ブログ再考:#06 ブログと共に歩むこの先の10年をデザインする

      2015/11/30

Pocket

SHIO88_aburaenogu20130804.jpg

みなさんはブログをこの先何年くらい続けていくつもりですか? というか、そんなこと考えたことありますか?

5年くらいですか? 10年くらいですか? それとももっと長くブログと付き合っていきたいですか?

ブログはよく マラソンのようなもの と例えられます。長い道のりを地道に歩んでいく様子が似ているということでしょうか。できれば途中でリタイアすることなく走り続けたいですよね。

途中棄権とならないために、走フォームやペース配分を考えることは大切です。そこで自分のブログや、ブロガーである自分自身を折に触れて振り返ることが大切だということを今回はお話ししたいと思います。

ブログは生活の一部である

生活の一部であるがゆえに、今は無理なく運営できていても、この先も同じスタイルで運営できるとは限らないですよね。特に最大の敵は時間だと思うのです。そこをうまく攻略していくための方法や準備は今からやっておくべきでしょうね。

ブログ更新を継続するための時間はこうやって確保する:ブログ再考 #02 | 歳月庵

上記の記事で書いている内容も、急なライフイベントがあるとけっこう変更を余儀なくされます。私は結婚する前からブログを書いていますので、結婚すると生活のリズムがガラリと変わるから、今まで通りのブログ運営はできないだろうということはある程度は予想していました。

その予想に基づいて、かなり入念に準備していたはずだったのですが、やはり更新頻度は落ちて、内容についても瞑想するし、どうすればそんな状況を打破できるのかとググることに時間を使いすぎて記事の更新は滞るばかりで、、、という悪循環が消えることはありませんでした。

時に根本的な改善を迫られる状況もありますが、時間配分がかなりの確率で障壁になるとおもいます。

扱うジャンルは大丈夫?

みなさんはブログに自分の好きなことを書けていますか?

これはいろんなブログでも語られていることですが、イヤイヤながらに続けても長続きしないですよ。自分の得意なジャンルや好きなことについて書かないと、絶対に途中で更新は止まります。断言してもいいでしょう。

私の友人に飛び抜けて頭のいい人がいます。その友人に、勉強をするコツみたいなことを尋ねると、即答で返ってきた返事が「好きになること」でした。

どんなに苦手なことでも、好きになれれば自然と興味がわくし、興味があれば、興味がないときと比べても学習の効率は高まるということ。さらに、好きになって得意になってくれば、勉強が不得意な友人や嫌いな友人に頼られて教える機会が増えるので、それがさらに理解を深めるという好循環が生まれるということでした。

ブログに関しても同じことが言えます。好きなことをこの先もずっと発信できている自分がイメージできるかどうかは大切な指標だと思います。

心の負担にならない工夫

ブログは自由です。

結果を出そうとすれば「毎日更新」とか「1日10記事」とか「1記事に3時間かけて丁寧に書く」とか、ハードルはいくらでも上げられますね。それは大切なことなのですが、ある程度のところで安定軌道に乗せないと体調を崩すでしょう。

ブログは人生を豊かにするものだと信じていますが、そのブログにより体調を崩すというのは本末転倒でしょう。

かといって「空いた時間に運営しよう」という緩い感じだと、なかなか長続きしません。途中で立ち消えなんていう結果にもなるでしょう。やはりある程度ルール化して、ルーティンでもいいので生活に溶かし込むことは大切でしょうね。

ブログ継続の一番の秘訣はブロガーの「柔軟な姿勢」

時間が確保できて、ネタがあって、そのネタに興味があって、それほど求める結果のハードルを上げなければある程度は快適にブログを書けそうです。ただ繰り返しになりますが、この状況がいつまでも同じように続いていくとは限りません。

もちろん継続できることが一番いいですが、家族構成の変化や子供の成長などのライフスタイルの変化によって、ブログの運営スタイルも柔軟に対応させることができなければ、ブログは続けることができなくなる可能性があります。

せっかく足を踏み入れたブログという世界をなるべく長く楽しむために、無理な計画を立てずに、折に触れて見直してみましょう。そうすることで得られた新たな発見は、今後のブログ継続を容易なものとし、また充実したものとしてくれるでしょう。

そして、一度決めた運営方法や、他のブロガーが言う方法論を鵜呑みにしないほうがいいです。私もこのブログで運営論的なことを書いていますが、あくまで一例であり、あなたにピッタリということを保証するものではありません。あくまでガイドラインの一部として参考までにとどめておきましょう。

あなたのブログですから、舵を切るのはあなた自身でなければあなたのブログとは言えませんしね。

>>ブログ再考:#07 参考にしているブログはあくまでも参考程度にみる

 - ブログ運営

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • Clip to Evernote
  •    
  • follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

試行錯誤の末に行き着いた私のブログ記事の執筆スタイルとは

私はここ最近、オンラインサロンに参加していろんな人の記事を客観的に分析する機会が …

ブロガーとしての今年の1年と2014年の展望は?

今年もあと100時間をきりました。 今年はブロガーとして考えるべき問題が山積して …

Google Adsenseをブログに導入した経緯とその方法とは

当ブログでも以前はGoogle Adsenseをブログに貼っていましたが、ブログ …

ブログ再考:#07 参考にしているブログはあくまでも参考程度にみる

おそらく多くのブロガーが、ブログを始めたきっかけとなったブログ というのがあると …

いくつもの自分を確保するのは大変な負担だと気がつく

ブログを続けるモチベーションをお金に求めてしまうと長続きしないという意見が散見さ …

iPhoneから「Feedly」に登録できないようなので、専用ページをつくってみた

feedlyに登録してもらうためにボタンを設置してみたのですが、どうやらスマート …

自分の個性をみつけてアピールする大切さとは

最近、ある人にこんなことを言われました。 「最近の歌(歌手)はすべて同じに聞こえ …

WordPressのフォントを明朝体からゴシック体に変更してみたよ

こんにちは、Atsushi(@atsushi_k0)です。 さて、ブログのカスタ …

当ブログで今年よく読まれている記事トップ10は

今年も残すところ数日となりました。ちょこちょこと今年の締めくくりや振り返りをして …

パソコンを持たずに沖縄旅行に行ってみる

今日から二泊三日で沖縄に旅行に行ってきます。妻のお腹が大きくなってくると旅行にも …