毎日ほんの数分で明日が変わる!一日一ヨガのススメ

      2017/08/05

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

a1180_014652_m.jpg

わたしはヨガをライフワークにしています。

ですがどうしても多忙な時期とか体調不良の時には実践することが難しいため、なかなか毎日というわけにはいきません。

でも、できれば毎日行いたいと思っています。ということは、、、

やはりハードルを下げて、まずは習慣化していくことを優先してから徐々に内容を充実させるという手法をとりたいと思います。

形にとらわれずに、まずはヨガを生活に取り入れる

ヨガってイメージが先行していて、本質的なことってあまり浸透していない気がしています。

かっこいいヨガウェアに身を包み、マットとミネラルウォーターを持ってスタジオに通い、約1時間程度のクラスでいい汗かいて・・・。

「あぁ、今日もヨガをしたぞ、、、」

これもひとつの形でしょう。否定はしません。

ただ、これだともし多忙な時や体調不良な時は、ヨガができないということになりますよね。わたしのように習慣化したい人や、生活にヨガを浸透させたい人にとってはあまり嬉しくありません。

そこでヨガを部分的に生活に取り入れてしまう方法があります。その究極が 一日一ヨガ です。

ヨガの呼吸・瞑想・アサナ(ポーズのこと)のどれかひとつ、もしくはアサナの中でもどれかひとつを毎日日替わりで実践することで、ヨガをより身近に感じ、歯磨きをしたり顔を洗うのと同じく、ヨガを生活の一部にしてしまうという戦略です。

ですが、筋トレの時も同様のことなのですが 習慣化を目指すあまり、あまりにハードルを下げ過ぎると効果がないのではないか という疑問が浮かびますよね。

「本当に一日一ヨガで大丈夫なのかな、、、」

もちろん自分の身体を注意深く内観して、しっかりと自分と向き合う時間を確保することも大切です。

でも多忙を極めるあまりにヨガそのものから遠ざかってしまったら、再び取り組むのにはハードルが非常に高くなります。

まずは習慣化。そして深めていくというのは、理にかなった方法だと思います。

具体的にはどんな方法があるの?

わたしの場合は、夜に時間を確保することが多いです。朝はめっぽう弱いので現在ちょっとずる朝型の生活にシフトしようと試みているところですが、なかなかむずかしいですね。

夜に行うヨガというのは、どちらかというとリラックス系のヨガが多いです。腹式呼吸や瞑想、さらにそれらを合わせた「呼吸瞑想」なんていうのもあります。

ポーズもあまり激しくないものが多いです。汗をかくようなアサナだと、だいたい入浴後に行うことが多いわたしにとっては不向きです。

神経も高ぶってしまうしまう可能性も高いので、どうしても睡眠に向かっていくには不向きとなります。

もしどうしても強めのアサナを行う時は、職場での昼休みとか、なるべく明るいときに行うようにしていますが、どんなポーズでも5呼吸〜6呼吸くらいで行っているので、だいたい2分程度あれば十分です。

もし5分くらい確保できれば、そのアサナがしっかりと練習できますし、場合によっては2〜3アサナくらいは練習できてしまいます。

思想や哲学の方が生活には浸透しやすい

ヨガはアサナ・呼吸・瞑想の3本柱なんて言われますが、思想や哲学も大切なポイントです。

このストレス社会ではストレスコントロールにヨガが大いに役に立ちます。

わたしがヨガをやっていてよかったと感じたのも、別に身体が柔らかくなったとか、呼吸が楽になったということではなくて、怒りに任せて暴走してしまいそうになっても思い直して気持ちを落ち着けることが容易になったことです。

これだって立派な一日一ヨガだと思うんですよね。

とはいっても、ヨガとの付き合い方なんてその人の自由ですし、いろんな形があっていいと思います。

ぜひみなさんもあまり肩肘張らずに、ご自分なりのヨガとの付き合い方を見つけてみてくださいね。

Posted by 愛媛ブロガー Atsushi(@Atsushi_k0

 - ヨガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ヨガの基本である「呼吸瞑想」はまず最初にマスターすべきだぞ

ヨガって学び始めることはあっても学び終えることはないと言われるほどに奥が深くて、 …

東洋医学と西洋医学の違いから紐解く「自分の健康を他人任せにしない」生き方とは

私がいま学んでいる アーユルヴェーダ は大きく分けて 東洋医学 に分類されます( …

「Vanakkam Yoga School by マスター・スダカー 2日間集中講座」で私のヨガ魂に火がついたぞ

私が本格的にヨガに目覚めたのはこのワークショップに参加してからです。つまりつい最 …

腹式呼吸で腰痛症が改善するメカニズムとは

ヨガの呼吸法として「腹式呼吸」がまず挙りますが、この腹式呼吸は腰痛を和らげる効果 …

心にゆとりがないと人には優しくできない

私の周囲には、その日の機嫌の良し悪しによって、周囲への対応がガラッと変わってしま …

ライフスタイルをデザインするために今の自分をしっかり把握するところから始めよう

エネルギーに満ち溢れ、はつらつとした生活を送っている人たちにをみるとうらやましく …

ヨガをやっていたらいい人になるんでしょ?に対する私の答え

最近になって、自分がヨガを学んでいるということを人に話すことが多くありました。 …

ヨガのティーチャーズトレーニングで分かった、すごいポーズが簡単にできることだけが素晴らしいわけではないということ

私がいま受講しているヨガのティーチャーズトレーニングは、全日程が1年半以上かかる …

健康な生活を送るためにヨガの持つ効能を再考する

私は約10年ほど前からヨガを学んでいます。 最初は気持ちいいとかリフレッシュでき …

「自分に余裕がないと他人には優しくできない」という事実を意識すれば行動は変わりませんか?

自分の心にゆとりがないと他人には優しくできないというのは、おそらく多くの人が知っ …