我が子に常に優しく接するために意識すべきたった2つのこと

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

子供にとっては元旦っていろんな人と会う機会が多くなるから、嬉しくなっていろんなことをやらかしちゃうんですよね。

まだ善悪の区別がつかず、好奇心で動いているだけなので、特別危険なことをしている時以外は怒らないようにしていたのですが、元旦早々やってしまいました。

ただ客観的に振り返ってみたところ、今回の件は私の方に非があると思いましたので、反省と今後の戒めの意味を込めて書き残しておきます。

普段の自分でいられる努力

もうこれは明らかです。明らかに普段の私ではありませんでした。

体調不良で余裕がない時は要注意

年末からの風邪を引きずっていましたので、何をするにも心に余裕なんてありませんでした。仕事は年末年始で休みでしたが、家の行事や親戚付き合いのために奔走しているところに子供からのワガママ(というか溢れんばかりの好奇心)が飛びかかってくると、対応ができませんでした。

相手に優しく余裕を持って接するには、やはりこちらの心と身体に余裕がなければいけませんね。今はなるべく子供と少し広めに距離をとっています。

お酒を飲んでる時は子供の対応を妻に任せよう

お酒をたくさん飲んでいると、酔っていないつもりでも気が大きくなります。楽しい時はめちゃくちゃ楽しく、辛い時はめちゃくちゃ辛い。

子供のやらかしたほんの少しの失態にも過剰に反応しちゃいます。ポイントは酔っている自覚がなくても気が大きくなるってこと。

自分の感情がコントロールできない時の一度の叱責も、子供にとっては大きな傷になることもあります。私の場合はハンドルキーパーとして妻がいますから、対応を妻に任せることにしました。

普段の自分じゃない時にそれを自覚することが大切

他にも、仕事や人間関係でのストレスなど、普段の自分じゃない時は無意識に子供に八つ当たりしちゃいがちです。そもそも普段の自分って?

ともすると、落ち着いた心おだやかな自分でいられる時って、案外少ないっていう人も多いのではないでしょうか。

普段から自分を一歩引いた場所から客観的にみるよう心がけて、カッとなった時にも感情の赴くままに叱責するのではなく、一度しっかりと飲み込んでみるクセをつけることが大事ですね。

それと同じく、同じ間違いを繰り返さないためにも、やはり自分を客観的に評価して反省点を自分にフィードバックすることも大切です。

年始から子供に学ばされました。これを教訓に今年も優しい父を目指して頑張ります:)

 - 子育てログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

娘が幼稚園に通い始めて2週間でストレス過剰により暴君に!子どもの個性を尊重しつつ可能性を伸ばすために奮闘するのは子供よりも先生よりも親の方だ!

うちの娘は非常にのんびり屋さんです。 何をするにも時間がかかりますが、それは逆に …

共働きの我が家で夫の私が黙って家事や子育てをガンガン引き受ける理由とは

今の世の中、共働き世帯は別に珍しいことではありません。じゃあ仕事以外の家事や子育 …

我が子の子育ての方針や目標を具体的な言葉で言えますか?何となくのイメージだけで子育てしていませんか?

今日は娘の幼稚園の面接がありました。今までは保育所に預けていましたが、外で遊ぶこ …

夫は家事や育児を率先してやるべきなんだよ!さあ、いますぐ目の前の皿を洗いたまえ!

子供を持つ夫で、積極的に家事や育児を手伝う人ってどれほどいるんでしょうか。イクメ …

長男も産まれてはや100日が経過したので、お食い初めをにぎやかに執り行いました

早いもので、長男が産まれてからはや100日が経過しました。 産まれてすぐの時は心 …

指が6本ある「多指症」の姪っ子が全身麻酔で切除術を行うことになりました

私の姪っ子は、生まれつき親指が2本あります。右手だけ指が6本あるということになり …

育児休暇中でも家事や育児を妻だけに任せずに夫も同じくらい分担するのにはこんな理由があるのです

わが家では家事と育児をほぼ半分ずつ行なっています。厳密に労力が半分になっているか …

別にお金をかけなくても、生後6ヶ月の赤ちゃんが思わず笑顔になること7つ

私の息子も早いもので、生後6ヶ月を迎えました。ありがたいことに特に大病を患うこと …

2人目の子供となる長男を無事出産し、嵐の前の喜びを堪能しました

二人目の子供となる長男を本日、無事に出産できました。3,736gの男の子です。予 …

赤ちゃんが産まれてくるのは当たり前のことじゃない!二人目の子供の出産を前にして改めて命の尊さを思い知る

わが家には、予定では来月にも二人目の子供が誕生する予定です。今のところ定期健診で …