我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなことをやらかしちゃうんですよね。

まだ善悪の区別がつかず、好奇心で動いているだけなので、特別危険なことをしている時以外は怒らないようにしていたのですが、元旦早々やってしまいました。

ただ客観的に振り返ってみたところ、今回の件は私の方に非があると思いましたので、反省と今後の戒めの意味を込めて書き残しておきます。

普段の自分でいられる努力

もうこれは明らかです。明らかに普段の私ではありませんでした。

体調不良で余裕がない時は要注意

年末からの風邪を引きずっていましたので、何をするにも心に余裕なんてありませんでした。

仕事は年末年始で休みでしたが、家の行事や親戚付き合いのために奔走しているところに子供からのワガママ(というか溢れんばかりの好奇心)が飛びかかってくると、対応ができませんでした。

相手に優しく余裕を持って接するには、やはりこちらの心と身体に余裕がなければいけませんね。今はなるべく子供と少し広めに距離をとっています。

お酒を飲んでる時は子供の対応を妻に任せよう

お酒をたくさん飲んでいると、酔っていないつもりでも気が大きくなります。楽しい時はめちゃくちゃ楽しく、辛い時はめちゃくちゃ辛い。

子供のやらかしたほんの少しの失態にも過剰に反応しちゃいます。ポイントは酔っている自覚がなくても気が大きくなるってこと。

自分の感情がコントロールできない時の一度の叱責も、子供にとっては大きな傷になることもあります。私の場合はハンドルキーパーとして妻がいますから、対応を妻に任せることにしました。

普段の自分じゃない時にそれを自覚することが大切

他にも、仕事や人間関係でのストレスなど、普段の自分じゃない時は無意識に子供に八つ当たりしちゃいがちです。そもそも普段の自分って?

ともすると、落ち着いた心おだやかな自分でいられる時って、案外少ないっていう人も多いのではないでしょうか。

普段から自分を一歩引いた場所から客観的にみるよう心がけて、カッとなった時にも感情の赴くままに叱責するのではなく、一度しっかりと飲み込んでみるクセをつけることが大事ですね。

それと同じく、同じ間違いを繰り返さないためにも、やはり自分を客観的に評価して反省点を自分にフィードバックすることも大切です。

年始から子供に学ばされました。これを教訓に今年も優しい父を目指して頑張ります。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

イクメンっていうのは子供の世話をすることだけじゃないんだよ

イクメンとは言葉の通り育児をする男性(メンズ)のことを指す言葉ですが、別に育児を …

イクメンって最近いろんな人から言われるけど、イクメンってどういうこと?

最近、自宅での家事や育児の様子を知人や友人に話すと、よく「アツシさんはイクメンで …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …

生後すぐの赤ちゃんと接する時でも、おしゃべりをいっぱいしてあげた方がいいと思うよ

無事に病院も退院し、にぎやかな日々を送っております。予想通りに長女も赤ちゃん返り …

子どもを叱るのであれば深い配慮のもと叱るべきだよ

みなさんは人を叱ったことありますか?叱るという表現は適切でないということであれば …

子どもにとっては親だって「環境」の一部なんだから、ストレスの原因にならないようにしなきゃね

最近は長女(3歳)の環境が目まぐるしく変化しています。 通い慣れた保育園から新し …

立て続けの体調不良。アデノウイルスに罹患した我が娘への対処法は

子どもが小さい頃は体調不良の時間の方が長いんじゃないかと思うくらいに次々と菌やウ …

3歳のうちの娘はこんなに成長しています。子供の成長スピードは凄まじいんだから親も負けてはいられない!

娘の成長が著しいです。つい先日3歳の誕生日を祝ったばかりですが、それ以降ものすご …

刮目せよ!去年の洋服が着られないほどに太った女が挑む決死のダイエットを!!【ネタ記事】

ねぇねぇ、おとうさん・・・新しい洋服が欲しいんだけど。 ・・・えっ?理由? 年頃 …

子どもの好奇心を消さなければ、今は自転車に乗れなくてもいずれ勝手に乗れるようになるよ

3歳半にしてやっと娘が自転車に乗れるようになりました。購入してからけっこう経つの …