長男も産まれてはや100日が経過したので、お食い初めをにぎやかに執り行いました

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

早いもので、長男が産まれてからはや100日が経過しました。

産まれてすぐの時は心配事もありましたが、ちゃんとスクスク育ってくれています。

恒例により、お食い初め(箸ぞろえ)を執り行いました。

我が家のお食い初めは形式にとらわれずに、わきあいあいと行いました

一応の節目です。一般的には(地域にもよると思いますが)きちんと縁起の良い食べものをそろえて、親族が一堂に会して、、、となるのでしょうか。

我が家の場合は別にそんなこと気にしません。長女のお食い初めの時にやり方がよくわからなかったので、私の時はどうしたのかと実家の母に相談した時の返事によると、、、

「別に形式にこだわらずに、この子が大きくなった時にこんなものを食べさせてあげたいなーとか、食べさせてあげられたら喜ぶかなーと思うものをそろえたら良いんじゃない?」

ふむ、なるほど。

下手に形式にとらわれるよりも、この方が親の気持ちが伝わりやすいし、親の満足度も高いなーと思ってそうしています。

一応、縁起をかついで鯛とか買いましたが、これは妻が食べたかったからというのも大きな理由です。

あとは唐揚げとか子供が好きそうなものを。

赤飯は私の大好物です(笑)

うん、我が家らしいな(*´ω`*)

時間は目まぐるしく過ぎていくのだから、のんびりしていられないよ

実は、この100日のお祝いのことに気がついたのはほんの数日前でした。

たまたま何かの書類を書くのに、長男の生後の日数(何ヶ月と何週が経過したのか)を数えないといけない時があって、たまたま数えたら気がついたっていう感じでした。

お宮参りがこの前終わってからまだそんなに日数が経過した感じがなくて、お食い初めなんてまだまだ先だと思って油断してました。

今後も子供の成長は目まぐるしく訪れるんだと思います。実際に長男はもうほとんど首がすわっていますし、長女も知らぬ間にいろんなものが食べられるようになっています。

ちょっとでも気を抜いてしまうと、子供の大切な成長を見逃したり、大事なイベントをすっぽかしたりしちゃいそうですよ。

今後もますます目が離せませんね!

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

子どもにとっては親だって「環境」の一部なんだから、ストレスの原因にならないようにしなきゃね

最近は長女(3歳)の環境が目まぐるしく変化しています。 通い慣れた保育園から新し …

最近よく娘を寝かしつけながら寝落ちする妻へ

ここ数日、君は娘を寝かしつけながら寝落ちするということを高頻度で繰り返しているね …

新米パパとママになる君たちへ。家事と育児は分けずに一緒に協力するといいよ

もうすぐ私の大切な友人がパパになります。学生時代は生徒会長も務めたこともあるイケ …

夫は家事や育児を率先してやるべきなんだよ!さあ、いますぐ目の前の皿を洗いたまえ!

子供を持つ夫で、積極的に家事や育児を手伝う人ってどれほどいるんでしょうか。イクメ …

妻が育児休暇中の共働き家庭では、夫も妻も「家事や育児の分担」を柔軟に変化させて笑顔で乗り切ろう

わが家は共働きです。なので基本的には家事もほぼ半分ずつ割り振って協力してこなして …

娘が幼稚園に通い始めて2週間でストレス過剰により暴君に!子どもの個性を尊重しつつ可能性を伸ばすために奮闘するのは子供よりも先生よりも親の方だ!

うちの娘は非常にのんびり屋さんです。 何をするにも時間がかかりますが、それは逆に …

2人目の子供となる長男を無事出産し、嵐の前の喜びを堪能しました

二人目の子供となる長男を本日、無事に出産できました。3,736gの男の子です。予 …

生後すぐの赤ちゃんと接する時でも、おしゃべりをいっぱいしてあげた方がいいと思うよ

無事に病院も退院し、にぎやかな日々を送っております。予想通りに長女も赤ちゃん返り …

「おとな」っていつから?私が「おとな」だと自覚する瞬間とは #EdgeRankBloggers

子供と大人の違いとか、いつからが大人だとか、大人ってなに?みたいな話は、割とあり …

次から次へと病気に罹患する我が娘、今度はヘルパンギーナに感染したよ

娘が通っている保育所では ヘルパンギーナ と 溶連菌感染症 が流行しているようで …