらすぐに来るようにって母親学級で言ったでしょ?」ってお叱りを受けましたよ。

その後すぐに入院しましたが、普通にLINEでやりとりできるくらいに余裕がありました。

13:32のLINEで陣痛が4分間隔であることを告げたのを最後に、返事がこなくなりましたので、その続きを義母から聞くことにしました。仕事しろよ(´・ω・`)

ゆっくりしてたら出産に間に合わずに立ち会えなかったかも

約1時間後の義母からの連絡では、娘がマイコプラズマ肺炎から回復して間もないため、出産後に入る予定の個室で待機しておくようにと言われたということ。

それと出産まではまだ時間がかかるということを言われたということなので、私も部署のスタッフに迷惑がかからないところまで仕事をしてから早退して病院へ安全運転でのんびり向かいました。

そして病院へ到着して分娩室の前を通りかかると、入り口のドアのところに妻の靴が、、、そして中からは聞いたことのある声で「フーフー」言っているではありませんか!

「あれ?これって、、、」

すぐに中の助産婦さんに声をかけて夫であることを伝えると、大急ぎでガウン着てアルコールで消毒して、、、瞬く間にに妻の部屋へ通されました。

いやいや、ヤバかったですよ。すでに妻は汗びっしょりで、かなり苦しそうでしたが、私の顔をみるとちょっとだけホッとした表情になってくれたような気がしました。

その後、約30分くらい陣痛に耐え、最後には元気な男の子を出産してくれました。

まさにベストタイミングで病院へ着いたのですね。妻的には最初の破水からおよそ8時間での出産でした。

二人目の方が感動が大きかった

正確には、私に感動するだけの余裕があった という方が正しいでしょうか。

一人目の子供の時は、真夜中で出産が12時間以上に及んだため疲労と眠気が強く、しかもすべてが初めてだったため何をどうしていいのかよくわからず、バタバタしているうちに生まれたという印象が強かったですが、二人目の時は比較的スムースに陣痛から出産へと進みましたのでしっかりと感動の涙を浮かべることができました。

妻も、出産した直後の「赤ちゃんに逢いたいなー」という気持ちは、前回よりも今回の方が気持ちが強いと言っていました。それだけ気持ち的にも身体的なダメージ的にも余裕があったということなんでしょうか。

もちろんどの子を産むどの母親も命がけですし、一人目の時は全然感動しなかったということでは決してありませんからね。

無事に産まれてしっかりこの手に赤ちゃんを抱くことができました。妻にも赤ちゃんにも、支えてくれたすべての人たちにも感謝の気持ちでいっぱいです。

娘のマイコプラズマ肺炎が治るタイミングでの出産に一安心

おそらくお腹の中でタイミングをうかがっていたのでしょう。娘が退院して、体調も体力も安定するくらいの日数をお腹の中で耐えてくれました。

娘がしっかりとお母さんに甘え納めたタイミングでの出産ということになりますので、なかなか空気が読める子のようですねw

しばらくは保育所と職場と病院と妻の実家と、、、とめまぐるしく時間が過ぎていくんだと思いますし、やらなきゃいけないこともたくさんありますが、ひとまずこの週末に幸せを堪能したいと思います。

もちろん、娘のフォローも忘れずにね。

母子ともに健康で一安心

しばらくは妻も思うように動けませんから、私がしっかりしないといけません。今までは妻に指示をもらってから動くような感じでしたが、もっと主体的に動いていこうと思います。

妻に取っても娘に取っても、そして今度は息子にとっても大黒柱となり得るように、今以上に頑張っていこうと気持ちを新たにしました。

ひとまず妻、息子、娘、周囲のすべての人たち、お疲れ様でした。

父ちゃん、頑張るぜ!!!

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

覚えておけ!娘の3歳の誕生日と節分が同じ日になるとこうなるんだよ!、、、あれ?

私の娘は節分の日に産まれました。 誕生日はケーキの味、恵方巻きの味、豆まきの大豆 …

我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなこ …

子育てでもそれ以外でも、自分の弱さや至らなさを自覚して認め、受け止めるのはとても勇気がいるけど素敵で大切なこと

先日の週末に、毎年恒例の家族限定BBQを実家の庭先で楽しみました。昼間からお酒を …

子どもを優先することと自分を犠牲にすることは必ずしもイコールではないんだよ

かわいいわが子を見ていると、自分のことなんてどうでもよくなることってありませんか …

「おやすみ、ロジャー」という話題の絵本を、今まで読み聴かせをしたことがない我が子らに試してみた

巷で話題の おやすみロジャー という名の絵本。 寝ながら読み聞かせると、驚くほど …

我が子の子育ての方針や目標を具体的な言葉で言えますか?何となくのイメージだけで子育てしていませんか?

今日は娘の幼稚園の面接がありました。今までは保育所に預けていましたが、外で遊ぶこ …

マイコプラズマ肺炎に罹患した2歳半の娘の闘病記録【入院から退院まで】

5歳までにかかるであろう病気の中に、マイコプラズマ肺炎があります。 4年に1度の …

突発性発疹で泣きじゃくる娘に効果的な、ただ1つ対応策とは

娘は今、ちょうど1歳4ヶ月になりスクスクと育っています。しかし可愛いですね。なん …

共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

今の世の中、共働き世帯は別に珍しいことではありません。じゃあ仕事以外の家事や子育 …

妻が育児休暇中の共働き家庭では、夫も妻も「家事や育児の分担」を柔軟に変化させて笑顔で乗り切ろう

わが家は共働きです。なので基本的には家事もほぼ半分ずつ割り振って協力してこなして …