10年間も筋トレしてきたのに筋肉が全然つかない私の今年の戦略とは

   

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

WEB86_bonpower20150207120628.jpg

一部の読者はご存知のことと思いますが、当ブログには「筋トレ」というカテゴリーがあります。

昔ある読者の方に「アツシさんのブログ!筋トレって(笑)」とか言われたこともありますが、わたし的には大マジでした。

途中で挫折することもありましたがトータルでは、もうかれこれ10年くらい筋トレを実施しています。そして、最近またちょっと習慣が途切れそうになっていますので、ふたたび習慣化を図りたいと思います。

痩せたい人がいるように「太りたい人」もいる

細い身体つきというのは、たくましく男らしい肉体を望む者にとってはコンプレックス以外のなにものでもありませんから、そこから脱却したいと思う気持ちは分かる人にはわかってもらえるはずです。

なかなか身体って大きくならないんですが、正しい努力の方向性をたまにチェックして修正しつつも努力を継続することは言わずもがな、大切なことですよね。筋肉は年輪ですからね。

私もかれこれ10年近くトレーニングを続けていますが、ほとんど体格に変化はありません。扱えるウエイトは60kgから95kgくらいまで増えたのですが、体重は1~2kgくらいしか増えていませんし、風邪などの体調不良で簡単に減ってしまう程度です。

なので今年こそは筋力も体格も成長させたいという想いがあります。

ある程度の期間が経過すれば 筋力の向上は筋繊維の体積に比例 してくるはずなんですけどねぇ。

栄養・運動・休息をしっかりと確保するのがポイント

男らしい身体つきには憧れますし、早急に手に入れたいところです。かといって、そんなに急に手に入るわけではありませんよね。

長い道のりですから最初からハードルを上げ過ぎても続きません。継続できるようにある程度はハードルを下げてでも、運動がきちんと習慣化されることを優先し、習慣化されてから徐々に種目や負荷量を上げていこうと思います。

そして身体をバルクアップさせるときに、わたしを含めたほとんどの人はトレーニングに思いっきりフォーカスして取り組むと思います。

しかし、どちらかというと私のような痩せ型の人は栄養とか休息にもっとスポットライトを当てるべきだと思います。10年間続けてきた結論です。

栄養が不足していると身体は大きくならない

当たり前ですが、たくさん食べれば身体は大きくなります。私も当然知っていました。

よく力士の世界では食べるのも稽古の一環だ!と言われるようですが、私のようなたくさん食べても太らない痩せ型の人間にとっても、それでも一番重要なのは食べることだと思い、たくさん食べていました。

ただ「私は痩せの大食いだ!」と思っていても、他の人と比べると想像以上に食べる量が少ないということがあります。

自分の主観的な量だけでなく、いったい何を何グラム食べているのか、それは他の平均的な量と比べて多いのか少ないのかなど、一度きちんと見直してみるといいでしょう。

自分がたくさん食べていると思い込んでいるだけで、実際はそれほどでもないケースも多くあります。

また、自分の満腹感だけに頼っているとダメです。

普段から食が細い人は胃が小さいので、たいして食べてなくてもお腹がいっぱいになる感覚を感じてしまいます。

いきなり暴飲暴食してしまうと内臓に負担をかけてしまいますので、内臓を壊さない範囲で徐々に食べる量を増やしていくのがいいと思います。

十分な量の良質な休息(睡眠)を確保する

運動をしっかり行い、十分な栄養を摂取したら、十分に眠ることも大切です。

眠っている時間にトレーニングで痛んだ筋肉が修復され、それにより筋肉が肥大するわけですから、睡眠をおろそかにしているとなかなか大きな身体にはなれません。

「寝る子は育つ」ですね。

ただこれも、自分では気をつけている つもり ということも往々にしてありえますから、いま一度自分の眠りについて真剣に考えてみる必要がありそうです。

たとえば私の例で言いますと、夜の22時くらいに布団に入り、朝は6時過ぎに起床しています。睡眠時間は8時間以上は確保していますから十分です。

というふうに、だいたいの人は睡眠時間をまず気にします。でも本当にこれで十分でしょうか。

これでもし、就寝前にタバコをふかしながらビールやコーヒーを飲み、スマートフォンやタブレット端末などの強烈な光を浴びながらリラックスタイムを満喫した後だったとしたらどうですか?

カフェインやアルコールの利尿作用の影響で夜中にトイレに頻繁に起きてしまったり、強烈な光やタバコ・カフェインなどの刺激物により興奮してしまってなかなか寝付けない状態だと、必要な休息が得られない可能性があります。

睡眠は量だけでなくに関しても配慮する必要がありますね。

明確なゴールを設定して取り組むのも必要なこと

いままでの私は、なんとなくムキムキになりたいくらいの曖昧なイメージでトレーニングしていましたが、数ヶ月後(もしくは1年後)にこうなっているという具体的なイメージをもって臨むことが必要です。

どんなことでもそうですね。

まずゴールをできるだけ明確にイメージする。

そしてそこに到達するために必要な努力の方向性を定めて、中間ゴールを設定する。

着実に実行に移し、思った通りの成果が得られていない場合はプランを練り直す。

どれも私に足りなかったものです。

好きなスポーツ選手でもアーティストでもいいと思います。

こんな身体になりたいという具体的な目標を掲げて、再び習慣化に取り組みたいと思います。

 - ボディメイキング, 習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2017年が本格始動!いつもと違う年にするために私が掲げた5つのテーマはこれだ!

年が明けてからまだ間もないのに、気を抜けばあっという間に時間が過ぎてしまいました …

日々の生活で取組んでいる「習慣化」の今を定期報告【2016年7月】

当ブログでは習慣化に取り組み、その進捗状況を定期報告することにしています。 基本 …

毎日ほんの数分で明日が変わる!一日一ヨガのススメ

わたしはヨガをライフワークにしています。 ですがどうしても多忙な時期とか体調不良 …

私がヨガや筋トレを行う根本的な理由とは

当ブログには筋トレやヨガなどの、主に身体を動かすカテゴリーがあります。 もちろん …

日々の習慣を環境に左右されずに継続するにはどうすればいいの?

私が毎日の習慣にしようと取り組んでいることとして、ヨガ、ボディメイキング(筋トレ …

無意識にできるまで習慣化することのメリットとは

新たに何かを習慣化しようとすると、かなりエネルギーを必要とするってみなさんはご存 …

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」を2ヶ月間続けてみた結果

ちょうど1ヶ月前に、 「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるす …

日々の快適な生活のために取組んでいる習慣化の今を定期報告します【2016年6月】

当ブログでは、ものごとを習慣化することのメリットや具体的な取り組みについてご紹介 …

人見知りを克服するために必要なものは?「鈍感力」を身につけて人見知りを克服しよう

私はどちらかというと人見知りが激しい方です。仕事柄、そういった感情を押し殺して初 …

腕立て伏せをいくらやっても効果が出ないという人は必見!実際に体験してみつけた自重トレーニングの3つのコツ

今年に入ってからは、自重トレーニングで健康的な身体を作り上げていこうと取り組んで …