2019年が終わる時になっていたい自分を想像せよ!

カーテンから漏れる朝日の光

2019年も無事に始まりました。

抱負を述べることが無意味だとかそうではないとかいろんな意見がありますが、私は悪いことではないと思っています。

計画倒れになったときはその時です。まずはこの先の一年をどんな風に過ごしたいのかっていうことに想いを馳せてみる時間があるのがいいでしょうね。

新しいチャレンジは常に意識して過ごす

昨年末から取りかかっていること、すでに習慣になっていること。

この一年もしっかり自分が成長して 自分のなりたい自分 に近づいていく「好ましい努力」を継続していきたいと思います。

まぁ年が明けたからといって、改まって何かをするってことはありません。

粛々と進んでまいります。

健康で過ごせるような取り組みを

若い時のように、全然風邪をひかないなんてことは皆無になりました。

だいたい毎年のように風邪もひくし、そのうちの数回は高熱が出たりします。

私は親ですから、いざという時に支える立場です。

今年こそ、完璧に風邪をシャットアウトするくらいの気構えで、健康っていうものと真剣に向き合いたいです。

自分も周囲も満たされるような取り組みを

もちろん、自分が万全の体勢じゃないのに周囲に優しくするってことはなかなか難しいんですが、かといって自分だけ満たされてそれで終わりっていうのもなんか違う。

まずは周囲に対して働きかけができるだけの自分の余裕をしっかり確保する。

同時に周囲も満たされるような振る舞いを工夫する。

どっちが一番とか二番とかじゃなくてどっちも大切にしたいです。

みんなハッピーになればいい!

ぼんやりしたつぶやきみたいな文章になりましたが、今のところ私の頭の中にははっきりとした2019年のビジョンがあります。

実現したいならアウトプットしなさい、みたいなことはよく言われますが、私は内に秘めておくタイプなのです。

なのでここでは書きません。

でも大まかな方向性は変わりません。みんなハッピーになれるような自分でいること。

そのための努力を惜しまなかった1年だったと言えるように、2019年も過ごしていきたいものです。

Posted by Atsushi(@Atsushi_k0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です